赤ちゃんの体温の測り方は?平熱は何度?月齢で体温は変化するの?

【医師監修】赤ちゃんの体温は大人よりも高いとされていますが、平熱はどのくらい高いのでしょう。赤ちゃんの体温を測る方法も気になりますね。「新生児と新生児以降で体温は変化するのか」「平熱はどのくらいなのか」など詳しく説明していきましょう。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 赤ちゃんの体温(平熱)はどのくらい?
  2. 新生児の体温は変わりやすい!
  3. 毎日欠かさず新生児の体温を測ってあげよう
  4. 新生児の時と新生児以降で体温(平熱)は変化するのか?
  5. 赤ちゃんに合った体温計の選び方
  6. 赤ちゃんの正しい体温(平熱)の測り方
  7. 平熱が高い?低い?の基準
  8. 体温が高温の場合に注意すること
  9. 体温が低温の場合に注意すること
  10. 赤ちゃんの平熱を知っておこう!

赤ちゃんの体温(平熱)はどのくらい?

赤ちゃんの体温(平熱)は、大人と比較すると高い傾向にあります。では、平熱はどのくらい高いのでしょうか。実際、赤ちゃんを抱っこした時に、体温の暖かさにびっくりすることもあるかと思います。赤ちゃんが眠くなってくると、さらに体温が上昇するので、熱が出たのではないかと心配になることもあるでしょう。

1歳前後の赤ちゃんの体温は、36度から37.5度が正常な平均値とされています。赤ちゃんの平熱は個人差があり、36度の子もいれば、37.5度前後の子もいるのです。個人差の大きい赤ちゃんの体温を知るためにも、日頃から体温計測しておくことが重要になってくるでしょう。

重要なことは?

赤ちゃんの平熱を知っておくことで、体調が悪い時や熱が出た時などにすぐ気づくことが出来ます。いち早く赤ちゃんの体調に気づけるように、赤ちゃんの起床時など毎日同じ時間に、体温を測る癖をつけておくといいのではないでしょうか。

(基礎体温については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠時に基礎体温が下がる事も!?妊娠後の体温変化は?実体験もご紹介!

新生児の体温は変わりやすい!

新生児期の赤ちゃんの体温は変わりやすいといわれています。体温調節がまだうまくできない為、外からの影響で熱を溜めやすい状態にあるからです。新生児期は体を動かして体温を上げることができないので、「褐色脂肪(かっしょくしぼう)」という胎児期からある脂肪を分解することで熱を補っています。この方法は1歳ぐらいまで続けています。

新生児を抱っこをしていると体温が高いと感じることもあるようです。(※1)赤ちゃんの体温は、体調だけではなく、環境によっても変化を起こしやすくなっています。例えば、「暑い夏の外出」「ベビーカーでの移動」「チャイルドシートでの移動」など、大人が感じている以上に熱や気温の影響を受けやすいので、体温が上昇してしまうこともあります。

急激な変化に注意

出典:https://www.pinterest.jp/pin/588986457487753634/

また、激しく泣いた後なども、体温が上昇することがあるので注意が必要です。その他にも「気温」「室温」「衣服の通気性」「寝具の状態」によっても体温は変化してしまいます。

特に汗をかいた後などには、体温が高くなったり低くなったりと急激に変化することがあります。まずは汗を拭き、それから衣服で体温調節をしてあげましょう。

毎日欠かさず新生児の体温を測ってあげよう

赤ちゃんの体温は、環境や状況によって大きく変化することがわかりましたね。ママが抱きかかえた時「熱い」と感じてしまっても、それが環境や状況のせいなのか、病気が関係しているのか判断しずらいでしょう。そこで、赤ちゃんの平熱を知っておくことが重要になるのです。赤ちゃんの平熱を知ることで、体調不良なども発見しやすくなります。

マキ先生

小児科医

母乳育児をしている場合は授乳時の赤ちゃんの口の中の温度が伝わりやすく、体温の異変に早めに気付くことがあります。

新生児の時と新生児以降で体温(平熱)は変化するのか?

新生児は体温変化が激しく、大人が日々観察してあげることの重要性がわかりましたね。では、そういった体温の急激な変化はいつまで続くものなのでしょうか。

関連する記事