【2022年】幼稚園の卒園式はいつ?日程や服装・マナーを紹介

幼稚園の卒園式は我が子の成長を感じる感慨深い式典です。様々な事を思い出して涙するママも多いでしょう。2022年の幼稚園の卒園式の日程はいつでしょうか。日程がわかったら当日あわてることのないように服装やマナーをチェックし、子供の晴れ舞台を心からお祝いしましょう。

目次

  1. 幼稚園の卒園式の日程がわかったら準備をしよう
  2. 幼稚園の卒園式の日程はいつ?
  3. 幼稚園の卒園式にふさわしい母親の服装は?
  4. 幼稚園の卒園式にふさわしい子供の服装は?
  5. 幼稚園の卒園式でのマナーのポイント
  6. 幼稚園でお世話になった方への挨拶を忘れずに!
  7. 幼稚園の卒園式に持参すると良いもの
  8. 幼稚園の卒園式は一生に一度の思い出の日

幼稚園の卒園式はどんな服装がふさわしい?

卒園式や卒業式は、お世話になった担任の先生やお友達とのお別れの式典なので、母親の服装はおとなしい色合いのセミフォーマルで出席することがマナーです。スーツもしくはジャケットとスカート、ワンピース、着物でも良いでしょう。色は黒か紺、グレーなどのシックな色合いで、寒くてもタイツは避けストッキングは黒よりもベージュをおすすめします。

着物の場合は、訪問着・色無地・付け下げが良いとされ、色合いは明るい色でもマナー違反ではありません。ただあくまでも卒園式の主役は子供たちですから、できるだけ目立たないような服装で上品かつシンプルを心がけましょう。

幼稚園の卒園式の服装は何に気をつける?

卒園式の母親の服装でマナー違反となる注意すべき点もチェックしましょう。スカートの丈がひざよりも短かったりロングスカートは避け、また気温が高い日でも夏用のスーツやジャケットは卒園式の式典にふさわしくありません。

式典では母親も立ったり座ったりすることが多いので、しわになりにくい素材を選ぶと見えないお尻の部分を気にしなくても良いでしょう。シックな服装でも礼服は悲しみをイメージするので、卒園式には避けるべき服装です。

卒園式の服装の小物の選び方

卒園式に持つ母親のバックは子供が持てない荷物を入れる場合もあるので、フォーマルなバックにこだわる必要はありません。形は派手なものでなければ大きめのバックでかまいませんが、色合いは服に合わせた黒や紺等のシックな色で、素材は革か布・合皮素材にしましょう。派手な柄や光る素材はやめましょう。

また靴はブーツやピンヒール、つま先・かかとがあいている靴は控えましょう。ヒールの高さが4~5cmのパンプスがおすすめです。式典ではスリッパに履きかえる幼稚園も多いので、ひもで結ぶタイプや重い靴は避けるべきです。卒園式にふさわしい服装を選んでも、バックや靴がふさわしくないと台無しになってしまうので注意しましょう。

(卒園式のコサージュ・ブローチについては以下の記事も参考にしてみてください)

卒園式のコサージュ・ブローチおすすめ15選!上手な選び方と付け方は?

幼稚園の卒園式にふさわしい子供の服装は?

幼稚園に制服があれば子供たちは卒園式に制服で参加しますが、制服がない幼稚園の子供たちはどんな服装で出席すると良いのでしょう。子供の場合は卒園式に着た服装で4月の入学式にも着ていく事を考えて決めても良いですね。普段と違った素敵な服装で幼稚園に行くと、子供の気持ちもシャキッとするかもしれません。卒園式の日にちに合わせ早めに準備しましょう。

卒園する主役の男の子の服装

男の子の卒園式の服装は、紺、黒、グレーなどの落ち着いた色合いのブレザーやスーツが良いでしょう。ジャケットを嫌がる男の子には、ベストやカーディガンもおすすめ。パンツは無地やチェック柄のハーフ丈にし、靴はローファーのようなフォーマル靴だとかっこよくきまります。

ネクタイ・蝶ネクタイ・ポケットチーフでワンポイントのおしゃれをすると、見違えるような素敵な男の子になるでしょう。少し明るめの色や柄物を選ぶときりっと引きしまります。

卒園する主役の女の子の服装

女の子の卒園式の服装は、セレモニースーツかフォーマルワンピースが人気です。セレモニースーツはブレザーとスカートの制服のようなイメージ、フォーマルワンピースは丸襟が品が良く女の子らしいイメージでしょう。また、ワンピースの上にボレロやスーツを着るのもおしゃれですね。

卒園式ですから色合いは紺、黒、グレーなどのシックなものがおすすめです。また女の子は髪形でおしゃれをしても良いでしょう。編み込みやおだんごなど、いつもとは違うアレンジを楽しんでみたら子供も大喜び。テンションが上がるでしょう。

幼稚園の卒園式でのマナーのポイント

関連する記事