赤ちゃんが寄り目になる・白目をむく原因は?斜視の種類では注意が必要!

新生児や赤ちゃんをお世話にしていると、寄り目になっていたり、白目をむいていてビックリすることがあります。ここでは、新生児や赤ちゃんの寄り目や白目の原因や、病気や障害の可能性、いつまで様子を見るべきかについてご紹介します。

目次

  1. 赤ちゃんが寄り目や白目になる…すぐ病院へ行った方がいいの?
  2. 赤ちゃんが寄り目になる原因は?
  3. 注意が必要な場合もある?赤ちゃんの寄り目で受診した方がいい場合
  4. どんな種類の斜視がある?
  5. 赤ちゃんが白目をむく…心配な場合と対策
  6. 赤ちゃんが頻繁に白目になる…原因は?
  7. 反り返りながら硬直し、白目になるなど、危険な場合もあります
  8. 新生児の白目の様子がおかしいと感じる場合と症状
  9. 赤ちゃんの寄り目や白目は、まずは様子を見ましょう

赤ちゃんが寄り目や白目になる…すぐ病院へ行った方がいいの?

日々新しい顔を見せてくれる赤ちゃん。お世話をする中で気が付くと赤ちゃんが寄り目や白目になっていて、ビックリしてしまうお母さんも多いのではないでしょうか。赤ちゃんが寄り目や白目になってしまうのは何かの病気なのでしょうか。すぐに病院へ行くべきか、いつまで様子を見るべきかなど、原因と対処方法をご紹介します。

赤ちゃんが寄り目になる原因は?

赤ちゃんのお世話をしていて、気が付くと赤ちゃんが寄り目になっていることがありますよね。「すぐに病院へ行った方がいいのかな?」と心配になってしまうこともあるのではないでしょうか。

硬直や反り返り、けいれんなど赤ちゃんの体調が見るからにおかしいということがない限り、ほとんどの場合は心配いりません。赤ちゃんが寄り目になってしまうのは次のような成長の過程で起こることがほとんどなので、慌てずに赤ちゃんの様子をしっかりと観察するようにしましょう。

新生児は、目の筋肉が未発達のために一時的におこるもの

新生児は目の筋肉が未発達の状態です。そのため眼球を上手に動かすという動作もまだできません。寄り目の状態になるのは筋力の未発達が原因であることがほとんどです。

また赤ちゃんは鼻の峰が低いため、肉付きの良い赤ちゃんだと鼻の周りの肉が盛り上がって見え寄り目をしているように見えてしまいます。ほとんどの場合が病気ではなく、新生児期から生後6ヵ月ごろまでには自然とおさまるでしょう。

新生児の寄り目は、一生懸命見ようとしている証拠

新生児は視力がとても弱いです。生後1ヵ月未満の赤ちゃんは、周りがうっすらと見える程度。また両目でピントを合わせることもまだできません。うっすら明るい物が動いていると、赤ちゃんは一生懸命上体を反り返しながら見ようとすることがあります。反り返りの勢いで目が寄ってしまうことがあるのです。

これも物がしっかりと見えてくる生後3ヵ月ぐらいに自然とおさまってきます。病気の心配はありません。赤ちゃんが一生懸命に成長している証拠なので見守ってあげましょう。

(新生児の視力については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児とは?いつまでを新生児と呼ぶの?乳児とどう違うの?
赤ちゃんの目はいつから見えるの?視力はどれくらいあるの?

寄り目になっているときは、どうすればいい?

赤ちゃんが寄り目になっているときママはどうすればいいのでしょうか。基本的には何もしなくて大丈夫。瞬きをしたり目を動かしたりしているうちに治るので心配いりません。「一生懸命見ようとしてるんだね」「見えたかな?」など、赤ちゃんに声掛けをしてあげてコミュニケーションをとりましょう。しかしすべての場合が安心というわけではありません。

赤ちゃんが硬直しながら寄り目になる場合は、けいれんを起こしている可能性が高いです。救急車を呼び、病院で受診するようにしてください。また次のような症状がある場合も早めに受診するようにしましょう。

注意が必要な場合もある?赤ちゃんの寄り目で受診した方がいい場合

赤ちゃんの寄り目で注意や受診が必要なのは、どのような場合でしょうか。以下で詳しくご紹介していきます。

赤ちゃんの両目の視力に差があるため、寄り目になる場合

関連する記事