赤ちゃんの目はいつから見えるの?視力はどれくらいあるの?

【医師監修】生まれたばかりの赤ちゃんは、目で見えるものが限られています。赤ちゃんの視力は月齢を重ねるごとに発達していきます。ママにとっては、いつから目が見えるようになるのか気になりますよね。それでは、赤ちゃんの成長と視力の関係についてご紹介します。

専門家監修 | 小児科医 新井昇子
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、...
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、そしてモンテッソーリ教育の考え方を統合した普遍的な子育て論を構築し、子育てやご自身の人生について悩んでいる保護者様とその子供たち、両者にとっての幸せの形を一緒に探るお手伝いができればと思います。

現役小児科医のリアル子育ち・自分育て

目次

  1. 赤ちゃんの目はいつから見えるの?
  2. 「視力がある」と「目が見える」の違い
  3. 赤ちゃんは生まれてすぐ目が見える?
  4. 赤ちゃんの視力はどれくらい?
  5. 赤ちゃんの視力は成長しながら発達
  6. 赤ちゃんはママの顔が見える?
  7. 赤ちゃんの視力検査はある?
  8. 赤ちゃんの目で注意することは?
  9. 目で見えるものが脳への刺激になる

赤ちゃんの目はいつから見えるの?

赤ちゃんの視力はどのくらいで、いつから見え始めているのでしょうか。実は、1歳ごろの赤ちゃんでも視力は0.1〜0.5ぐらいで、ボンヤリとした視界で見える程度です。3歳になると、半分以上の子どもが1.0は見えるようになり、6歳では大人と同じくらいの視力をもつようになります。(※1)

(新生児・赤ちゃんの発達については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児・赤ちゃんの体重や身長、育児の注意するポイントは?

「視力がある」と「目が見える」の違い

視力とは「目で物を認識できる能力」のことです。一般的な視力検査では「静止視力」を測定しています。視線を外さずに、動いているものを継続して見るのが「動体視力」です。

物を見る」とは、物に当たって反射している光を見るということです。その光が目に達すると、水晶体を通ってピントが合わされます。そのあと脳の働きによって、物を認識するのです。新生児は視力が弱く、脳も成長途中なので「目で物を認識する」ことができません。目の器官も未発達で、ピント調節もできないのです。

(赤ちゃんの目の状態については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の目は小さい?大きさは変化する?腫れぼったい時どうする?

赤ちゃんは生まれてすぐ目が見える?

生まれてから28日未満の新生児は、ほとんど目が見えていません。物の形や色もほとんど認識できない状態です。お腹の中から外に出てきたばかりの赤ちゃんにとって、外の世界は刺激であふれています。赤ちゃんの目を、少しずつ光に慣らしていきましょう。

視力はほとんどないけど敏感?

視力がほとんどない赤ちゃんでも光と音には反応します。赤ちゃんの目の上あたりで手をかざして視界から光を遮ったあと、手をどけると「しかめっつら」をしたりしますね。赤ちゃんが光を感じている証拠です。赤ちゃんの聴力は、ママのお腹にいる時からすでに発達しています。

(赤ちゃんの原始反射ついては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの原始反射とは?反射の種類・消失時期一覧!

赤ちゃんの視力で色は識別できる?

生まれて間もない赤ちゃんでも識別できる色があります。「白」「黒」「灰色」です。つまり、モノトーンで見えている状態ですね。成長していくと、原色の色からだんだん識別できるようになります。

新井昇子

小児科医

モノトーンの時期は、生後3ヶ月ごろまで続きます。 この時期には、白黒のおもちゃや、モビールなど近くに置いてあげたりあやす時に使うといいですね。

赤ちゃんの視力はどれくらい?

関連する記事