予防接種の副反応の症状は?発熱・下痢・発疹が多い?対処法や体験談も!

子供の予防接種の副反応とは?副作用と違う?といった疑問をはじめ、咳・発熱・下痢・発疹などの症状、予防接種後に副反応が出た際の対処法などを紹介しています。予防接種の副反応に関する体験談も紹介しているので、予防接種の副反応が気になるママはチェックしてみましょう。

目次

  1. 子供の予防接種の副反応とは?副作用とは違う?
  2. 予防接種の副反応の症状は?咳・発熱・下痢・発疹など
  3. 予防接種の副反応が出た際の対処法
  4. 子供の予防接種の副反応に関する体験談
  5. 予防接種の副反応について知っておこう

子供の予防接種の副反応とは?副作用とは違う?

子供が予防接種を受けるのは、重い感染症にかからないようにするためです。そのために子供の体の中に病気のウイルスやそれに似たものを注射し抗体を作らせます。そのとき体の中に入った抗体に免疫が反応してしまうことを副反応と言い、発熱や下痢などを引き起こすことがあるのです。(※1)

予防接種の副反応は子供の体に侵入したウイルスを体から出そうと免疫の機能が正常に働いていることなので、異常なことではありません。副反応はこのように通常起こる反応のことを指し、副作用は通常ではない反応のことを一般的には指します。(※2)

予防接種を受けて副反応よりも重い症状が出てしまい、健康上の問題が生じた時には副作用という扱いがされることがあります(※2)。しかし、予防接種で重い副作用が出ることは少ないため、子供や赤ちゃんに安心して予防接種を受けさせてあげましょう。

(赤ちゃんの風邪やその対処法については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの風邪!鼻水や咳を止める対処法は?病院へ行くべき?

予防接種の副反応の症状は?咳・発熱・下痢・発疹など

予防接種のワクチンの種類によって出やすい副反応の症状があるので、覚えておくと良いでしょう。咳や発熱が出やすい場合や下痢の症状が出るなどいろいろな副反応について把握しておけば、もしもの時に対応できるので安心できますね。

ロタウイルスワクチンの予防接種後に咳や鼻水など、風邪のような症状が副反応として出ることがあります(※1)。ロタウイルスの場合は下痢や嘔吐などの症状も副反応としてあげられますが、副反応自体あまり出ることがないので心配はいらないでしょう。咳や鼻水が長く続くようなら風邪を疑った方が良いかもしれませんので、心配な場合は小児科への受診をおすすめします。

(赤ちゃんがむせて咳き込む原因については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんがむせて咳き込む原因は?吐くことも?睡眠中・授乳中の対処法を解説!

発熱

麻疹やMRワクチンなど毒性を弱めたウイルスを使う生ワクチンの予防接種をした場合に、副反応として熱が出ることがあります(※1)。咳や鼻水などの風邪の症状を伴わない、38度以上の熱を出すのが特徴です。予防接種の副反応の発熱は特に治療をしなくても2~3日で下がります。

(赤ちゃんの体温の測り方はについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの体温の測り方は?平熱は何度?月齢で体温は変化するの?

下痢

ロタウイルスの予防接種は経口生ワクチンで、副反応として下痢の症状が出ることがあります(※3)。ロタウイルスに感染すると下痢や嘔吐、白っぽい便が出るなどつらい症状を引き起こしますが、重症化しないためにも予防接種を受けることが重要です。

赤ちゃんがロタウイルスの予防接種後に下痢をした場合は、下痢にロタウイルスが混入しているため処理をする際は直接触らないように注意しましょう。(※3)

発疹

予防接種の副反応として、発疹が体に現れることがあります。水ぼうそうや四種混合、おたふく風邪の予防接種を受けた後に数日経ってから発熱や発疹が出る場合があるので、注意が必要です(※1)。またMRウイルスワクチンを接種した後も発疹が出やすいですが、1~2日程度で消えるので必要以上に心配する必要はありません。

発疹がなかなか消えない場合や痒がっている場合など、心配な時には小児科に受診することをおすすめします。

無菌性髄膜炎

無菌性髄膜炎とは、おたふく風邪のワクチンを予防接種した際に出る可能性のある副反応です。無菌性髄膜炎にかかると高熱や嘔吐、頭痛などの症状が出ますが、重症化にはならずに症状は落ち着いてきます。しかしこの副反応が出る確率は0.05%と低いので、予防接種の副反応に対して不安に思わずに知識として知っておくと良いでしょう。(※1)

赤くなる・腫れる

予防接種の副反応として、予防接種をした部分が赤くなったり腫れてしまったりする症状もあります。四種混合ワクチンやヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンや水ぼうそうワクチンなど多くの予防注射に見られる副反応です。通常は数日で自然治癒するので心配はいりません。(※1)

しかし大きく腫れてしまった場合は、小児科に受診して異常がないかどうか診てもらうと良いでしょう。

予防接種の副反応が出た際の対処法

予防接種の副反応にはいろいろな症状があることを紹介しましたが、赤ちゃんや子供に副反応が出た時にはどのように対処をすればよいか、焦ってしまうこともあるでしょう。対処法がわかっていれば副反応が出やすい赤ちゃんや子供に対してスムーズに対応できるので、副反応が出た時の対処法をおさえておくと良いですね。

(予防接種後の赤ちゃんの過ごし方については以下の記事も参考にしてみてください)

予防接種後の赤ちゃんの過ごし方。当日のお風呂はOK?発熱・副反応が出た時の対処法も

患部を冷やす

予防接種をした場所が赤く腫れたり痒みが出たりする場合は、患部を冷やすと良いでしょう。インフルエンザワクチンの予防接種では副反応が出やすいので、赤く腫れてしまったり痒みをともなうことがあります。その場合は赤ちゃんや子供は赤く腫れた部分が気になり、かいたり触ったりして症状を悪化させてしまう心配がありますね。

予防接種の副反応が出ている部分は刺激をしないようにし、赤ちゃんや子供が気になっている場合は患部を保冷剤や氷で冷やすと良いでしょう。

水分補給を行う

副反応で熱が出てしまった場合は、水分補給をこまめに行い脱水症状にならないように注意する必要があります。水や白湯以外にも赤ちゃんや子供用のスポーツ飲料や麦茶などで水分補給を行い、水分補給が十分できていれば食事はそれほど摂れていなくても心配いりません。

38度を超えない場合は様子を見る

熱が出ても38度を超えない場合は、自宅で経過観察をしても良いでしょう。予防接種後に37~38度以内の熱が出るのは副反応の可能性が高いです。しかしこの場合の発熱は数日で下がるので水分補給などを意識して行い、赤ちゃんや子供に異常がないか観察しながら自宅で様子を見てくださいね。

38度以上の熱の場合は受診する

38度以上の熱が出た場合は、病院に受診するようにしましょう。予防接種後に38度以上の熱が出た場合も副反応である場合が多いですが、ほかの感染症や病気にかかっている可能性も考えられます。また38度を超えない熱でも、赤ちゃんや子供がぐったりしていたり水分も取れないほど衰弱していたりする場合は、受診をした方が良いでしょう。

子供の予防接種の副反応に関する体験談

ワクチンを注射した後に高熱や発疹などの症状が出ると、予防接種の副反応であっても対応に慌ててしまいますね。先輩ママが、赤ちゃんや子供の予防接種の副反応にどのように対応したのか見ていきましょう。

2児のママ

30代

予防接種の時は下の子供は熱が出やすいので、今回のワクチン接種も油断できない…。熱が出ても2日くらいで下がるし毎回のことなんだけど、いまだに慣れないし子供が高熱出すと心配になっちゃうよね。

副反応にも個人差はあり、出やすい場合もあればそうでない場合もあります。兄弟であっても違いがあり、熱が出た時にはママは対応に追われてしまうかもしれませんね。副反応とはいえ、熱が出ていると赤ちゃんや子供の体力は消耗してしまうので、症状に合ったケアをするようにしましょう。

女の子のママ

20代

インフルエンザの予防接種の後は熱が出やすいって聞いてたけど、予防接種後に子供が40度超えの熱が出ると思わなかったから焦った!ずっとそばについて様子を見ていたけど、なんだか苦しそうで仕方がなかったよ…。

熱が40度を超えるような場合は、病院へ受診するようにしましょう。自宅では水分補給を行い、状態が悪化していないか観察しながら休ませてあげてくださいね。また、予防接種をする際にはどのような副反応が出る可能性があるのか、医師や看護師の説明を良く聞いておくことも大切です。

男の子のママ

30代

息子は、おたふく風邪の予防注射後に副反応と思われる発疹が体中に出たけど、2~3日で治まるというので様子見る。はしかかと思ったけど、発疹の出方が違うから副反応かな。このまま熱が出なければいいんだけど。

おたふく風邪や水ぼうそうのワクチンを注射した後は発疹が出ることがありますが、これは副反応による場合が多いです。しかし、必ずしも発疹が副反応によるものではなく突発性発疹である場合もあるので、不安な場合は小児科に受診した方がよいでしょう。また注射をしてからすぐではなく数日後に副反応が出ることもあります。

ワクチンを注射した後は、しばらく赤ちゃんや子供の体に異変がないか注意しておくと良いでしょう。

予防接種の副反応について知っておこう

赤ちゃんや子供は小さいうちに予防接種を受けることが多く、ワクチンを注射した後は毎回のように副反応が出てしまうこともあります。予防接種の後は激しい運動をしないで患部をできるだけ触らせないようにし、副反応が出ていないか注意して経過観察をしましょう。

関連する記事