【体験談】幼児自慰の原因は?自然に癖を治す対処法も!成長の証だから焦らずに!

子どもが幼児自慰をするのは、大切な場所なのでばい菌も気になりますし、人前だと恥ずかしかったりもしますね。幼児自慰に関する【体験談】をはじめ、幼児自慰をする原因や、癖を自然に治す対処法を紹介します。幼児自慰を経験した先輩ママからのアドバイスを参考にしてみましょう。

目次

  1. 幼児の自慰行為に関する体験談
  2. 幼児自慰の原因は?
  3. 幼児自慰は悪いことなの?
  4. 幼児自慰の癖を自然に治す対処法
  5. 幼児自慰を経験した先輩ママからのアドバイス
  6. 幼児自慰は成長の証だから焦らないで

幼児の自慰行為に関する体験談

幼児自慰を発見した時にびっくりしてしまう親は多くいます。なんとなくは知っているけど、実際に自分の子どもがやっているところを見てしまうと驚くのは当然です。また接し方や対応など戸惑いを感じてしまうこともよくあります。

専業主婦

30代

最近気づいたんだけど、娘がソファにまたがってなにやら動いている。お股をこすりつけている様子…。噂には聞いていたけど実際に見るとショックだわ…。幼稚園でやってないといいけど。

専業主婦

20代

つわりが酷くてDVDを見せていたら、なにやら床にうつぶせになって足をピーンとしている。最初はなんだかよくわからなかったけど、気になって調べてみた。これは自慰をしているらしい。

看護師

30代

よく床にうつぶせになっているなあ、何をしてるんだろう?と思っていたのです。ある日おむつを替えようとしたときに、おちんちんが真っ赤になっていることで幼児自慰というものだと気づきました。

先輩ママ

30代

赤ちゃんの頃から始まった幼児自慰。触ったりはしないけど床にぺたっと座って手を前についてこすりつけている。顔を真っ赤にして汗だくで。保育園で友達が居ても遊びのようにお構いなしに突然始めちゃうのです。

保育士

20代

「遊びも一通り終わっちゃったな~暇だな~自慰でもするか~」っていう感じで、ごそごそぬいぐるみを取り出して股間に挟んでいます。性器をすりつけている様子…癖になってきているみたい。

明らかに性器をいじっている場合もあれば、一見何をしているのかわからない場合もあります。ただ何かしら性器に刺激を与え、顔を真っ赤にしているようであれば、幼児自慰といえるでしょう。親が気が付いていないだけで赤ちゃんの頃から幼児自慰をしている子どもは割といるのです(※1)。

だいたいは幼児期あたりで気が付くことが多く、親の悩みとして出てくるようになります。また幼稚園や保育園でしていることを先生から指摘され気づく場合もあります。ただ、子どもにとっては遊びの一環です。

幼児自慰の原因は?

幼児自慰は、およそ5人に1人くらいはするもので、それほど珍しいことではありません。赤ちゃんの頃からしている子どもも稀な話ではありません。とはいえ、しない子どももいるとなると、幼児自慰をしてしまう原因について気になりますよね。どういったことが原因になっているのでしょうか?

偶然触れたら気持ちよかった

幼児自慰は、性的快感を求めて行われるものではありません。たまたま何かで性器に触れたら気持ちよかった体験というのが、幼児自慰が始まる原因となっている場合が多くあります。痒いと思って性器をかいたことがきっかけとなる場合もあります。赤ちゃんでもするくらいなので、偶発的な発見である場合が多いのです。

幼児自慰は癖になりやすい行為です。偶然、気持ち良い体験をしたら、少し時間が空いたときにふと思い出して再体験したくなります。それが続くと、少しずつ癖になってきます。気づけば性器をこすりつけていたり触っていたりということが起こるようになるのです。

子どもにとっては、ただ気持ちいいから遊びのひとつとしてやっているだけであって、恥ずかしいことという意識はありません。赤ちゃんであれば尚更のことです。そのため幼稚園や保育園などで人目もはばからず行ってしまうこともあります。

寂しい

爪かみや指しゃぶりのように、幼児自慰も寂しさの表現ではないかと考えられています。幼児自慰をしたからといってすべてが全て寂しさが原因とは限りません。ただ、中には寂しさが原因となって幼児自慰をしている場合もあります。構ってくれる人がいなくて寂しかったりつまらなかったりするから、暇つぶしの一環として幼児自慰をしていることもあるのです。

またストレス発散の手段として幼児自慰をしている場合もあります。気持ちが良いので少し気持ちがスッとするのでしょう。意外と幼稚園や保育園で親と離れている時にだけしている子どももいます。それはやはりパパやママと離れていることで寂しいと感じるからなのかもしれません。

幼児自慰は悪いことなの?

子どもや赤ちゃんの幼児自慰を見てしまった親は、いたたまれない気持ちになったり成長に問題は無いのかなどの不安を感じたりしてしまいがちです。そのため、止めたほうが良いのではないか、どのように止めたらよいのかなど頭を悩ませる親が多くいるでしょう。

けれども幼児自慰は実は悪いことではありません。子どもはただ気持ちいことを発見したからやっているだけで他意はないのです。遊びの一環とも言えます。また幼児自慰をすることで発達に影響はありません。むしろ心理学では幼児自慰によって自我の成長が促されるとも言われています。

自分の子どもが性器をいじっていると、悪いことをしているのではないかと感じてしまいがちです。けれども実際特に悪いことは発達上はひとつもないのが幼児自慰なのです。ただし、性器にばい菌がついて病気になるといった二次的な問題がある場合はあります。(※1)

幼児自慰の癖を自然に治す対処法

特に成長などに問題はないです。とはいえ保育園や幼稚園、お友達の前などでされると穏やかに見守ることが難しくなります。また親として、しょっちゅう目の前で幼児自慰が遊びとして繰り広げられるのは少し気になってしまいますよね。

幼児自慰は、してもしなくても成長には影響はありません。ただ治したいと考えている場合は、自然に治す対処法がいくつかあります。先輩ママの対処法を通して紹介します。

他の遊びに誘導する

先輩ママ

30代

娘の幼児自慰が気になり始めた。ネットで調べて他の遊びに誘導がいいとあったので、出来るだけ外で遊ぶようにした。最近は疲れるのかお昼寝もしっかりして幼児自慰をしている時間がぐっと減った。

子どもは幼児自慰が癖になるので、暇だなと思うとどうしても気持ちがそちらへ向かいがちになります。そういった時に、他の遊びに誘導することで自然と癖づいてしまっている行為を減らすことが可能です。幼児自慰を始めそうだ、もしくは始めたと思ったら「これで遊ぼうよ!」とさりげなく誘ってみましょう。

パパやママと遊べることのほうが子どもにとっては楽しいことです。この先輩ママのように外遊びは、ストレス発散にもなりますし、体力も使うのでおすすめです。

(遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】3歳児の成長を促すおすすめの遊び15選!外・室内・工作など

叱らないで見守る

パート

30代

怒ると隠れてやると聞いていたので、とにかく放置していました。気にはなったけど、幼稚園で派手にやっていないならいいかと思うようにして。現在年長さんですが、だんだん減ってきていると思います。

子どもにとって幼児自慰は遊んでいるのと同じような行為です。けれども、親から激しく怒られることによって、なぜだかわからないけれども悪いことであると理解します。すると実際隠れてこそこそやったり、家ではやらずに保育園や幼稚園でやるようになる場合もあります。また性に関して罪悪感を持つようになる場合もあります。

目立つ動きや所かまわずな幼児自慰を見守るのは難しいですが、ママの許容範囲なのであれば叱らずに見守るのは良い対処方法です。

真剣に穏やかに注意する

教員

40代

うちの子どもは真剣に注意するのが一番効いたように思います。「恥ずかしいことなんだよ、だからやめようね」と根気強く注意していたら、一進一退を繰り返しながら気づいたらやらなくなっていました。

怒るのではなく、根気強く穏やかに、なぜダメなのかを伝える対処方法をとった先輩ママもいます。他にも「ばい菌が入って痛くなるからやめようね」や「みんなの前でやるのはやめておこうね」など子どもにとってわかりやすい言葉で伝えている先輩ママもいます。

親が真剣な態度でやめてほしいということを伝えると、子どもも少しずつ理解します。色々な方法を試していまいち効かないと感じる時は真剣に注意する対処方法も試して見るといいかもしれません。

(叱り方については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児のしつけ!わがままで反抗期?叱り方のコツやNGな言動・行動を紹介

思い切り甘えさせる

先輩ママ

30代

ずっと続いていた幼児自慰が、下の赤ちゃんが生まれたころから、こすりつけるだけではなく性器を直接触るようになった。甘えさせましょうと専門家に言われ、甘えさせるようにしたらピタッと止まった。

幼児自慰をする子どもの中には上手に甘えることができなかったり、甘えられない状況にいる場合もあります。下に赤ちゃんが生まれたなどがきっかけになることは割とあります。

そういった環境の変化があった時から幼児自慰が始まっていたり、激しくなっていたりすると気づくこともあるでしょう。そういった時は、いっぱい抱きしめてあげたり向かい合って話を聞いてあげたりするのは良い対処方法です。

幼児自慰を経験した先輩ママからのアドバイス

幼児自慰は、それほど珍しい行為ではありません。これまでにも幼児自慰を経験している先輩ママは多くいます。先輩ママたちはどのように考え乗り越えてきたのでしょうか?

健全な子どもの姿

助産師

50代

うちの子たち9人も、幼いときに一時期自慰がありました。3人目ぐらいまでは不安を感じたこともありましたが、気がつくと人前ではしなくなっていました。正常な発達、健全な子どもの姿です。

9人も育て上げたベテランのママも幼児自慰をたくさん経験してきています。特に対策はしていなかったそうですが、見守っていたら自然と人前ではしなくなったそうです。健全な子どもの姿なのだと考えることができれば、気になっても見守ることができるかもしれませんね。

見守る目を持ってもらいたい

先輩ママ

30代

どうか行為が始まっても暖かく見守る目も持ってもらいたいと思います。やめさせなければならない明白な理由がないのです。体の成長とともに、心も理性も育ちます。人前では絶対にしないし、幼稚園でもしない。

幼児自慰は絶対にやめさせなければならないものではありません。大人からすると、幼児自慰にふけっている子どもを目にするのがいたたまれなかったり恥ずかしいことだと感じたりします。けれども子どもにとっては、ただ偶然発見した気持ちいいことを暇な時間にやっているだけのことなのです。

この先輩ママは3歳の時に「人前ではやめようね」とだけ教えたそうです。心と理性が育てば、この子どものように人前ではしなくなるものなのです。

(3歳児の発達については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳になったらできること。言葉・運動・生活面など発達段階の目安を紹介

没頭している時はそっとしておく

専業主婦

30代

一旦没頭し始めると、どれほど注意したところで中断出来ません。そんな時、無理にやめさせてはいけません。余計に止められなくなるからです。止めようとすると、火に油を注ぐことになります。

発見してしまうと、すぐにやめさせたくなります。けれども子どもは「ダメ」と言われることほどやりたくなるものです。「ダメ」と言われる行為が魅力的に思えるものなのです。没頭している最中にどれだけ「ダメ」と言っても効果がないどころか逆効果にさえなってしまいます。

母子分離の一歩

ワーキングマザー

30代

子どもはしたい、親はしてほしくないことってこれからも増えると思う。命にかかわるなら全力で止める。マナーのことなら価値観の違いを伝える。親の価値観の押しつけなら静観する。幼児自慰問題は母子分離の一歩目。

これからの長い子育ての道のりの中で、子どもはしたいけど親はしてほしくないことは確かにたくさん出て来ます。親の考えと子どもの考えは違って当然なのです。幼児自慰はその一歩目と考えて、ただ「やめさせなくては!」ではなく、じっくりと対応の仕方を考えるのは良いでしょう。

(母子分離については以下の記事も参考にしてみてください)

子離れできない親の特徴・心理|どんなデメリットが?7つの対処法を紹介

幼児自慰は成長の証だから焦らないで

幼児自慰は成長の証です。子どもはこれから「したいこと」をいつでもどこでもするのではなく、やってはいけない場所を判断し「したいこと」を我慢する力をつけていくところなのです。

幼児自慰を実際に目にしてしまうと、親は戸惑いを感じたり不安になったりするものです。イライラしてしまったり怒って止めようとしてしまいそうになることもあるでしょう。幼稚園や保育園から「やめさせてほしい」と言われてしまう場合もあります。

ですが焦ってやめさせようと強く怒ったりすることで、性的に歪んだ恐怖心を植え付けてしまう場合もあります。時には「人の前はやめようね」や「幼稚園(保育園)ではやめようね」など場所を限定することを教える必要はあります。それ以外は心の成長がもう少し進むことを見守りながら過ごすほうが良いでしょう。

関連する記事