赤ちゃんが奇声をあげる…原因は?月齢別の大声で叫ぶ意味、対処法を紹介

赤ちゃんと一緒に過ごしていると、赤ちゃんの奇声に驚くことがあります。赤ちゃんが大声で叫ぶ月齢別の意味・理由や、奇声をあげる原因・対処法を紹介しています。発達障害の可能性についてや、体験談も紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

目次

  1. 赤ちゃんが奇声をあげるのはなぜ?発達障害なの?
  2. 赤ちゃんが大声で叫ぶ月齢別の意味・理由は?
  3. 赤ちゃんが奇声をあげる原因・対処法を紹介
  4. 赤ちゃんが大声で叫ぶ・奇声に関する体験談!
  5. 赤ちゃん奇声は上手に対処しよう!

赤ちゃんが奇声をあげるのはなぜ?発達障害なの?

可愛い声で「うー」「あー」と言っていた赤ちゃんが急に「ギャー」や「ギャオー」という奇声をあげたら、驚くのではないでしょうか。初めて奇声を聞いた時には、赤ちゃんに発達障害があるのでは、と心配するママも少なくありません。しかし、実際は発達障害と奇声をあげることは関係がありませんので、安心してくださいね。

赤ちゃんが奇声をあげることはよくあることで、奇声をあげることで赤ちゃんは意思表示をしているのです。

赤ちゃんが大声で叫ぶ月齢別の意味・理由は?

赤ちゃんが大声で叫ぶのには何か意味があるのでしょうか。ここからは月齢別に、赤ちゃんが大声で叫ぶ意味や理由を紹介します。

生後3~4ヶ月

生後3~4ヶ月の月齢の赤ちゃんは夕方になると奇声をあげたり大声で叫んだり、急に激しく泣くことがあります。これは黄昏泣きといわれており、1日の終わりで疲れが出ていることが原因で奇声をあげることがあると考えられています。

また、生後3~4ヶ月の赤ちゃんは消化器系が未熟です。そのため、お腹にガスがたまった不快感や胃酸の逆流で気持ち悪さを感じることが理由とも考えられています。

(生後4か月の赤ちゃんの特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

【生後4ヶ月】赤ちゃんの特徴や注意点!奇声を上げ始める?体験談も

生後5~7ヶ月

この頃の月齢の赤ちゃんの奇声は、以前よりも激しくなっているかもしれませんね。生後5~7ヶ月の赤ちゃんは聴力の発達により、自分の声を聴き分けられるようになっています。そのため、いろいろな奇声をあげて楽しんでいるのです。大声で叫ぶような声や激しい奇声にママは驚くかもしれませんが、赤ちゃんは言葉を発する練習をしているので安心してくださいね。

(生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴については以下の記事も参考にしてみてください)

【生後7ヶ月】赤ちゃんの特徴や発育目安は?育児のポイント・注意点も!

生後8〜10ヶ月

生後8~10ヶ月の月齢の赤ちゃんは自我が芽生え、やりたいことや欲しいものが出てきます。しかし、それが上手にできなかったり思い通りにいかない時に、奇声をあげて意思表示をする子がいます。このような理由で奇声をあげることも成長している証拠ですので、障害や病気を心配する必要はないでしょう。

1歳以上

1歳頃の赤ちゃんは自分の希望や期待を伝えたい、親の注目を集めたいために大声で叫ぶことがあります。この頃の月齢の赤ちゃんはまだ言葉で自分の思いを伝えることができません。そのため、大声で叫んだり奇声をあげることで自分の思いを伝えようとしているのです。

赤ちゃんが奇声をあげる原因・対処法を紹介

赤ちゃんが奇声をあげる原因はいくつかあります。ここからは赤ちゃんが奇声をあげる原因とその対処法を紹介しましょう。

楽しい

赤ちゃんは楽しい時にも奇声をあげて楽しさを表現します。大声を出したり奇声をあげながらも、顔はにこにこしていたり手足を動かしている時は「赤ちゃん楽しいんだな」と思っていいでしょう。

赤ちゃんが楽しんでいるとはいえ、外出先などほかの人がいる中で赤ちゃんが大声を出していたら、ママも気を使いますね。そのような時には「静かにしようね」と口に人差し指をつけて「シー」っといってみたり、赤ちゃんをあやしてあげるのもいいでしょう。楽しくて興奮している赤ちゃんを落ち着かせるように、ママも落ち着いた声で話しかけてみてくださいね。

また、室内で楽しくて奇声をあげている場合は「声出すの上手だね!」と褒めたり「大きい声出てるね!」などと声をかけてあげましょう。同時に体をゆすってあげたりすると、赤ちゃんも喜びますしコミュニケーションも図れます。

(赤ちゃんが喜ぶ手作りおもちゃについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが喜ぶ手作りおもちゃ*秀逸なアイデア&作り方集【動画あり】

疲れ・眠い

疲れてしまったり眠かったりする時にも、赤ちゃんは奇声をあげて意思表示をします。疲れていたり眠くなっているのにママに思いが伝わらず、寝かせてもらえないことに欲求不満を感じていることが原因です。

この場合の対処法は、抱っこをしたりなどで赤ちゃんの体を触ってリラックスさせてあげることです。そうすると、赤ちゃんは安心して眠れるでしょう。部屋を暗くして赤ちゃんが休める環境を整えることも大切ですね。

また、早寝早起きの習慣やお昼寝をさせてあげることで赤ちゃんの疲れ具合も変わります。赤ちゃんが十分な睡眠をとれるよう、1日のタイムスケジュールを見直してみましょう。

(赤ちゃんの月齢別の平均睡眠時間については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんはどれくらい寝る?月齢別の平均睡眠時間や特徴!体験談も

不安がある

知らない人に会ったり知らない場所に来たことが原因で不安になり、奇声をあげることがあります。そのほか、ママが側にいなかったり赤ちゃんにとって安心できない状態だと、奇声をあげることもあるでしょう。

この場合の対処法は、ママが赤ちゃんを抱っこしたり笑顔で話しかけたりすることです。赤ちゃんが安心できるようにしてあげましょう。赤ちゃんがお気に入りのおもちゃがあれば、それを持たせるのもいいですね。

注目してもらいたい

ママやパパに注目してもらい時や褒められたい時に、赤ちゃんは奇声をあげてアピールすることがあります。注目してほしい時にママが側にいなかったり、家事をしていたりすると特に大声で叫ぶことがあるでしょう。

この場合の対処法は、短い時間でも赤ちゃんと一緒に過ごす時間を作ることです。赤ちゃんに「いつもあなたを見ているよ」ということを示すことが大切なので、その時間はほかのことはしないで赤ちゃんとの時間を作るようにしましょう。

もしママが家事などで側を離れる時は「今からママはご飯作るから遊んでいてね」と、声をかけてあげてくださいね。家事をしている間も赤ちゃんから目を離さずに声をかけてあげることで、赤ちゃんも安心できるでしょう。

思うようにいかない

生後8ヶ月くらいの月齢の赤ちゃんに多いのが、思うようにいかないことが原因で奇声をあげることです。この頃の赤ちゃんは自我が芽生え、自分のしたいことを求める時に奇声をあげることもあります。また、その要求が伝わらない時にも奇声をあげて怒りや不満を表すのです。


言葉で伝えられない赤ちゃんはやりたいことがうまくできずに、奇声をあげて癇癪を起こすこともあるでしょう。そんな赤ちゃんの態度に大人もイライラしたり、障害を疑って心配になるかもしれません。しかしそんな時こそ、赤ちゃんに優しく声をかけて「こういうことがしたかったんだね」と赤ちゃんの気持ちに寄り添う声かけをしてみましょう。

そして抱っこや側にいてあげることで赤ちゃんを落ち着かせます。おもちゃで遊んだり絵本を読んで別のことに気をそらすのも、赤ちゃんを落ち着かせる良い方法です。

赤ちゃんが大声で叫ぶ・奇声に関する体験談!

ここらは、赤ちゃんが大声で叫んだり奇声をあげることに関しての先輩ママの体験談を紹介していきます。

後追いと奇声に困惑

1歳のママ

30代

1歳になる我が子は最近、トイレに行く時でもとにかくついてきて私が見えないと奇声を発して大泣き。危険なものを手に取るからそれを取り上げたら奇声発して怒ってるし、私が情緒不安定になりそう…。

1歳前後の赤ちゃんは後追いが始まり、ママやパパがいなくなることで不安になり探し回ったり泣いたりするのが特徴です。

ママの姿が見えないときの奇声の対処法

この場合は、赤ちゃんに「ママは〇〇に行ってくるからね」「すぐに戻るから待っててね」ということをきちんと伝えて、安心させてあげましょう。

また、好奇心旺盛な赤ちゃんは危険な物かどうかもわからず、いろいろなものを手に取ります。しかし、危ないからと言って黙って取り上げると、赤ちゃんはどうして取り上げられたのか分からずに思い通りにならないことで怒ってしまうのです。「これは危ないからやめようね」と赤ちゃんに説明し、危ないことを言葉で優しく伝えていきましょう。

外出先で奇声をあげる

8ヶ月のママ

30代

奇声を出すのが面白いのか、最近は何かと奇声をあげている娘ちゃん!特にベビーカーに乗っている時はにこにこしながら暴れて奇声をあげてるけど、外出先でもこうだから対処に困ってます。周りの目が気になりますね。

にこにこしながらベビーカーに乗って奇声をあげているなら、楽しんでいる証拠です。しかし大勢の人が周りにいる場合は、迷惑をかけてしまわないかと心配になるでしょう。

外出先での奇声の対処法

外出先での奇声については、「ここは静かにしようね」と話したり人差し指を口につけて「シー」っとポーズをとったりして赤ちゃんを落ち着かせましょう。興奮しないように、ママの抱っこで落ち着かせてあげるのも良いですね。

かまってほしくて奇声をあげる

5ヶ月のママ

20代

5ヶ月になって急に赤ちゃんが奇声を発するようになって障害とか病気を疑ったよ…。でも私が家事してる時とか、ご飯食べてる時に奇声あげてるみたいで、かまってほしいサインなのかな?と思ってる。

注目してほしい時やかまってほしい時にも赤ちゃんは奇声をあげることがあります。

かまってほしいときの奇声の対処法

この場合は、家事をしながらでも赤ちゃんを気にかけて声をかけてあげたり、赤ちゃんとの時間を作ってあげると良いでしょう。

また、規則正しい生活ができると、時間帯によって赤ちゃんが「この時間はかまってもらえないんだな」ということを理解してくれます。ママやパパがそばにいられる時間とそうでない時間を理解してもらい、赤ちゃんを安心させてあげるのも良いでしょう。

赤ちゃん奇声は上手に対処しよう!

赤ちゃんが奇声をあげる月齢別の意味や理由、奇声をあげる原因と対処法、奇声に関するママの体験談について紹介しました。奇声をあげるのは障害があるわけではなく、成長の証です。赤ちゃんの激しい奇声に親は感情的になりがちですが、対処法を参考にして上手に対応し赤ちゃんの成長を見守りましょう。

関連する記事