バウンサーはいつからいつまで?脳への影響は?活用法や使い方の注意点を解説!

バウンサーはいつからいつまで使えるのか、どのように使うのか悩むママも多いでしょう。バウンサーはいつからいつまで使えるのかや、ママの負担が激減するバウンサーの活用法を解説します。使い方の注意点や、おすすめ商品も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. バウンサーは必要?どんな効果がある?
  2. バウンサーは乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)と関係ある?
  3. バウンサーはいつからいつまでの期間使える?
  4. ママの負担が激減するバウンサーの活用法!
  5. バウンサーを使うときの注意点!長時間はNG?
  6. バウンサーのおすすめ商品を紹介!
  7. 赤ちゃんが喜ぶバウンサーを活用しよう!

バウンサーは必要?どんな効果がある?

バウンサーとは赤ちゃんを寝かせておくことができ、さらに赤ちゃんの動きに合わせてユラユラと動くベビーチェアです。育児をする上で、かならず購入が必要なグッズではありませんが、バウンサーにはママにも赤ちゃんにも嬉しい効果がいくつもあります。

赤ちゃんが落ち着く環境をつくることができる

バウンサーは赤ちゃんの動きに合わせてユラユラと動くため、ママのお腹の中にいた時と似た環境を作り出すことができます。赤ちゃんにとってママのお腹の中はとても安心できる場所です。その安心できる場所と似た環境を作ってあげることで、赤ちゃんの機嫌が良くなったり、すんなり寝ることがあります。

赤ちゃんの吐き戻しを軽減することができる

バウンサーは赤ちゃんの吐き戻しを軽減する効果もあります。バウンサーはリクライニングが調節できるものが多くなっているので、上体を起こした体勢で赤ちゃんを寝かせておくことができます。仰向けで寝るよりも、上体を起こした体勢のほうが消化がしやすくなるため、吐き戻しも起こりにくくなるでしょう。

また、万が一吐き戻しをしてしまった場合でも、上体が起きていれば窒息の危険性を減らすことができます。

ママが赤ちゃんから手を離すことができる

ママが抱っこをできない状況でも、バウンサーがあればママの近くで赤ちゃんを寝かせておくことができます。ママの姿が見えていれば赤ちゃんは安心して待っていられますし、ママもゆっくりと安心して家事をすることができますね。

バウンサーは乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)と関係ある?

バウンサーは適度な揺れによって赤ちゃんを落ち着かせることができます。しかし「揺れる」と聞くと、乳幼児揺さぶられ症候群を心配するママも多いのではないでしょうか?乳幼児揺さぶられ症候群とは、激しい揺れによって赤ちゃんの脳にダメージを与えてしまう状態です。場合によっては、脳に与えられたダメージの影響で重大な障害が残るケースもあります。(※1)

脳への影響や障害と聞くとバウンサーを使用するのは避けたいと感じるママも多いでしょう。しかし、乳幼児揺さぶられ症候群を引き起こすのは、赤ちゃんの頭が前後にガクンガクンと動くような激しい揺れを与えてしまった場合です。バウンサーは赤ちゃんの体全体を優しく揺らすものなので、赤ちゃんの脳に影響はないとされています。

(乳幼児揺さぶられ症候群については以下の記事も参考にしてみてください)

揺さぶられっ子症候群とは?高い高いはNG?症状や赤ちゃんをあやす注意点も

バウンサーはいつからいつまでの期間使える?

バウンサーはいつからいつまで使用ができるのでしょうか?使用することができる期間によって、バウンサーを購入するかどうか決めるママもいるでしょう。

使用可能な期間はメーカーによって異なりますが、リクライニング機能があるものは新生児~2歳ごろまでとされています。リクライニング機能がないバウンサーについては、生後3ヶ月~2歳ごろまでを使用可能な期間としているものが一般的です。

しかし、あくまでも一般的な使用可能期間ですので、購入の際はかならず商品の対象年齢を確認するようにしましょう。対象年齢ではなく体重によって使用期間の記載がされている商品や、首すわり後など発達の程度で記載されている商品もあります。バウンサーを購入する際は、赤ちゃんの身体に適切なものを購入するようにしましょう。

(首すわりの時期については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの首すわりの時期はいつから?練習の必要性や確認方法の動画も!

ママの負担が激減するバウンサーの活用法!

不安を感じやすい赤ちゃんを落ち着かせる効果のあるバウンサーですが、それ以外の使い方をすることもできますよ。バウンサーを活用しているママはどのような使い方をしているのでしょうか?ママの負担を軽減するための、バウンサーの使い方をご紹介します。

泣いている赤ちゃんをご機嫌にしたいとき

まず、基本的なバウンサーの使い方として、泣いている赤ちゃんを泣きやませる時に使用することができます。赤ちゃんが泣いていたらママは抱っこをしてあげることがほとんどでしょう。しかし、長時間の抱っこはママも体力的に大変です。

そのような時は赤ちゃんをバウンサーに寝かせてみましょう。バウンサーの心地よい揺れによって赤ちゃんがご機嫌になってくれることがありますよ。リラックスした赤ちゃんがそのまま寝ることもあります。バウンサーに乗せてもなかなか泣き止まない場合は、ママがそっとバウンサーを揺らしてあげるのも良いでしょう。

赤ちゃんの吐き戻し防止

バウンサーは赤ちゃんの吐き戻しを防止する効果もあります。赤ちゃんはまだ消化器官が未発達のため、ミルクを飲んだ後に吐いてしまうことが多くあります。吐き戻しは健康な状態でも起こる現象ですが、吐いている赤ちゃんを見るとママも心配になってしまいますよね。

バウンサーのリクライニング機能を使用することによって、赤ちゃんを上体を起こした姿勢で寝かせておくことができます。仰向けの姿勢で寝るよりも上体を起こした姿勢のほうが消化がスムーズになるとされています。授乳をした後、消化が落ち着くまでバウンサーに乗せておくことによって、赤ちゃんが吐き戻しをすることが少なくなるでしょう。

ママが家事に集中したいとき

バウンサーはママが家事をするときに使用することができます。ママは赤ちゃんのお世話の他に、家事をこなさなければならない場合がほとんどでしょう。「赤ちゃんを抱っこから降ろして家事をしたい」というときにバウンサーを活用すれば、ママの抱っこでなくても、赤ちゃんが1人でもじっと待っていてくれることがあります。

お風呂の時に待っていてほしいとき

バウンサーは赤ちゃんとのお風呂の時にも活用することができます。赤ちゃんとのお風呂はとても大変ですよね。ママの入浴中や着替え中は赤ちゃんを抱っこすることができず、赤ちゃんが泣いてしまうこともあるでしょう。そのような時、脱衣所にバウンサーを置いておけば、赤ちゃんを落ち着いた状態で寝かせておくことができます。

(赤ちゃんとのお風呂については以下の記事も参考にしてみてください)

乳児のお風呂の入れ方!いつから一緒でOK?沐浴卒業後の流れや注意点を紹介

外食や旅行をするとき

バウンサーは家の中だけでなく、外食や旅行時などにも使用することができます。座敷の飲食店や洋式のホテルでは赤ちゃんをどこに寝かせたら良いのか悩むママも多いでしょう。そのような時にバウンサーがあれば、赤ちゃんが寝る場所を作ることができます。

外出先で使用する可能性がある場合は、折り畳み式のものなど持ち運びがより簡単にできるバウンサーを選びましょう。

(赤ちゃんとの外食については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんとの外食はいつから?外食の際の10の注意点!体験談あり

バウンサーを使うときの注意点!長時間はNG?

正しく使用していれば、バウンサーはママを助けてくれる便利な育児グッズです。しかし、正しい使用方法を守らなかった場合、赤ちゃんの身体に悪い影響を与えてしまうこともあります。また、場合によっては赤ちゃんのケガや死亡事故につながる恐れもあります。

バウンサーを使用する際の注意点についてご紹介しますので、パパやママはかならず頭に入れておきましょう。

長時間バウンサーに乗せたままにしない

バウンサーに赤ちゃんを長時間乗せておくことは控えましょう。バウンサーはベッドではなく、ベビーチェアです。心地良い揺れの効果で赤ちゃんが寝ることもありますが、いつまでもバウンサーに乗せておくのはよくありません。赤ちゃんがバウンサーで寝たら、かならずベッドに移動をさせてあげましょう。

長時間同じ姿勢で固定されていると、赤ちゃんの身体に負担がかかってしまいます。長時間乗せるのではなく、少し赤ちゃんから手を離したいときなど育児の補助として使用するようにしましょう。

安全ベルトを必ず締める

赤ちゃんをバウンサーに寝かせる時はかならず安全ベルトを装着しましょう。バウンサーの上で赤ちゃんが寝返りをしてしまった場合、転落事故につながってしまいます。まだ寝返りをしない赤ちゃんでも、突然寝返りができるようになる場合もあります。

「まだ新生児だから」と安心せず、バウンサーに乗せる時は安全ベルトが正しく装着できているか、かならず確認をしましょう。

ママやパパの目が届く範囲で使用する

バウンサーはかならずパパやママの目の届く範囲で使用しましょう。赤ちゃんは大人が予測できない動きをすることもあります。ベルトを締めているからといって、かならず安全なわけではありません。赤ちゃんがバウンサーから転落することがないよう、確認をしながら使用しましょう。

必要以上に激しく揺らさない

赤ちゃんがなかなか泣きやまない場合や赤ちゃんが喜ぶからといって、パパやママがバウンサーを必要以上に激しく揺らすことは避けましょう。激しい揺れは赤ちゃんの脳に影響を与える可能性があります。あくまでもバウンサーは優しい揺れによって、赤ちゃんを落ち着かせるためのものです。

ママやパパがバウンサーを揺らしてあげるときは、そっと揺らすようにしましょう。

バウンサーのおすすめ商品を紹介!

1つあるととても便利なバウンサーですが、いざ購入をしようとするとどれを選んでよいか迷うママも多いでしょう。バウンサーのおすすめ商品を紹介するので、バウンサー選びに迷っているママは参考にしてみてくださいね。

Richell(リッチェル) バウンシングシート

リッチェル バウンシングシートおもちゃ付き
6,980円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

リッチェルのバウンシングシートは3段階リクライニングとなっています。また、折りたたむこともできるので、外出先で使用したいときにもコンパクトに持ち運ぶことができます。おもちゃがついているので、赤ちゃんはご機嫌で待っていてくれるでしょう。

Amazonレビュー

★★★★☆

1ヶ月ごろから使っていますがすごく便利です。このバウンサーにどれだけ助けられたか!乗せたら泣き止んでくれたし、お風呂を待っててもらうときも役立っています。素材がメッシュなので汚れてもすぐ乾きます。おもちゃが取り付け難いので☆マイナス1ですが、無くて同じ値段なら☆5つかもしれません 笑

---------------------
対象年齢:新生児~24ヶ月まで
耐荷重:13kgまで
使用時サイズ:幅39×奥行70×高さ50~63cm
折り畳み時サイズ:幅39×奥行83.5×高さ10.5cm
リクライニング段階:3段階可能
-------------------------

BABY BJORN(ベビービョルン)バウンサー バランス ソフト

ベビービョルン バウンサー バランス ソフト
15,390円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ベビービョルンのバウンサーはやや価格が高くなりますが、愛用しているママがとても多くいます。本体はフルメッシュとなっているので、汗をかきやすい赤ちゃんでも快適に過ごすことができるでしょう。カバーは取り外して洗うことができる点も嬉しいですね。

楽天レビュー

★★★★★

腱鞘炎になり抱っこが辛くなってきたので購入を決めました。
ベッドに寝かせると泣いてしまうときにバウンサーに乗せると、ご機嫌でしばらく一人で遊んでくれます。抱っこで家事が出来なかったり食事も取れなかったりしてましたが、これらが出来るようになり腱鞘炎も軽くなってきました。
もっと早く購入していればよかったです。

---------------------
カラー:ブラック・グレーホワイト・ブラウン
対象年齢:生後1ヶ月~2歳頃
サイズ:約幅39×奥行89×高さ46~58cm
リクライニング段階:3段階
-------------------------

KATOJI(カトージ)バウンサー NewYorkBaby

カトージ ベビーバウンサーニューヨークベビー
8,600円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

KATOJIのバウンサー NewYorkBabyは7段階のリクライニングが可能です。赤ちゃんの成長や使用シーンによって細かく調節ができるのは嬉しいですね。また、赤ちゃんの頭上に折り畳み式のホロがついているので、直射日光やエアコンの風から赤ちゃんをガードすることができます。

楽天レビュー

★★★★☆

孫が来たときに寝かせるのに購入しました。軽くて持ち運びも楽です。持ち運ぶための手さげのベルトもついています。

---------------------
カラー:ブラック
対象年齢:新生児~
耐荷重:体重15kgまで
サイズ:46×77×64cm
リクライニング段階:7段階
-------------------------

日本育児 フロートベビーバウンサー エレファント

フロートベビーバウンサーエレファント
4,980円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

日本育児のフロートベビーバウンサーは「シンプルなバウンサーが欲しい」というママにおすすめです。本体は約2kgの軽量設計となっているため、ママでも楽に移動をすることができます。ぞうのおもちゃがついているので、赤ちゃんも喜んで遊んでくれるでしょう。

楽天レビュー

★★★★★

本日届きました。
友人への出産祝いです。
喜んでくれると思います。

---------------------
対象年齢:新生児~6ヶ月
耐荷重:9kgまで
サイズ:W45×D65×H58cm
-------------------------

Fisher-Price(フィッシャープライス)インファント・トドラー・ロッカー

インファント・トドラー・ロッカー レインフォレスト ラック フィッシャープライス
6,780円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

Fisher-Priceのインファント・トドラー・ロッカーは振動機能がついているので、赤ちゃんをよりリラックスさせることができます。大きくなったら、ロッキングチェアとして使用することも可能です。バウンサーは使用期間が限られてしまうことがほとんどですが、成長してからも使うことができるのはとても嬉しいですね。

Amazonレビュー

★★★★★

上の子(2歳、14キロ)に踏まれないように購入。
下の子が使わない時は上の子が
乗ってゆらゆらしてます。
下の子もベッドでは寝ないのに
これでは寝たりします(^^)
デザインも可愛いし、結構軽いので移動も楽。
組立は夫にして貰いました

実物見ずにこちらで購入しましたが
結果的に満足してます!

---------------------
対象年齢:新生児~
耐荷重:リクライニング時9kg以下/アップライト時18kg以下
サイズ:W51×D61×H61cm(キックスタンド折りたたみ時)
リクライニング段階:2段階
-------------------------

赤ちゃんが喜ぶバウンサーを活用しよう!

毎日の育児は体力的にも精神的にもとても大変ですよね。家事の時間をなかなかとることができないと悩んでいるママも多いでしょう。バウンサーはかならず必要なものではありませんが、1つあるだけでさまざまなシーンで活躍します。バウンサーを上手く活用して、少しでも楽に育児をできるよう工夫をしてみてくださいね。

関連する記事