【2022年】幼稚園の卒園式はいつ?日程や服装・マナーを紹介

幼稚園の卒園式は我が子の成長を感じる感慨深い式典です。様々な事を思い出して涙するママも多いでしょう。2022年の幼稚園の卒園式の日程はいつでしょうか。日程がわかったら当日あわてることのないように服装やマナーをチェックし、子供の晴れ舞台を心からお祝いしましょう。

目次

  1. 幼稚園の卒園式の日程がわかったら準備をしよう
  2. 幼稚園の卒園式の日程はいつ?
  3. 幼稚園の卒園式にふさわしい母親の服装は?
  4. 幼稚園の卒園式にふさわしい子供の服装は?
  5. 幼稚園の卒園式でのマナーのポイント
  6. 幼稚園でお世話になった方への挨拶を忘れずに!
  7. 幼稚園の卒園式に持参すると良いもの
  8. 幼稚園の卒園式は一生に一度の思い出の日

幼稚園の卒園式に出席する服装にマナーがあるのと同じで、厳かな式典に参加する際のマナーを知ることも大切です。式典でやってはいけないことや担任の先生への挨拶など、卒園式当日に恥ずかしい思いをしないように、事前にチェックして子供の旅立ちの日を心からお祝いできるようにしましょう。

幼稚園からの注意点のプリント等を必ずチェック

卒園式の日にちが近くなったら、幼稚園から卒園式の案内や注意事項のお知らせがあるでしょう。そこには当日の式典中の注意や、前日までにしておくこと等が書かれています。卒園式に参加する人数をいつまでに申告しなくてはいけなかったり、当日までに用意しなくてはいけないものなど早めにチェックし、わからないことは幼稚園に確認するようにしましょう。

卒園式のお知らせを子どもを通して受け取る場合は、子どもが渡し忘れることも多くあるので、日にちが近くなったらママ友に確認しても良いですね。

(幼稚園のママ友については以下の記事も参考にしてみてください)

幼稚園でママ友は必要?メリット・デメリットは?孤独だと子供に影響?

卒園式の開始時間等を必ずチェック

たいていの幼稚園は卒園式の式典は午前中にあります。式典開始時間ギリギリに席に着くのは、まわりから印象が良いものではありません。いつまでに着席するようにという時間を厳守し、早すぎず遅すぎずを心掛けましょう。

また、幼稚園が決めた着席時間よりも早い時間に席に荷物を置きに行くことを禁じている幼稚園もあります。我が子の晴れ姿を良い席で見たいという気持ちはわかりますが、マナーを守り気持ちよく子供たちの卒園を祝うようにしましょう。

式典中に気をつけるマナー

幼稚園の卒園式は子供たちの成長を喜び、旅立ちを祝う大切な式典です。たとえまわりの出席者が仲の良い母親同士であっても、おごそかな式典であることを忘れずに以下のマナーを守るようにしましょう。

●式典中はコートや帽子は脱ぐ
●私語をつつしむ
●携帯の電源を切る
●大声で子どもに声をかけない
●自分の子どもだけでなくみんなをお祝いする
●撮影はまわりに迷惑をかけない(下記参照)
●下の子を連れていくときの配慮(下記参照)

子どもたちもこの日のために練習をたくさんして、初めての卒園式をむかえています。式典中のマナー違反は、母親だけでなく子どもも恥ずかしい思いをしてしまうので、まわりに迷惑をかける自分勝手な行動はひかえるようにしましょう。

下の子を連れていくとき

卒園式のおごそかな式典の最中は、幼い子の泣き声や話し声が響き渡ります。カメラを回している父兄の邪魔にもなってしまうので、できる限り下の子は式典の間だけでも預かってもらえると良いですね。預けることができない場合は、出口付近の席に座り、もし下の子がぐずってしまったら席を外すようにしましょう。

幼稚園によっては別室で卒園式のライブ映像を放映している場合があります。遠い席で下の子に気をつかいながら出席するよりも、映像で見るほうがピンポイントを大きく写してくれるので見やすかったというママの声もあるようです。

撮影の注意点

一生に一度の子どもの幼稚園の卒園式。成長した子どもの姿を写真や動画のベストショットを撮りたいと考えるのはみんな同じですね。父親が動画を母親が写真を撮影する両親も多いようです。

ベストショットを撮影するために立ち上がったり、子どもに声をかけたり、近づいたりとまわりに迷惑をかける行為はやめましょう。近くに座っている人の撮影する機器が邪魔で子どもの顔が見えなかったという声も聞きます。また、三脚を立てる場所も周囲の迷惑にならないように心掛けましょう。

幼稚園でお世話になった方への挨拶を忘れずに!

関連する記事