母乳育児の消費カロリーは?授乳で痩せる?混合育児とのダイエット効果の差も解説!

【医師監修】産後に母乳をあげていると痩せるといわれています。母乳が出る仕組みをはじめ、授乳中の消費カロリーや、完全母乳育児と混合育児でのダイエット効果の違いをみてみましょう。カロリーを抑えて栄養いっぱいの食事とは?母乳育児ダイエットで痩せるためのコツや、ダイエット効果が高まる母乳にいい食事方法を紹介します。また、母乳育児ダイエットの実際の効果を先輩ママの【体験談】をもとに紹介します。

専門家監修 | 小児科医 渡邉恵里
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。

目次

  1. 母乳はどうやって出ているの?
  2. 母乳育児で痩せるって本当?授乳中の消費カロリーは?
  3. 母乳育児と混合育児ではダイエット効果は違う?
  4. 母乳育児ダイエットで痩せるためのコツ
  5. 母乳にいいダイエット効果が高まる食事方法
  6. 母乳育児ダイエットは効果あるの?【先輩ママの体験談】
  7. 母乳育児ですぐに痩せなくても焦らないで…!

母乳はどうやって出ているの?

赤ちゃんが生まれておっぱいを飲ませていると、愛おしさが溢れてくると同時にママになった実感がわいてくるのではないでしょうか。赤ちゃんの成長に欠かせない母乳は、どうやって作られているのでしょう。まずは母乳について紹介します。

母乳を出すためのホルモンの働き

乳房の中にあるたくさんの乳腺は、妊娠すると少しずつ発達していきます。しかし、妊娠中は母乳の生成を抑えるホルモンが働いています。出産と同時にホルモンの働きはガラリと変わり、今度は母乳を生成するように働きかけるのです。プロラクチンというホルモンが乳房の中にある毛細血管から取り込まれた血液で母乳を作ります。

生成された母乳を赤ちゃんへと送り出す働きをするホルモンが、オキシトシンです。赤ちゃんが乳首を吸う刺激で分泌され、乳腺房の筋肉を収縮させるのです。そのため母乳の出が悪いと感じても、何度も乳首を吸わせているうちに出てくることが多くあります。

母乳の栄養はママの血液から

母乳は、ママの血液から作られています。そのためママの食事の栄養バランスはとても大切です。ママの血液からつくられる母乳の成分は、主にたんぱく質などの栄養分や白血球などです。赤血球は含まれていないため、母乳の色は赤くはなりません。赤ちゃんのためにも栄養のある母乳を出せるように心がけましょう。

(母乳育児については以下の記事も参考にしてみて下さい)

母乳育児中の食事方法!授乳中に良い・控えるべき食べ物!量・味など母乳の質を向上しよう!

母乳育児で痩せるって本当?授乳中の消費カロリーは?

赤ちゃんに母乳を与えていると、体は母乳を作り出すために1日で500キロカロリーから800キロカロリーのエネルギーを消費しているといいます。これはジョギングで1時間以上走った時と同じくらいのカロリーの消費量です。特別に運動しなくても、母乳育児をしているだけでカロリーが消費され痩せる効果は期待できます。

しかし、産後6か月頃になると赤ちゃんの離乳食がはじまります。少しずつ赤ちゃんが母乳を飲む回数が減ってくると同時にママの消費カロリーも少なくなります。母乳育児で自然と痩せるのは、カロリー消費がピークの産後6か月くらいまでと言えるでしょう。

母乳育児と混合育児ではダイエット効果は違う?

完全に母乳だけの場合と、ミルクと母乳の混合育児の場合とではママが消費するカロリーに差がでます。混合育児では母乳を与える回数が減るので、カロリーもそれだけ消費されにくいでしょう。ダイエット効果だけを考えるなら、カロリー消費のできる母乳育児の方が効果は高いといえます。

しかし、母乳の出方には個人差があります。なかには母乳だけでは量が不足してしまうためミルクを使うこともあるでしょう。混合育児でも、食事の内容や摂取カロリーを抑えるようにすることでダイエットすることは十分に可能です。

母乳育児ダイエットで痩せるためのコツ

母乳育児は自然とカロリーを消費しているためダイエット効果があることがわかりました。しかし、何を食べても太らないというわけではありません。母乳を与えることで消費するカロリー以上に多くのカロリーを摂取すれば、当然太る原因になります。上手に痩せるためには、カロリーをコントロールすることが大切です。

母乳はママの血液から作られているため、食事の栄養バランスには十分気をつけましょう。ダイエット中は高たんぱく低カロリーが理想です。

母乳を与えている間は、お腹がすくことが多いため間食が増えてしまいがちです。しかし、お菓子やジャンクフードは高カロリーなので控えるようにして、フルーツや野菜スティックなど低カロリーなものに切り替えてみるといいでしょう。

(母乳育児ダイエットのコツについては以下の記事も参考にしてみて下さい)

母乳ダイエットは本当に痩せる!授乳中にいい食事法など成功するコツ紹介!

母乳にいいダイエット効果が高まる食事方法

関連する記事