縁起のいい漢字の名前一覧!男の子・女の子別に名付けのポイントも紹介!

縁起のいい漢字を使った名前を〈一文字〉〈二文字〉それぞれ男の子・女の子別にご紹介します。赤ちゃんの名前に縁起のいい漢字を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。また、赤ちゃんの名付けのポイント・注意点や、縁起の悪い漢字もご紹介します。

目次

  1. 赤ちゃんの名前に使うと縁起のいい漢字・名前は?
  2. 赤ちゃんの名付けのポイント・注意点は?
  3. 縁起のいい漢字で一文字の名前一覧《男の子》
  4. 縁起のいい漢字で二文字の名前一覧《男の子》
  5. 縁起のいい漢字で一文字の名前一覧《女の子》
  6. 縁起のいい漢字で二文字の名前一覧《女の子》
  7. 【最新】名前で人気の漢字TOP7!
  8. 赤ちゃんの名前に使うと縁起の悪い漢字は?
  9. 縁起のいい漢字・名前を赤ちゃんに付けよう!

赤ちゃんの名前に使うと縁起のいい漢字・名前は?

赤ちゃんや子供の名付けを考えたときに、パパやママであれば縁起のいい漢字を選びたいですよね。また、縁起がいいだけではなく、パパやママの想いがこもった名前にしたいはずです。こちらでは、漢字一文字と二文字かつ男の子と女の子にわけて、縁起のいい漢字や名前をご紹介します。縁起がいい人気の名前もありますので、参考にしてみてくださいね。

(赤ちゃんの名前に使いたい漢字&意味については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの名前に使いたいおすすめ漢字&意味20選!男女別に紹介!

赤ちゃんの名付けのポイント・注意点は?

赤ちゃんや子供の名付けを考えるときに注意したいことやポイントについてご紹介します。赤ちゃんや子供の名前は、その子が一生使うものですね。だからこそ、パパやママも真剣になって考えてしまうものです。漢字は一文字だけでも素敵な漢字がたくさんあります。選択肢がたくさんあるからこそ、名付けのポイントや注意点をしっかりおさえておきましょう。

姓名判断を参考にする

赤ちゃんや子供の名前は、一生使うものだからこそパパやママも真剣に考えてしまうものですよね。また、名前はその赤ちゃんのイメージや「こうなってほしい」という理想を表すこともあります。しかし、名前は短いと漢字一文字、長くても漢字三文字程度ですよね。候補の漢字が多すぎて選べないパパやママも多いでしょう。

そんなときは、姓名判断を参考にしてみるのもおすすめです。姓名判断は昔からある占いで、字画数をもとに縁起のいい名前を占ってくれます。いくつか候補の漢字を用意して、姓名判断で総合的な運勢を確認してみるといいでしょう。縁起のいい漢字でも、総合的な画数で見ると縁起が悪くなってしまうことがあります。

2歳児の母

20代後半

我が家は夫と相談して姓名判断をもとにして名前の漢字を決めました。女の子で「明希(あかね)」なのですが、漢字については字画数をもとにしてこの漢字に決めました。読めないとはよく言われますが、字画数もいいし雰囲気もキレイなので気に入っています。

漢字だけではなく姓名判断など多方向から名前について考えることは大切ですね。また、響きや親が想いをこめてつけたかどうかも大切なポイントといえるでしょう。

苗字とのバランスを考える

名前は苗字とセットなので、必ず苗字と名前のバランスも見るようにしましょう。縁起のいい名前や漢字だったらなんでも良いというわけではありません。苗字の字画数が少ないにもかかわらず、名前の字画数が多めだとバランスが悪くみえてしまいます。縁起のいい漢字も大事ですが、全体のバランスも意識してみてくださいね。

季節のイメージから考える

1児のパパ

30代後半

うちは男の子ですが、桜という漢字を使って「桜一朗(おういちろう)」という名前にしました。この子が春生まれだったことと、やはり春といえば桜。そして、桜は日本人を代表する花であることから、謙虚な美しい心でみんなから愛されてほしいとの思いで名付けました。

赤ちゃんが生まれた季節をヒントにして名前を考えるのもひとつの方法です。また、その子供をあらわしたときに、とてもわかりやすい表現ですね。たとえば、春に生まれた場合は「菜」「風」「桜」などです。夏に生まれた場合は「凪」「帆」「海」などの漢字があります。秋は実りを象徴する季節ですので「実」「穂」「紅」「楓」などが人気です。

冬ですと「椿」「雪」「白」などがあります。また、生まれた季節を象徴する花の名前をつけるのもいいでしょう。季節から連想できる漢字を考えてみてくださいね。

(【凪】を使った名前については以下の記事も参考にしてみてください)

【凪】を使った名前(女の子・男の子別)|漢字の意味・字画数&名付けの注意点も!

響きや読みやすさを重視

関連する記事