新生児が喜ぶ遊び!遊び方のポイントは?遊び道具のおすすめも!

生まれたばかりの新生児はどんな遊びを一緒にしたら良いのか迷いますよね。この記事では、新生児の体の状態や、喜ぶ遊び方、おすすめの遊び道具などを紹介します。また新生児が絵本や歌、外遊びを始める時期、反射遊びについてもあわせて紹介します。

目次

  1. 新生児の体の状態は?
  2. 新生児が喜ぶ遊び方は?
  3. 新生児におすすめの遊び道具は?
  4. 新生児に絵本や歌は早い?
  5. 赤ちゃんと外遊びはいつからOK?
  6. 新生児と反射遊びでスキンシップを取ろう!
  7. 新生児は遊ぶことで脳や体の発達につながる!

新生児の体の状態は?

生まれたばかりの新生児の赤ちゃんは、本当に小さくて可愛いですよね。新生児の赤ちゃんは、大人とは体の状態がまったく異なります。まだ未発達な部分が非常に多く、思うように動けない状態です。首もすわっていないので、パパやママですらこわごわと触れる場合もあるでしょう。

そんな新生児と接する上で、新生児の体や脳はどのくらい発達しているのか気になりますよね。発達の度合いを知っておくことは、新生児との遊びにも役立ちます。

(新生児から音楽を聴く効果については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児から音楽を聴く効果は?脳・知育への影響は?曲選びのコツも解説!

目はほとんど見えない

生まれたばかりの新生児は、一体何を見ているのかよくわからない、焦点が合っていないような目をしていますよね。これは、新生児の視力が未発達だからです(※1)。すぐ近くのものは見えますが、その範囲は20cm程度でしょう。それよりも離れたものはぼんやりとしかわかりません。

しかし、段々と物を見続けているうちに、その刺激で視力は発達していきます。パパやママが顔をすぐ近くまで寄せることも、赤ちゃんにとっては視力の発達に必要な大切な刺激です。

(赤ちゃん・新生児の首については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児の首は要注意!安全な抱き方やガクンとした時の影響も!

耳は産まれる前から聞こえている

赤ちゃんの耳はママのお腹にいる時点である程度発達しているため、音を聞き取ることができます(※2)。胎教として音楽を聞かせたり、ママやパパががお腹に話しかけることが勧められているのはそのためです。しかし、新生児の時点では大人ほどの聴力は備わっておらず、まだ発達の途中の状態です。

生後3ヶ月程度経つと聴力はほぼ発達し、音をしっかりと聞き取れるようになります。

体の動きは反射が中心

新生児は指を差し出すとぎゅっと握ってくれます。また、耳に向かって話しかけると、ビクッとしたような反応をする場合もあるでしょう。一見するとこれらの動きは、赤ちゃんが自分の意思で動いているようにも見えます。しかし、これらは新生児が赤ちゃんの意思とは無関係にしている「原始反射」と呼ばれる動きです(※3)。

反射による動きは新生児独特の動きですが、成長に伴って自然に消えていきます。反射の動きの中には、その後の発達のために大事な動きもあります。新生児のうちは反射の動きを取り入れた遊びをしてみるのもおすすめです。

新生児が喜ぶ遊び方は?

新生児の時期は、まだ首もすわっていない上に目もほとんど見えていません。音の認識もあいまいです。そのような状態では、遊びなんてできないのではないかと感じる人もいるでしょう。しかし実際にはパパやママの小さな動作が、赤ちゃんにとっては楽しい遊びとなります。そしてそれらの遊びは赤ちゃんの脳の発達に大いに役立つのです。

基本的には、新生児の赤ちゃんの五感を刺激することを遊びに取り入れるようにします。五感の刺激は脳の発達に非常に役立つからです。

目を合わせる

パパやママが赤ちゃんに顔を近づけて目を合わせることは、新生児が喜ぶ遊びのひとつです。20cm程度の距離にまで近づけば、赤ちゃんは目で見ることができるようになります。普段ぼんやりとした視界の中に、突然くっきりと何かが見えることそのものが、新生児にとってはとても新鮮で刺激的に感じるでしょう。

赤ちゃんは、見えるのものの中でも特に人の顔に反応を示すと言われています。顔を近づけて目を合わせているうちにパパやママの顔を認識していくのです。顔以外にも、おもちゃなどの道具を顔の近くまでそっと持っていって見せてあげるのも良いでしょう。

話しかける

赤ちゃんは言葉も理解できないから話しても意味がないと感じるかもしれません。しかし、実際にはパパやママなどが話しかけることは、赤ちゃんの脳の発達に役立つ大事な遊びのひとつです。声の音を聞いているうちに、音を聞き分けることができるようにもなっていきます。

近くに顔を寄せながら話しかけると、聴覚も視覚も一度に刺激を与えることができるでしょう。声の音を聞いているうちに、みんなが楽しんでいる時の声の音や喜んでいる時の声の音などを判断できるようにもなります。

体をマッサージ

赤ちゃんにとって楽しい遊びのひとつにスキンシップがあります。肌を通して触感を刺激されるのは、お腹の中にいた時には感じることのできなかった新しい感覚です。大人でも優しいタッチのスキンシップは気持ち良いと感じますよね。それは赤ちゃんも同じです。スキンシップを通して、ママやパパからの愛情を感じることもできるでしょう。

また、スキンシップは触覚を刺激する行為なので、触覚をつかさどる脳の機能の発達にも役立ちます。

抱っこして室内を探検

抱っこして室内を探検することも、新生児にとっては刺激的で楽しい遊びになります。新生児のうちは外に出かけることが基本的にできないため、ほとんどを室内で過ごすことになりますよね。しかし、お腹の中にいた赤ちゃんにとっては、大人にとっては見慣れた室内ですら楽しい刺激がいっぱいなのです。

抱っこしながら室内を探検することで、パパやママとのスキンシップにもつながります。また、物ははっきり見えなくても光を感知することはできるため、窓辺で太陽の光の明るさを教えてあげるのも良いでしょう。

手足を刺激

新生児の赤ちゃんの手足を優しく動かしたり、刺激してあげるのもおすすめの遊びです。特に手は脳の発達にも大きく関わっているので、刺激することそのものが赤ちゃんの脳を育てることに役立ちます。また、足への刺激も、刺激を通して動かし方などを習得しやすくなるでしょう。ただし無理に動かし過ぎないように注意する必要があります。

新生児におすすめの遊び道具は?

パパやママとのスキンシップや声かけは、新生児の赤ちゃんが喜ぶ遊びになります。一方で、遊び道具を取り入れてみるのも、新生児にとってはまたひと味違う楽しさがあるでしょう。

新生児の遊び道具としては、音が出て聴覚を刺激できるものや、手などの触覚を刺激できる遊び道具がおすすめです。ここでは、新生児におすすめの遊び道具をいくつか紹介します。

(新生児がよく動く理由については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児がよく動く理由は?手足をバタバタさせるのは病気?体験談も

1.レインフォレスト・デラックスジムII

レインフォレスト・デラックスジム II
7,109円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

レインフォレスト・デラックスジムIIは、新生児を音や光などの仕掛けで楽しませてくれるおもちゃです。楽しいメロディーが流れたり、子守唄を流すことができたりと、たくさんの仕掛けでパパやママの子育ての手助けをしてくれるでしょう。

付属の人形は取り外すことができます。さらに、さまざまな触感の布を使用しているので新生児の触覚の発達にも役立つでしょう。

Amazonレビュー

★★★★★

思ってたより大きかったです。でも軽くて持ち運びが楽です!まだよくわからないかな?と思いましたが、ジムの中に寝かせてみると興味深そうにおもちゃを見つめてご機嫌になりました。メロディーが連続再生されて便利です。見た目もカラフルで可愛いです。

対象年齢新生児から
サイズ幅84.0×奥行79.0×高さ51.0cm(組立時)
素材主にポリエステル

2.ボリィラトル はじめてボール

ボリィラトル はじめてボール
2,584円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ボリィラトル はじめてボールは、赤ちゃんが握ったり、かんだり、引っぱったりして遊ぶことができるおもちゃです。赤ちゃんでも握りやすいような形状になっているため、手先の感覚の発達に役立つでしょう。成長に応じて遊び方を変えることができるのが特徴です。

振ることで音が出るようになっているため、聴覚の発達の手助けにもなります。シリコン素材でできているため、口に入れて遊ぶようになっても安心です。

Amazonレビュー

★★★★★

娘のお気に入りで、生後2週間(写真)から遊んでいます。
最初は握る力がないので手を突っ込んで遊んでいました。これは柔らかい素材だからこそできることで、別のボールおもちゃとの違いだと思います。そしていつしか転がして遊ぶようになり、握れるようになり、3ヶ月の今では噛んで遊ぶようになりました(写真)。
柔らかいこと、臭いがないこと、丸洗いできることもポイント高いです☆

カラーレッド・スカイブルー・パープル
サイズ14.8x12.2x7.2cm
素材シリコン

3.トラセリア サミーベア

トラセリア サミーベア
1,760円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

トラセリア サミーベアは、欧州の厳しい安全基準に沿って作られている、子供の安全に配慮されたおもちゃです。ボタンなどの取れやすいパーツがないため、赤ちゃんが間違えて飲み込んでしまう心配を減らすことができます。

肌触りが良いため、赤ちゃんにとってもお気に入りのおもちゃになるでしょう。また、万が一汚れても洗濯でき、乾きやすいのが特徴です。

楽天レビュー

★★★★★

別のクマちゃんも購入したのですが、洗い替え用にこちらのクマちゃんも追加で購入しました。さっそく洗ってみたら、乾くのが早く良かったです。こちらも赤ちゃんが気に入ってくれたようで、手に持ってなにやらお話しています。もし、友人などに出産祝いをする機会があったら、こちらを選びたいと思いました。

カラーホワイト・ピンク・ブルー・ベージュ・イエロー・マルチパステル・レッド・ネイビー・マルチビビッド
サイズ20cm
素材コットンxポリエステル(パイル)

4.タカラトミー ディズニー やわらかガラガラメリーデラックスプラス

タカラトミー ディズニー やわらかガラガラメリーデラックスプラス
6,820円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

タカラトミー ディズニー やわらかガラガラメリーデラックスプラスは、ディズニーキャラクターのラトルがたくさんついた、可愛らしいメリーです。ベビーベッドの上でも床の上でも使用することができます。赤ちゃんの視覚の発達に配慮された動きをするおもちゃなので、新生児の赤ちゃんにはぴったりでしょう。

また、やさしいオルゴールのメロディ音も流れ、赤ちゃんの聴覚を刺激することもできます。

楽天レビュー

★★★★☆

娘の為に購入。最初は手先が思うように使えなかったので、触るだけ、見てるだけだした。でも少しの間見ててくれるだけでも助かりました。泣き止むとか見てると寝てるということはうちの娘はありませんでしが、小鳥の囀りの音もじっと聞いているようですし、私も朝聴きたくなる音で気に入ってます。月齢が進んで力が強くなり、フロアメリーにしてると、気付くと引っ張ってラトルがマジックテープのとこから丸ごとよく取れてますが(^_^;)音量が変えれたり、動きもライトも20分で自然と止まります。しばし集中してくれるので助かります。

対象年齢0ヶ月〜
サイズW530×H580×D500mm
素材ABS・PP・POM・SBS・ポリエステル・ナイロン

新生児に絵本や歌は早い?

ある程度大きくなってくると、絵本が大好きになる子供も多いですよね。しかし、まだ目もよく見えない新生児のうちは、絵本を読んでも面白くないのではないかと思ってしまうかもしれません。また、歌も同様で、聴力も未発達な新生児に聴かせるのをためらってしまう場合もあるでしょう。

たしかに、新生児は絵本を理解することはできません。また、歌もよく理解はできないでしょう。しかし、絵本や歌を通してパパやママの声を聞かせてあげることは、赤ちゃんの聴覚を刺激するので脳には良い影響を与えます。

また、最初はあまり反応のなかった赤ちゃんも、やがて何かしらの反応を見せてくれるようになるでしょう。新生児に対しても、歌を聞かせたり絵本の読み聞かせをしてあげるのはおすすめです。

(新生児から対象の絵本については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児から対象の絵本おすすめ15選!0歳児の寝かしつけ・読み聞かせに最適!

赤ちゃんと外遊びはいつからOK?

新生児は本当に小さくて、ちょっとしたことで赤ちゃんの身に何かが起きてしまうのではないかと心配になりますよね。あまりに小さくてふにゃふにゃなので、いつから外出して良いのか迷ってしまう場合もあるでしょう。実際、生まれたばかりの新生児は、あまり外出をさせない方が良いと言われています。

目安としては生後1ヶ月までは外出を控えるのがおすすめです。なぜなら新生児はまだ免疫力も低いため、ちょっとした雑菌やウイルスが大きなトラブルにつながる可能性もあるからです。また、体温調整も大人のようにうまく行うことができません。

また、ママ自身も産後1ヶ月程度はゆっくりと過ごした方が良いと言われています。この時期はママにとっても外出を控えるべき期間なのです。この時期をゆったりと無理せず過ごすことで、産後の回復が早くなります。

(新生児とのお出かけについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児はお出かけしてもいいの?いつからならしてもいい?

新生児と反射遊びでスキンシップを取ろう!

新生児とスキンシップをとる上では、新生児独特の動きである「原始反射」を利用した遊びを取り入れてみるのもおすすめです。だんだんと反射による動きはなくなっていってしまうので、この時期にしかできない貴重な体験にもなるでしょう。

指を握らせる

新生児の時期には、細長いものをぎゅっと握る「把握反射」という反射の動きをします(※4)。そのため、赤ちゃんの手のひらの部分にパパやママが指を差し出て軽く触れると、赤ちゃんは自然と握ってくれるでしょう。この反射を通して、赤ちゃんは腕や手の筋力をつけたり、手や指の感覚を学んでいきます。

見つめ合い

新生児の赤ちゃんには、見えるものをじっと見つめて目で追う「凝視反射」という反射が残っています。この凝視反射は、繰り返すことで目の機能を発達させる大事な反射です。

そのため、スキンシップも兼ねて、見つめ合いを取り入れるのもおすすめです。やがてパパやママの顔を認識し、顔が近づくと笑顔になってくれるでしょう。見つめ合いは赤ちゃんとパパやママとの信頼関係構築にもつながります。

口元に触れる

新生児の赤ちゃんには、吸啜反射という反射があります(※4)。赤ちゃんの口の端の方を小指などで触れると、ちゅうちゅうと吸うような動きを見せてくれるでしょう。これは、おっぱいがあると勘違いするためです。この時赤ちゃんはとても可愛らしい動きや表情をするため、この反射に夢中になってしまうパパやママも多くいます。

ただし、吸啜反射を利用してスキンシップを取る場合には、パパやママが手を清潔にしておくことが大事です。

うつぶせで反射遊び

時には頭蓋骨の変形防止などの目的で、赤ちゃんをうつぶせにすることもあるでしょう。そのような時におすすめなのが、ギャラン反射という原始反射を利用した遊びです(※4)。うつ伏せの状態で背骨の右側あるいは左側を肩から腰方向に向かってさすると、さすった方向に体を曲げる独特の動きをします。

ギャラン反射も可愛らしい動きなので、つい何度も繰り返してしまうママも多いようです。

足の裏を平面につける

赤ちゃんは、足の裏が何かしらの平面に接すると、まるで歩いているかのような動きをします。実はこの動きも、歩行反射と呼ばれる原始反射のひとつです。この動きを通して足の筋力もついていくので、足の裏を遊びの中で刺激してあげるのも良いでしょう。

新生児は遊ぶことで脳や体の発達につながる!

新生児は寝ている時間も多く、目もぼんやりとしているように見えるので、遊びなんて必要ないのではないかと思う場合もあるかもしれません。しかし、新生児の時期であっても、赤ちゃんはどんどん色々な刺激を受けて成長しています。遊びは脳や体の成長にとって非常に大事な役割を担っているのです。

パパやママがスキンシップをとってあげることや、理解していなくても声をかけてあげることは、赤ちゃんの成長を促進します。時にはおもちゃなども活用して、新生児とも積極的に遊んであげるのがおすすめです。

関連する記事

遊びのアクセスランキング

人気のある記事ランキング