赤ちゃんのお風呂はいつからOK?入浴手順や注意点は?ワンオペの便利グッズも紹介!

この記事では赤ちゃん・乳児と一緒にお風呂はいつから入れるのか、また〈入浴前の準備〉〈入浴方法〉〈入浴後の手順〉など入り方を紹介しています。また赤ちゃんとのお風呂に入る際の注意点や、トラブル別の対処法に加え、ワンオペ便利グッズも紹介しますよ。

目次

  1. 赤ちゃん・乳児と一緒にお風呂はいつからOK?
  2. 赤ちゃんとお風呂に入る時の《入浴前の準備》
  3. 赤ちゃんとお風呂に入る時の《入浴方法》
  4. 赤ちゃんとお風呂に入る時の《入浴後の手順》
  5. 赤ちゃんと一緒にお風呂に入る際の注意点は?
  6. 赤ちゃんとのお風呂でのトラブル別の対処法!
  7. 赤ちゃんのお風呂のワンオペに便利なグッズ4選!
  8. 赤ちゃんのお風呂の入れ方を理解しよう!

赤ちゃん・乳児と一緒にお風呂はいつからOK?

「そろそろ沐浴を卒業させたいけど、赤ちゃんとはいつから一緒に入浴しても良いの?」と気になっているママはいませんか?生後1ヶ月健診が終わり、特に問題がないようであれば赤ちゃん・乳児も大人と一緒にお風呂に入ってもかまいません(※1)。ママがお風呂に入れる場合は、ママ自身の体にも問題がないか1ヶ月健診の際に確認をとってみましょう。

(沐浴については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児の沐浴はいつまで?お風呂に切り替える際の温度や肌のケアなど注意点も!

赤ちゃんとお風呂に入る時の《入浴前の準備》

赤ちゃん・乳児との入浴をスムーズに済ませるためには、準備をしっかりすませておくことと一連の流れを把握しておくことが大切です。そこで、ここからは赤ちゃん・乳児のお風呂の入れ方を「入浴前の準備」「入浴方法」「入浴後の手順」に分けて紹介します。それぞれのポイントを押さえて、赤ちゃんとのお風呂を快適なものにしていきましょう。

まず、入浴前の準備について紹介していきます。赤ちゃんとの入浴時や入浴後に慌ててしまうことのないよう、入浴前には念入りな準備を心がけてくださいね。

(乳児のお風呂の入れ方については以下の記事も参考にしてみてください)

乳児のお風呂の入れ方!いつから一緒でOK?沐浴卒業後の流れや注意点を紹介

脱衣所にバスタオルや着替えなどをセットする

入浴後に赤ちゃんの体が冷えるのを防ぐために、脱衣所にバスタオルや着替えを用意しておきましょう。脱衣所には赤ちゃんを安心して寝かせられるよう、やわらかいマットなどを敷いておくと良いですね。バスタオルや着替えのそばに、保湿剤やガーゼもあると安心でしょう。また、バスタオルや着替えをセットする際の重要なポイントは以下の通りです。

●着替えは下着と服との袖を通し、重ねた状態でセットしておく
●着替え中の急な排泄に備えて、おむつは数枚用意しておく
●着替えセットの真上、もしくは真横に体をふくバスタオルを敷く
●手入れ用の綿棒や飲み物は移動後の部屋に置いておいてかまわない

ママの髪や体を洗っておく

入浴後のバスタオルや着替えセットなどを準備できたら、先にママが洗い場に入って髪や体を洗っておきましょう。その間、赤ちゃんは脱衣所のバスタオルの上や洗い場のベビー用バスチェアに寝かせておきます。

脱衣所で待たせる場合は、赤ちゃんが不安にならないようドアを開けて声かけをしてあげると良いでしょう。バスチェアに寝かせる場合は月齢に合った製品を使い、赤ちゃんの体が冷えないよう注意してあげてくださいね。また、ママが入浴している間にシャワーをかけるなどして浴室をあたためておくと安心です。

お風呂の温度を確認する

ママが髪や体を洗い終わったら、お風呂の温度をしっかりと確認しましょう。ママが入浴している間に温度が下がることもあるので、赤ちゃんが入る直前に確認することをおすすめします。

赤ちゃんと一緒に入浴する際の適温は夏場だと38~39度、冬場だと40度です。浴槽に入れておけるタイプの温度計を活用しましょう。またママの手でも直接触れて確認しておくと良いですね。自動湯沸かしや追いだきの設定はオフにしておきましょう。

(赤ちゃんと入るお風呂の温度については以下の記事も参考にしてみてください)

生後1ヶ月からのお風呂の入れ方は?適切な入浴時間・温度は?一人で入れる方法も!

赤ちゃんとお風呂に入る時の《入浴方法》

続いて、赤ちゃんとの具体的な入浴方法について紹介します。ぜひこちらを参考にして、イメージトレーニングをしながら赤ちゃんの洗い方を頭に入れておきましょう。

赤ちゃんの体にお湯をかける

まずは裸になった赤ちゃんの首を支えながら膝の上に抱き、お湯をかけて体を流します。赤ちゃんが驚かないよう、お湯はそっとかけてあげてくださいね。温度をきちんと確認していれば、勢いを弱くしたシャワーを使っても良いでしょう。股やお尻は排泄物で汚れていることもあるので、念入りに流しておくと安心です。

また、濡れた体で赤ちゃんを抱くと、思った以上に滑りやすいです。赤ちゃんを落とさないように、ママの体を上手く使ってしっかり支えましょう。赤ちゃんとの入浴に慣れるまでは、洗い場にクッション性のあるバスマットを敷くのもおすすめです。

赤ちゃんを洗う

赤ちゃんの体全体をお湯で一通り流したら、ベビー用の石鹸・シャンプーを使って赤ちゃんを洗いましょう。赤ちゃんを洗うときは、以下の手順で進めていきます。汚れがたまりやすい指の間や首・脇の下、お股やお尻は丁寧に洗ってあげてくださいね。

1. お湯で濡らしたガーゼを使い、赤ちゃんの顔をなでるように洗う
2. 洗面器にお湯をはり、ガーゼを使って赤ちゃんの頭を湿らせる
3. 石鹸やシャンプーを泡立てて髪・頭を優しく洗う
4. ガーゼなどを使って頭を洗い流し、首から順に体を洗っていく

浴槽につかって温まる

赤ちゃんの体からしっかりと石鹸やシャンプーを洗い流したら、赤ちゃんと一緒に浴槽につかります。「しっかり体を温めてあげないと」とつい長湯してしてしまうかもしれません。赤ちゃんがのぼせないよう浴槽につかる時間は2、3分ほどにしておいてくださいね。体を洗う時間を含めて、入浴時間は10分程度におさまるようにしましょう(※2)。

浴槽の中ではスキンシップをしつつ、赤ちゃんの体に変わったところがないかチェックするのがおすすめです。湿疹やあせもが出ていないか、お腹の張りがないかといった点に注目してみると良いでしょう。また、赤ちゃんの乾燥がひどい場合は、月齢に合っているものであれば入浴剤を使用してもかまいません。

(入浴剤入りのお風呂については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんは入浴剤入りのお風呂はダメ?いつからOKなの?注意点は?

赤ちゃんとお風呂に入る時の《入浴後の手順》

ここからは、赤ちゃん・乳児との入浴後の手順について紹介していきます。入浴後は「赤ちゃんが湯冷めしないようにしないと」と慌ててしまいがちです。赤ちゃんがぐずり始める前に着替えまで済ませられるよう、手順をしっかり把握しておきましょう。

体を拭く

あらかじめ脱衣所に用意しておいたバスタオルで、赤ちゃんを優しく拭きます。拭き終わったらバスタオルで赤ちゃんの体をくるんでおき、その間にママの体をさっと拭きましょう。

「赤ちゃんがぐずって自分の体を拭く暇がない」というママには、タオル地のバスローブがおすすめです。ママの着替えを用意し忘れたときに備えて、バスローブは常に脱衣所にある状態にしておくと良いですね。

保湿をして服を着せる

続いて、ベビーローションやベビーオイルで赤ちゃんの顔・体を保湿してあげます。赤ちゃんの機嫌が良ければ、保湿をしながらベビーマッサージをしてあげると良いでしょう。保湿ができたらオムツを履かせ、服を着せてあげてくださいね。夏場で気温が高いときは、しばらくの間肌着だけで過ごしてもかまいません。

着替えがすんだら、ママもささっと服を着ましょう。そして、髪の毛が多い赤ちゃんはドライヤーで髪を乾かします。

(ベビーマッサージについては以下の記事も参考にしてみてください)

【動画で解説】ベビーマッサージのやり方や効果、注意点!いつから始める?

水分補給

脱衣所からリビングや赤ちゃんが過ごす部屋に戻ったら、水分補給をさせてあげましょう。ベビー向けの麦茶や白湯、母乳などを飲ませてあげてくださいね。夏場はもちろん、冬場の寒い季節でも入浴後にはしっかりと水分を与えることが大切です。水分補給がすんで赤ちゃんが落ち着いていたら、綿棒などで鼻や耳のケアをしてあげると良いでしょう。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る際の注意点は?

ここで、赤ちゃん・乳児と一緒にお風呂に入る際の注意点を紹介します。赤ちゃんを危険から守るためにも、以下の注意点を頭に入れて入浴しましょう。

●1日に1回は赤ちゃんをお風呂に入れてあげる
●汗をかいた場合などの2、3回目のお風呂はシャワーで済ませ、石鹸は使用しない
●浴槽内のお湯の温度は適温を守る
●適切な時間内に入浴をすませ、赤ちゃんがのぼせないようにする
●赤ちゃんが不安がっていたら、お腹の上に沐浴ガーゼを乗せてあげる
●体が洗いやすくなるので、赤ちゃんの頭は利き手ではないほうの手で支える
●シャワーを使う際は温度に注意し、シャワーの吹き出し口に指先をあてる
●膝の上に乗せた赤ちゃんがすべるときは、赤ちゃんの体の下にタオルを敷く

赤ちゃんとのお風呂でのトラブル別の対処法!

赤ちゃんと入浴していると、思わぬトラブルに見舞われることもあります。「お風呂でトラブルが起きると、慌ててうまく対処できないかもしれない」と不安になっているママもいるでしょう。そこで、ここからは赤ちゃんとのお風呂でのトラブル別の対処法について紹介します。

体調不良

入浴前、明らかに赤ちゃんの体調・機嫌が良くないときや高熱が出ているときにはお風呂はやめておきましょう。咳や鼻水が出ているくらいなら、機嫌が良ければ入浴してもかまいません。入浴させられないときには、お湯で濡らしたガーゼで赤ちゃんの体やお尻を拭いてあげると良いでしょう。

また「赤ちゃんの体調がおかしい」と入浴中に感じたら、頭や体を洗っている途中でも石鹸をさっと流し、お風呂から出しましょう。体を拭き、着替えができたら水分補給をさせます。その後しばらく、赤ちゃんの様子を見守りましょう。

(赤ちゃんの発熱については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんに熱が…!発熱の原因は?38度以上の高熱は要注意!

入浴中の睡眠

入浴中に赤ちゃんが寝てしまったら、無理に起こさないようにしましょう。赤ちゃんを無理に起こすと、不機嫌になって暴れてしまう可能性もあります。体を洗うと目を覚ましてしまいそうな場合は、赤ちゃんを抱いたまま浴槽につかり、優しくガーゼで頭や顔、体を拭いてあげてくださいね。

また「赤ちゃんが気持ち良さそうにしているから」と入浴が長時間にならないよう気を付けましょう。赤ちゃんの体が温まれば、お風呂から上がってかまいません。赤ちゃんが目を覚ましたときには、水分補給を忘れないように注意しましょう。

泣き出す

赤ちゃんがお風呂で急に泣き始めたら、まずは赤ちゃんが泣いている原因を落ち着いて探ってみましょう。ママが焦っていると、その焦りが赤ちゃんに伝わってますます泣き叫んでしまうこともありますよ。

「お風呂が怖い」「お湯が熱すぎる」「顔にお湯がかかるのが嫌だ」など、赤ちゃんはさまざまな理由で泣いています。赤ちゃんを抱き寄せて安心させながら、ひとつひとつ確認してみてくださいね。泣いている原因がわからないときは、おもちゃなどで気分転換をさせてあげると良いでしょう。

(赤ちゃんが泣くことについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの泣く理由は泣き声でわかる?聞き分け方は?【動画で解説】

赤ちゃんのお風呂のワンオペに便利なグッズ4選!

ここまで、赤ちゃん・乳児のお風呂の入れ方について紹介してきました。ただ、入れ方のコツや注意点を押さえていても、ワンオペ状態のお風呂では苦労してしまうママも多くいます。そこで最後に紹介するのが、赤ちゃんとのお風呂が楽になる便利グッズ4選です。ワンオペでのお風呂で大変な思いをしているママは、ぜひ目を通してみてくださいね。

1. アップリカ はじめてのお風呂から使えるバスチェア

はじめてのお風呂から使えるバスチェア アップリカ
3,980円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アップリカの「はじめてのお風呂から使えるバスチェア」です。沐浴を卒業したばかりの赤ちゃん・乳児をワンオペで入浴させなければならないママにおすすめです。チェアを完全にリクライニングさせれば、首すわり前の新生児も寝かせて洗うことができます。赤ちゃんがチェアの固さや冷たさで不機嫌にならないよう、ソフトな素材のマットも付属していますよ。

また、チェアを起こせばおすわり期以降の赤ちゃんとのお風呂でも活躍してくれます。フロントガードにはくるくる回るトイも付いているので、赤ちゃんを待たせている間も退屈させません。

楽天レビュー

★★★★★

一人でお風呂に入れると、いつも決まって泣き叫んでいた娘が、これだとご機嫌でお風呂に入ってくれるようになりました。
買ってよかった。

----------------------
ベッド時サイズ:幅34.5cm×奥行き55.9cm×高さ22.5cm
チェア時サイズ:幅34.5cm×奥行き41~53.8cm×高さ22.5~32cm
対象年齢:新生児~24か月
カラー:イエロー系
----------------------

ベッド時サイズ 幅34.5cm×奥行き55.9cm×高さ22.5cm
チェア時サイズ 幅34.5cm×奥行き41~53.8cm×高さ22.5~32cm
対象年齢 新生児~24か月
カラー イエロー系

2. リッチェル ひんやりしないおふろチェア

リッチェル ひんやりしない おふろチェア R
3,780円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

おすわりができるようになった赤ちゃん・乳児とワンオペ状態で入浴しているママにおすすめしたいのが、リッチェルの「ひんやりしないおふろチェア」です。発泡素材なので保温性が高く、お尻が当たる部分にはお湯をはることができます。そのため、赤ちゃんが座っても冷たさに驚くことはありません。

また、チェアそのものの形状が水切れしやすくなっており、後片付けも洗って陰干しするだけですみます。手間がかかるお手入れの必要がないことも、ワンオペで苦労しているママには嬉しいですよね。

Amazonレビュー

★★★★☆

冬になり脱衣所で待たせるのが寒くてかわいそうと思い購入しました。腰がすわりはじめた6か月頃から使用。お風呂場でじっと座って待っててくれるし、座らせたまま腕・足・背中・おなか・頭も洗えました。また、乾いてるときはお出かけするベビーカーの準備中、子どもを玄関に座らせて待機してもらうのに使ってます。ただの発泡スチロールですが、軽くてすぐ乾くのでいい商品だと思います。

----------------------
サイズ:幅34cm×奥行き38cm×高さ30cm
対象年齢:6~24ヶ月
適用体重:12kgまで
カラー:ピンク
----------------------

サイズ 幅34cm×奥行き38cm×高さ30cm
対象年齢 6~24ヶ月
適用体重 12kgまで
カラー ピンク

3. 座れるセーフティーベビーバス

ベビーバス
15,980円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

「自分が洗っている間、子どもを寒い洗い場で待たせたくない」「ある程度子どもは大きくなったけど、大きな浴槽につからせておくのが心配」というママもいるでしょう。そんなママには「座れるセーフティーベビーバス」がぴったりです。浴槽の中に椅子があり、子どもの体にフィットするつくりになっていますよ。浴槽の底とふちには滑り止めがあり、安全面にも配慮されています。

また、軽量で持ち運びやすく収納が簡単にできます。ワンオペ育児で大変なママにとって魅力的なポイントだと言えるでしょう。

楽天レビュー

★★★★★

子供と、お風呂に入る時に、とても助かっています。ベビーバスに子供が入っている間に、自分の、髪や身体をゆっくり洗っています。いつもバタバタしていたお風呂タイムが、慌てなくていいです。子供も、プール気分で楽しんでまあす!少しお値段は、高めですが、大きすぎす、ちょうど良いので、助かっています! 

----------------------
サイズ:幅48cm×奥行き52cm×高さ41cm
重量:2.2kg
対象年齢:1~3歳
カラー:グリーン・ピンク
----------------------

サイズ 幅48cm×奥行き52cm×高さ41cm
重量 2.2kg
対象年齢 1~3歳
カラー グリーン・ピンク

4. リッチェル くまさんシャワーフック

くまさんシャワーフック
449円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

リッチェルの「くまさんシャワーフック」も、ワンオペで赤ちゃん・乳児と一緒に入浴する際におすすめしたい便利グッズです。「抱いたまま赤ちゃんの体を洗っていると、シャワーをかけるのに苦労する」というママも多いでしょう。こちらのくまさんシャワーフックには吸盤が付いているため、好きなところに設置することが可能です。

低めの位置にシャワーフックを取り付けるのがおすすめです。ママが座った状態で赤ちゃんの抱っこ洗いをするときにもシャワーを手に持たなくてすみます。また、スポンジなどを引っ掛けておくことができる小物フックが付いているのも嬉しいポイントです。

楽天レビュー

★★★★★

コレいい☆安いし吸盤だしであまり期待してなかったけど、全然落ない!凄い!!

----------------------
サイズ:幅10.5cm×奥行き7cm×高さ8.5cm
耐荷重:3kg
カラー:イエロー
----------------------

サイズ 幅10.5cm×奥行き7cm×高さ8.5cm
耐荷重 3kg
カラー イエロー

赤ちゃんのお風呂の入れ方を理解しよう!

この記事では、沐浴を卒業した赤ちゃん・乳児のお風呂の入れ方について紹介しました。赤ちゃん・乳児と一緒に入浴する際には、沐浴とはまた違った準備や注意が必要になります。記事を参考にワンオペ向けの便利入浴グッズの活用も検討しながら、赤ちゃん・乳児のお風呂の入れ方を理解しておきましょう。

関連する記事