【2022年】幼稚園の卒園式はいつ?日程や服装・マナーを紹介

幼稚園の卒園式は我が子の成長を感じる感慨深い式典です。様々な事を思い出して涙するママも多いでしょう。2022年の幼稚園の卒園式の日程はいつでしょうか。日程がわかったら当日あわてることのないように服装やマナーをチェックし、子供の晴れ舞台を心からお祝いしましょう。

目次

  1. 幼稚園の卒園式の日程がわかったら準備をしよう
  2. 幼稚園の卒園式の日程はいつ?
  3. 幼稚園の卒園式にふさわしい母親の服装は?
  4. 幼稚園の卒園式にふさわしい子供の服装は?
  5. 幼稚園の卒園式でのマナーのポイント
  6. 幼稚園でお世話になった方への挨拶を忘れずに!
  7. 幼稚園の卒園式に持参すると良いもの
  8. 幼稚園の卒園式は一生に一度の思い出の日

卒園式の式典はどんな幼稚園でも同じような流れですが、式典が終わってからはそれぞれの幼稚園で様々な行事があるようです。園児の教室でお茶会があったり、別の会場で謝恩会を催す幼稚園もあります。式典では声をかけられなかった担任の先生方に挨拶をする良い機会です。お世話になった方々への挨拶を、子どもからも母親からもしっかりするようにしましょう。

担任の先生方へのご挨拶

担任の先生と子どものつながりは、学校よりも幼稚園や保育園が比べものにならないほど強くあります。一人でトイレができなかった子どもや、ママから離れることで泣いてばかりいた子ども、お友達とうまく遊べずにけんかが多かった子どもなど、担任の先生は体をはって子どもたちと向き合ってくれました。

現在の担任の先生だけでなく、年少や年中の頃の担任の先生にも挨拶を忘れずに。また事務の方、給食を作ってくれる方、おそうじをしてくれた方など、幼稚園は担任の先生以外でも子どもたちへのかかわりは強くあります。卒園式ではすべての方に挨拶をしてお礼の気持ちを伝えましょう。

(幼稚園の給食については以下の記事も参考にしてみてください)

保育園・幼稚園の給食はどんなの?献立例は?アレルギーの対応は?

役員のママへのお礼の気持ち

幼稚園は運動会・バザー・餅つきなど様々な行事があります。母親がお手伝いをする場面もたくさんありましたね。そのお手伝いをかって出てくれた役員のママたちへの挨拶も必要です。

おそらく卒園式のあとのお茶会や謝恩会も、役員のママたちの手で作られているものになるでしょう。担任の先生方への挨拶だけでなく、自分の時間や労力をたくさん使って会を催してくれた役員のママたちへ、お礼の言葉を素直に伝える挨拶を忘れないようにしましょう。

(幼稚園の役員については以下の記事も参考にしてみてください)

幼稚園の役員は何するの?選び方は?よくあるトラブル5選と対処法!

幼稚園の卒園式に持参すると良いもの

卒園式の日にちがわかったら服装や小物を何にしようか考えますが、当日持っていくものは前日あるいは当日になって準備するというママは多いようです。いざ持ち物をチェックしてみてあわてて買いに行ったり、卒園式で忘れ物に気づくようなことのないように早めに持ち物を揃え、実際に持っていくバッグに入れてみるようにしましょう。

卒園式に持参する必要なもの

卒園式に出席する際に必要な持ち物はなんでしょうか。以下にて持っていくべきものをご紹介します。

●携帯用スリッパ(人数分)
●靴を入れるビニール袋
●折りたたみのサブバック(アルバム等入れるため)
●ハンカチ・ティッシュ
●カメラ(充電してあるか確認)

その他、幼稚園から前もってお知らせがあったものは必ず用意しましょう。天候により持ち物も変わるので、日にちがわかったら当日の天気予報をチェックして必要なものを揃えましょう。

卒園式であると便利なもの

卒園式に出席する際にあると便利なものもあります。必ずしも必要なものではありませんが、これがあるとより便利・安心というものをご紹介します。

●ストッキングの替え
●カイロ
●子どもの着替え
●ビニール袋(頂いたお菓子や濡れたもの等を入れる)
●担任の先生方へ挨拶の言葉を前もって準備

卒園式当日の式典のあとの催しによって、あると便利なものも変わります。色んなことを想定して準備しておくと、気持ちにも余裕ができますね。担任の先生など、お世話になった方々へのご挨拶の言葉も考えておくとスムーズにお別れができるでしょう。

幼稚園の卒園式は一生に一度の思い出の日

幼稚園の卒園式では、同じ会場で行った入園式のことを思い出しますね。初めてママから離れ不安なおももちで座っていた我が子が、日にちを重ね今では立派に並んでいる成長した姿は感無量でしょう。卒園式で心から子どもたちをお祝いできるように、準備を万全に整え思い出に残る卒園式の日を迎えるようにしましょう。

関連する記事