生後2ヶ月〜3ヶ月の赤ちゃんが指しゃぶりする原因は?対処法・防止グッズも紹介!

【医師監修】生後2~3ヶ月頃になると指しゃぶりをする赤ちゃんがいます。今回は、生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりの原因やリスク、対処法を紹介します。また、生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり予防グッズや〈歯並びとの関係性〉などQ&Aも紹介します。

専門家監修 | 小児科医 富田規彦
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。...
富田こどもクリニック院長。父がこの地に開業して以来、地域の子どもたちの健康を守り、すこやかな成長発達のお手伝いが出来るよう、診療全般にわたって、予防接種、育児指導などに取り組んできました。 少しでも多くの方達に正しい情報をお届けしたいと考えております。 富田こどもクリニックHP

目次

  1. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり
  2. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんが指しゃぶりする原因は?
  3. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりで考えられるリスクは?
  4. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりで注意したいこと
  5. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり対処法は?
  6. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり防止グッズを紹介
  7. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりに関するQ&A
  8. 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりはそんなに心配しないで!

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり

生後2~3ヶ月になると、指しゃぶりをし始める赤ちゃんが出てきます。生後2~3ヶ月の赤ちゃんから幼児期によく見られる行動です。赤ちゃんが指しゃぶりをしている姿はとても可愛いものです。しかし、衛生面や精神面に何か問題があるのではないかと心配になってしまうママもいるでしょう。

この記事では、生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりの原因や対処法について紹介します。

(新生児のおしゃぶりについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児のおしゃぶりはいつから?効果や悪影響は?発語が遅れるって本当?

生後2~3ヶ月の赤ちゃんが指しゃぶりする原因は?

生後2~3ヶ月の赤ちゃんはなぜ指しゃぶりをするのでしょうか。赤ちゃんが指しゃぶりをする原因について詳しく紹介していきます。

哺乳反射による影響

生後2~3ヶ月の赤ちゃんが指しゃぶりをする原因の1つは、産まれる前から赤ちゃんが持っている哺乳反射の影響が大きいと考えられています。哺乳反射とは、赤ちゃんが母乳を飲んで、必要な栄養を自ら摂取するための反射です。

哺乳反射の中には4種類の反射反応があります。その中でも、口の中に入ったものを吸おうとする吸啜(きゅうてつ)反射が指しゃぶりに影響しています。指が唇に触れるのをきっかけに指しゃぶりが始まるのです。

先輩ママ(妊活経験有)

(30代前半)

まだ赤ちゃんがお腹の中にいた時、超音波検査でお腹の赤ちゃんを見ると、指を吸っている様子が見えました。産まれてからも、指しゃぶりをすると安心するのか、うちの子はずっと指しゃぶりをしています。

妊婦検診のエコーでお腹の中の赤ちゃんが指しゃぶりをしている様子を見られることもあります。赤ちゃんの指しゃぶりが原始的な影響によるものだと分かれば安心できますね。

遊びのひとつ

首の座り始めた赤ちゃんが、1番最初に興味をもつのが自分の身体です。手をひらひらと動かしてみたり、何かを触ったり遊んだりしながら、赤ちゃんは手の使い方を少しずつ覚えていきます。指しゃぶりもそのひとつだと考えられます。

自分の手を確認している

生後2~3ヶ月の赤ちゃんは、自分の手をじっと見つめることがよくあります。これはハンドリガードと呼ばれています。自分の手を観察したり口の中に入れて確認しながら、手の感覚を覚えるのです。指しゃぶりも、このハンドリガードの一種であると考えられています。

(ハンドリガードについては以下の記事も参考にしてみてください)

ハンドリガードとは?手を見る意味・原因は?生後3ヶ月の成長発達のサイン?

気持ちを落ち着けようとしている

生後2~3ヶ月の赤ちゃんは、不安な気持ちを落ち着けるために指しゃぶりをすることもあります。ママの姿が確認できない時や寝る時などに、一時的に気持ちを落ち着けようと指しゃぶりをする赤ちゃんが多くいます。

YOTSUBA専属ライター

(30代前半)

生後2ヶ月頃から寝る時に指しゃぶりをするようになりました。最初は指しゃぶりが気になりましたが、指しゃぶりをしていると気持ちよさそうに寝るので、今はそのままにして寝かせています。

赤ちゃんは、寝る時に不安になってしまうことがあります。そんな時に指しゃぶりをして自分で気持ちを落ち着けてから寝る赤ちゃんが多くいます。ママは心配せずそっと見守りましょう。

(生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠については以下の記事も参考にしてみてください)

生後1ヶ月の赤ちゃんが寝ない原因は?寝付かせるコツは?体験談多数

歯茎がむず痒い

歯が生え始めると、気持ち悪さや歯茎のむず痒さが原因で指しゃぶりをする赤ちゃんがいます。歯の生え始めが原因であれば、歯が生え終わる頃には指しゃぶりは自然とおさまるでしょう。

先輩ママ(妊活経験有)

(30代前半)

ずっと手を口の中に入れたり、指しゃぶりをしているので、どうしたのかと気になり口の中を見てみると乳歯が生え始めていました。試しに歯固めを与えてみると、指しゃぶりをやめて歯固めをずっと噛むようになりましたよ。

歯が生え始めるという初めての感覚が気持ち悪く、指しゃぶりだけでなく機嫌が悪くなってしまう赤ちゃんも多いでしょう。そんな時は、歯固めを与えてみるのも1つの方法です。

お腹がすいている

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりは、お腹がすいている時にも見られます。ママのおっぱいの代わりに指しゃぶりをして気持ちを紛らわせているのです。

先輩ママ(妊活経験有)

(30代後半)

うちの子はいつも授乳のタイミングで指しゃぶりをしています。授乳をしてお腹が満たされると指しゃぶりをしなくなるんです。なので、赤ちゃんの指しゃぶりが授乳時間のサインになっています。

赤ちゃんがどのタイミングで指しゃぶりをしているのか観察してみましょう。お腹が空いているということを教えてくれているのかもしれません。

(生後2ヶ月の赤ちゃんの授乳については以下の記事も参考にしてみてください)

生後2ヶ月の授乳間隔・回数は?母乳やミルク別の量や注意点!体験談も

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりで考えられるリスクは?

生後2~3ヶ月で始まる指しゃぶりは、1歳頃までは特にリスクを気に掛ける必要はありません。赤ちゃんが順調に成長している証でもありますので、穏やかに見守るようにしましょう。

しかし、1歳を過ぎて吸いダコができるほど頻繁に指しゃぶりをするような場合は少し注意が必要です。3歳頃まで指しゃぶりが続き、習慣化してしまうと、歯並びや噛み合わせに影響する可能性もあります(※1)。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりで注意したいこと

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりは、成長過程のひとつです。無理にやめさせる必要はありません。ただ、赤ちゃんが指しゃぶりをする時に注意したいことがあります。その注意するポイントを紹介します。

手を清潔に

赤ちゃんが指しゃぶりをしていたら、こまめに赤ちゃんの手や顔を拭いてあげるようにしましょう。赤ちゃんは手がどんなに汚れていても、口の中に入れてしまいます。赤ちゃんの手が触れるような場所は、なるべく清潔に保つようにしてくださいね。

先輩ママ(体外受精経験有)

(30代後半)

赤ちゃんがいつも指しゃぶりをしているので、一日中赤ちゃんの手を拭いていたと思います。外や児童館などに行った時には特に神経質になって手を拭いていました。冬場は特に色々な感染もこわかったので。お出かけの時はウェットティッシュは必須アイテムです。

赤ちゃんと一緒にお出かけするときは、ウェットティッシュを持ち歩くようにすると良いでしょう。特に冬などインフルエンザが流行するような時期には、アルコール消毒できるグッズもおすすめです。

爪を切る

赤ちゃんの爪が長いまま指しゃぶりをしていると、口の中や顔を傷つけてしまうかもしれません。赤ちゃんの爪は、ママがこまめに切って整えてあげるようにしましょう。

赤ちゃんの近くに小さなものを置かない

赤ちゃんの口に入りそうな小さなおもちゃや物は、赤ちゃんの周りには置かないようにしましょう。誤って、手で握ったまま口の中に入れてしまうかもしれません。小さな物が床に落ちたままになっていないか、十分に注意してあげてくださいね。

YOTSUBA専属ライター

(30代前半)

一度赤ちゃんがビー玉を誤飲してしまったことがあります。それ以降、誤飲防止のために床には細かいおもちゃを一切おかないようにしています。上の子がいるので、それもなかなか難しいですが。

赤ちゃんが指しゃぶりを始めると、色々なものを誤飲してしまう可能性があります。誤飲を防止するためにも、赤ちゃんが口に入れそうなものは出しっぱなしにせず片づけるようにしておきましょう。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり対処法は?

指しゃぶりは無理にやめさせる必要はないとは言え、赤ちゃんがずっと指しゃぶりをしているとどうしても気になってしまいますよね。生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりへの対処法を紹介します。

富田規彦

小児科医

乳児期の指しゃぶりは無理に止めさせる必要はありませんが、指先が赤く腫れたりするようなことがあれば小児科にご相談下さい。

おしゃぶりを試す

あまりにも頻繁に指しゃぶりをしているのであれば、おしゃぶりを試してみましょう。吸いダコや傷ができてしまうほど強く指しゃぶりしている場合は、おしゃぶりがおすすめです。

先輩ママ(体外受精経験有)

(30代前半)

おしゃぶりを与えるのも迷いましたが、指しゃぶりをする時間が長くなってきたので思い切っておしゃぶりを購入。「指は切り離せないけどおしゃぶりは取り上げたらいい」と聞いたからです。おしゃぶりを与えてからは指しゃぶりをすることがなくなり、案外あっさりやめてくれました。

おしゃぶりなどの指しゃぶり防止グッズもやめられなくなったら困ると敬遠するママもいるかもしれません。案外あっさりやめてくれることもあります。指しゃぶりがひどい場合は、おしゃぶりなどの防止グッズも試してみましょう。

(おしゃぶりの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

おしゃぶりの上手な選び方は?先輩ママのおすすめ13選!口コミ多数

手遊びする

手や指をたくさん使った手遊び歌で一緒に遊んであげるのもおすすめです。歌と一緒に手や指を動かす楽しみを覚えると、指しゃぶりをすることを自然と忘れるようになるかもしれません。

先輩ママ(妊活経験有)

(20代前半)

赤ちゃんを1人で放っておくとずっと指しゃぶりをしているのが気になり、手や指を使う手遊び歌で一緒に遊ぶようにしました。手を使って遊ぶことを覚えてからは、少しずつ指しゃぶりをする時間が短くなった気がします。

スキンシップする

寝る前などに頻繁に指しゃぶりをしているのなら、手をしっかり握ってスキンシップをとってあげましょう。寝る時に不安になる赤ちゃんは多くいます。ママがしっかり手を握って赤ちゃんを安心させてあげてくださいね。少しずつ指しゃぶりなしでも寝ることができるようになるでしょう。

他のものに関心を向ける

お天気が良ければ、赤ちゃんと一緒にお散歩に出かけましょう。自分の身体以外のものに関心が出てくれば、指しゃぶりに執着することもなくなります。外に出れば、赤ちゃんの関心が色々なものに向いてくれるはずです。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶり防止グッズを紹介

指しゃぶりが習慣化してしまう前になんとかやめさせたいママは多くいます。ここでは、生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりを防止するおすすめのグッズを紹介していきます。ぜひ色々な防止グッズを試してみてくださいね。

ビターネイル

ビターネイル 10ml
1,728円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

赤ちゃんの爪に塗るトップコートです。苦み成分の安息香酸デナトニウムやセンブリエキスが配合されています。アセトンなどは使用されていないので独特の刺激臭もなく、リムーバー無しで簡単に洗い落とすことができます。指しゃぶりだけでなく、おもちゃなどに塗って誤飲防止に使用するのもおすすめです。

Amazonレビュー

★★★★★

爪噛み防止目的。
4歳の息子が爪を噛む癖があった。
ストレス解消のため環境を整えたりしていたが一向に改善しなかったところで、こちらの製品を購入。

息子には寝てる間に塗りました。その翌日から爪を噛む回数が減り、次第に噛まなくなってきました。本人も爪を噛むことは良くない事だとわかっているので、爪が苦いなどは一切言ってきませんでした。

試しに私自身も塗って噛んでみました。どれぐらいの刺激があるのか、子供に塗る前に試してみてください。

原材料水、アクリレーツコポリマー、エタノール、リンゴ酸、安息香酸デナトニウム、 センブリエキス、フェノキシエタノール
使用方法爪全体に本品を塗り、1分程乾かす。効果を持続させたいときは2日に1度程度塗りなおす。
内容量10g

チュチュベビー 手・からだ用クリーム BYE BYE スキンクリーム

チュチュベビー チュチュバイバイスキンクリーム 10g
914円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

苦味成分が配合された、指に塗るだけで指しゃぶりを卒業できるスキンクリームです。99%以上食品原料を使用して作られているので赤ちゃんが舐めても安心です。グリセリンとスクラワンの2つの保湿成分も含まれています。手や体の保湿クリームとしても使用することができますね。

Amazonレビュー

★★★★☆

ハンドクリームのように白くてよく伸びる保湿効果の高いクリームです。
舐めてみると匂いはありませんが舌に苦味が残るので、指しゃぶりが始まった時に指先に付けておくと、嫌な気分になると思います。指しゃぶりがひどい場合は歯並びにも影響することがあるため、早めにやめさせておくと今後にも役立つと思います。食品原料99%以上で作られているので、安心です。グリセリンとスクワラン配合で、思った以上に保湿効果が高いので、断乳用にも良いと思います。

原材料水、BG、スクワラン、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、オレイン酸エチル他
使用方法適量を少しずつ手に取り、手や体に優しくなじませる。
内容量10g

RonXer 赤ちゃん 歯固め 用指しゃぶり防止手袋

Original
RonXer 赤ちゃん 歯固め 用指しゃぶり防止手袋
677円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る

赤ちゃん用の指しゃぶり防止用手袋です。手袋にはマジックテープがついているのでサイズ調節も可能です。小さな赤ちゃんの手にもぴったりフィットします。

通気性の高いニット生地が使用されており、赤ちゃんの唾液もしっかり吸収します。手袋を噛んだり触ったりすると、ガサガサとお菓子の包み紙をあけるような音がして、おもちゃにもなるのでおすすめです。

Amazonレビュー

★★★★★

孫の歯固めに何かないかと探してて、オモチャだと、すぐ落ちてしまいますが、これなら落ちる心配もありませんので購入しました。

赤ちゃんは、カシャカシャの音が好きです。機嫌が悪くてもカシャカシャを聞くと落ち着きます。(お母さんのお腹にいた時を思い出すみたい😊)そんな工夫があり、びっくりしました。
爪も傷つかないし、衛生面でも、安心して使えます。良いものがあったと満足しています。

対象年齢3~18ヶ月
原材料布、PP、シリコーン
使用方法親指に装着して使用する
商品重量18.1g

エジソン(EDISON) カミカミBabyバナナ

EDISON mama カミカミBabyバナナ
650円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

赤ちゃんの小さな手にもぴったりフィットするバナナ型の歯固めです。歯が生え始めた影響で指しゃぶりをしている赤ちゃんにおすすめです。赤ちゃんが誤飲しない作りになっています。また、スタンドで保管できるので清潔に保つことができます。落下防止にストラップの取り付けも可能です。

Amazonレビュー

★★★★★

他にも歯がためを買いましたが、これが一番気に入ったようです。歯が生える前に購入しましたが、生え始めてかはよりいっそうカミカミしてます。口の奥まで入っちゃうか心配もありましたが、めくれた皮がちゃんと引っ掛かるので問題ありませんでした!
ケース付きもあるようですが、入れるのが面倒なので、ケースなしを購入して、外出の時はジップロック袋に入れて持ち歩いています。よく落とすのでストラップでも着けたいのですが、穴が小さめなので手持ちのストラップに合いませんでした。太いストラップにも対応した吊り下げようのループが付いていたら最高なのですが。。。

対象年齢3ヶ月~
原材料TPR樹脂
使用方法赤ちゃんが噛んで使用する
本体サイズ55×49×105mm

お米のシリーズ お米の歯がため

ピープル お米の歯がため
864円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

食べることのできる純国産のお米を材料にしている歯固めです。製造は全て日本で行われています。一つ一つの部品の組み立ても工員により丁寧に作られているのでとても安心です。指しゃぶりを始めた生後2~3ヶ月の赤ちゃんにぴったりの歯固めです。

Amazonレビュー

★★★★★

娘があれこれしゃぶるようになったので買いました。
子供グッズもけっこう中国製多いじゃないですか。なんかこわいなとおもって。

こちらは安心の日本製、そして原料はお米。
おいしいのかどうか、一生懸命しゃぶっています。

まだハイハイも上手にできない我が子ですが、薄くて持ちやすいのか、これは離さず持っています。
安いし丈夫だしおススメですよ!

対象年齢0ヶ月~
原材料お米
使用方法赤ちゃんが噛んで使用する

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりに関するQ&A

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりは無理にやめさせる必要はありません。しかし、本当に悪影響や問題がないのかどうか気になってしまうママやパパもいるでしょう。ここでは、よくある指しゃぶりについても疑問を紹介します。

赤ちゃんの指しゃぶりと歯並びの関係はあるの?

この時期の指しゃぶりは問題ないですが、これが3歳頃まで続いてしまうと歯並びにも影響が出てきます。指しゃぶりの影響で上下のかみ合わせが合わなくなって、歯並びが悪くなってしまうのです。ですから、指しゃぶり奥歯が生えてくる2歳半頃までにやめさせると良いでしょう。

先輩ママ(妊活経験有)

(20代後半)

うちの子は一日中指しゃぶりをしていて、4歳を過ぎた頃に歯医者さんに行った時「この子指しゃぶりするでしょう?」と言われました。上あごに指しゃぶりの癖が出ているので出っ歯になる可能性がありますよと言われ、慌てて指しゃぶりをやめさせました。

大きくなってからの指しゃぶりはやはり歯並びに多少なりとも影響が出てきます。気持ちを安定させるために指しゃぶりをしている子供が多いので、ママは安心して子供が指しゃぶりをやめることができるようにサポートする必要があります。

赤ちゃんの指しゃぶりは発達障害の可能性もあるの?

赤ちゃんの指しゃぶりは、発達障害や知的障害は関係ありません。「指しゃぶりは知的障害の兆候だ」という噂や口コミがありますが、赤ちゃんの指しゃぶりは赤ちゃんが健全に発達している証拠です。成長過程の一つとして安心して見守ってあげてくださいね。

赤ちゃんの指しゃぶりはそのうち治る?

指しゃぶりのピークは1歳半~2歳頃と言われており、自然と指しゃぶりをしなくなる子供が多いでしょう。しかし、中には癖になってしまってやめられない子もいます。3歳を過ぎても指しゃぶりをしている場合は、子供が自然と指しゃぶりをやめられるような環境を作ってあげる必要があります。

先輩ママ(人工受精経験有)

(30代後半)

うちの子はおっぱいが大好きで、授乳の時間になると指しゃぶりをしていました。授乳をしなくなってからも、その名残なのか指しゃぶりが治らず心配していましたが、4歳になる頃には自然としなくなっていました。

授乳をしなくなっても口が寂しく指しゃぶりが癖になり、習慣化してしまう子もいます。しかし、指しゃぶりが習慣化している子も、子どもが指しゃぶりをやめやすい環境をママが作ってあげるだけでやめられるようになるでしょう。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりはそんなに心配しないで!

赤ちゃんが指しゃぶりをしていると、衛生面や歯並びへの影響が心配になるママが多いでしょう。しかし、生後2~3ヶ月の赤ちゃんの指しゃぶりは、正常な発達過程のひとつなので無理にやめさせる必要はありません。あまり心配せず、穏やかに見守ってあげましょう。どうしても気になる場合は、今回紹介した方法を試してみてくださいね。

関連する記事