背中スイッチ対策!赤ちゃんを布団に寝かせる裏技を紹介!悩みが一瞬で解決!

【医師監修】全国のママやパパを悩ませる背中スイッチ問題を知っていますか?背中スイッチが発動する原因をはじめ、背中スイッチを発動させないための攻略方法を紹介します。背中スイッチを体験したママの体験談も紹介するので、参考にしてみてください。

専門家監修 | 小児科医 渡邉恵里
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。
平成19年卒、小児科医。現在は、精神科クリニックで子どもの発達や心の問題に取り組んでいます。

目次

  1. 背中スイッチってなに?
  2. 背中スイッチが発動する原因は?
  3. 背中スイッチ を発動させないための対策は?
  4. 背中スイッチに悩まされたママの体験談
  5. 背中スイッチの悩みは簡単に解消できる!

背中スイッチってなに?

赤ちゃんの背中スイッチに悩まされているママやパパは多いですよね。背中スイッチとは、抱っこして寝かしつけた赤ちゃんを、いざ布団に置くと急に目を覚ましてしまったり、泣き出してしまうことを言います。布団に置くと同時に目を覚ましてしまう赤ちゃんの敏感さから、背中スイッチと呼ばれているのです。

背中スイッチと名称がつけられるほど、この背中スイッチに悩まされる家庭は多くあります。せっかく寝かしつけたのに背中スイッチが発動してしまい、一から寝かしつける必要があるので、ママやパパには体力的にも時間的にも大きな負担となりますよね。そんな背中スイッチの原因と対策について紹介していきます。

(新生児の寝かしつけ方法については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児を寝かしつける有効な方法!入眠をスムーズにさせる方法!

背中スイッチが発動する原因は?

そもそも、背中スイッチとは何が原因で発動するのでしょうか。背中スイッチの原因について紹介していきます。

姿勢が変化する

背中スイッチが発動する原因として、姿勢の変化が考えられます。ママやパパは、慎重に赤ちゃんを布団に寝かせるように試みます。しかし、赤ちゃんは姿勢の変化に敏感です。

抱っこしている時には、赤ちゃんの背中はまるまっています。この状態は、赤ちゃんにとってはママのお腹の中にいるときの姿勢と同じであるため、とても安心することができるのです。しかし、布団に置くと赤ちゃんの背中は伸びてしまいます。

急に姿勢が変わることに驚き、背中スイッチが発動してしまうのです。

温度が変化する

背中スイッチの発動は、赤ちゃんの周辺の温度変化も原因とされています。抱っこして寝かしつける際に、赤ちゃんはママやパパのぬくもりを感じながら眠りにつきます。人の体温はとても温かいですよね。急に冷たい状態の布団に置くと、赤ちゃんにとって予期せぬ温度変化が起こります。

温度差が大きければ大きいほど、眠っていても気が付いてしまいます。布団が冷たく温度変化が大きいと、背中スイッチが発動します。

睡眠が浅い

背中スイッチの発動には、赤ちゃんの睡眠の浅さも関係しています。人間の睡眠には周期があり、浅い睡眠と深い睡眠を一晩のうちに何度も繰り返しているのです(※1)。大人でも、浅い睡眠時は目覚めやすいですし、深い睡眠時に起きようとしてもなかなか目が覚めないことはありますよね。

寝かしつけの時は、赤ちゃんの眠りを確認できたら布団に寝かせますよね。しかし、睡眠の周期では眠ってから深い睡眠に入るまで時間がかかります。赤ちゃんにも睡眠の周期があるのです。

抱っこして寝かしつけた後に早めのタイミングで布団に置くと睡眠が浅く、背中スイッチが発動してしまうのです。

(赤ちゃんの睡眠時間については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんはどれくらい寝る?月齢別の平均睡眠時間や特徴!体験談も

背中スイッチ を発動させないための対策は?

背中スイッチを発動させないためには、どのような対策があるのでしょうか。寝かしつけ時に工夫をして、背中スイッチを攻略しましょう。

おくるみを使う

おくるみを使うことは、赤ちゃんが目を覚ますリスクを軽減する効果があります。赤ちゃんは、手や足をびくっとさせる反射があります。物音などに敏感に反応してこの反射が起こるのですが、この反射が原因で眠りが浅くなることがあるのです。

おくるみで包んであげることによってこの反射が起こりにくくなるため、背中スイッチの攻略に一役買ってくれます。締め付けすぎないように気を付けながら、試してみてくださいね。

トッポンチーノを使う

背中スイッチの攻略には、普段からトッポンチーノを取り入れましょう。トッポンチーノとは、小さな楕円形の赤ちゃん用布団のことです。上の画像が実際のトッポンチーノです。クッションやおくるみのような役割もしてくれます。このトッポンチーノで普段から赤ちゃんをくるんで抱っこして過ごしてみましょう。

トッポンチーノを使い寝かしつけた状態で、そのまま布団に一緒に置くことができます。布団の温度も気になりませんし、ママやパパのにおいがついているので、赤ちゃんにとって安心できる環境になりますよ。

(おくるみの巻き方については以下の記事も参考にしてみてください)

おくるみの巻き方!赤ちゃんが安心する包み方を動画で解説!月齢別の使い方も!

頭から置く

赤ちゃんを布団に置くときは、頭から置きましょう。寝かしつけた赤ちゃんを布団に置く際、お尻から置いている人は多いのではないでしょうか。お尻から置いたほうが安定感があるような気がしますよね。しかし、赤ちゃんにとっては、お尻をママやパパに支えてもらうほうが安心するのです。お尻は最後まで支えていてあげましょう。

お尻は最後まで支えた状態で、頭から順番に首、背中とそっと置いていってあげましょう。これだけで、背中スイッチ攻略が期待できます。

布団で寝かしつける

いろいろな対策を試しても、どうしても背中スイッチに悩まされることはありますよね。そんなときには、はじめから布団に赤ちゃんを寝かした状態で寝かしつけてみましょう。

初めは泣くことも多く、寝かしつけに時間がかかることもありますが、布団で眠ることができれば随分楽になります。姿勢が変わったり温度が変わるということがないので、背中スイッチは発動しません。

布団を温める

背中スイッチ対策として、事前に布団を温めておきましょう。布団の温度が原因となって背中スイッチが発動しているのであれば、布団を温めることで寝かしつけはスムーズになるでしょう。湯たんぽや布団乾燥機を使って布団を温めておくといいですよ。

寝かしつけの前の準備が必要になりますが、寝かしつけ時間が短縮できれば、あまり手間には感じないでしょう。

15分以上抱っこする

背中スイッチ対策のために、赤ちゃんが眠った後15分経ってから布団に置きましょう。背中スイッチ発動の原因として、睡眠が浅いときに布団に置いてしまうというものがあります。睡眠サイクルを利用して、睡眠の深い時間に布団に寝かしつけることで、背中スイッチが発動しにくくなります。

大人は眠りはじめから20~60分で深い眠りにつきますが、赤ちゃんの睡眠サイクルはその半分の時間と言われているのです。赤ちゃんは眠ってから10~30分で深い睡眠についているといえます。

15分以上抱っこしてから、ゆっくり布団に置いてみましょう。

負担の少ない抱き方にする

寝かしつけ時に、負担の少ない抱き方にするのもおすすめです。長時間の抱っこはどうしても疲れてしまいますよね。抱っこしている間に疲れてママやパパが体勢を変えることによって、赤ちゃんの睡眠が浅くなる場合があります。

また、負担の少ない抱き方をすることで余裕がうまれます。余裕があれば赤ちゃんが眠ったあとに焦って布団に置くことも少なくなるため、15分以上抱っこできたり、布団を温めるなどの準備ができるのです。

おすすめの抱き方として、まず片方の手の甲をもう片方の手で掴み、腕で輪を作ります。その輪の中に赤ちゃんの脇の下から膝の裏が入るように抱えましょう。そのまま布団に置くこともできる抱き方ですよ。

(赤ちゃんの抱き方については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの抱っこの良い抱き方は?コツや注意点・嫌がる抱き方とは?

背中スイッチに悩まされたママの体験談

30代

主婦

寝かしつけはいろいろ試行錯誤でした。私はベッドに連れていくタイミングを変えていきましたが、最終的には、眠そうだなと思ったらもうベッドに寝かせていました。もちろん完全に眠るまでそばでトントンを繰り返します。上手くいかないときもありましたが、徐々に慣れてくれました。

パート

20代後半

トッポンチーノを使い始めてから、背中スイッチの発動が少なくなりました。それまでは、見事に寝かしつけた瞬間に泣いて、抱っこすると泣き止みの繰り返しだったのですが、トッポンチーノごと布団に置くと、起きる頻度は少なくなりましたよ。もっと早く使えばよかったです。

女性

30代後半

ある程度成長してからは、添い乳して寝てもらってました。布団に横になった状態で寝ることを覚えてくれればそこからは楽になりました。それ以前にはおくるみに活躍してもらいました。お腹の中にいるような姿勢を保てるので、安心感があるみたいです。

背中スイッチの対策はさまざまあり、赤ちゃんによってどの対策が合うか個人差も大きいようです。同じ方法でも「コツをつかんだら上手くいくようになった」という声もあるので、色々な方法を何度か試してみてくださいね。また、成長するにつれて対策を変えていくママも多いでしょう。

背中スイッチの悩みは簡単に解消できる!

背中スイッチは、子育て中のママやパパにとっては大きな悩みです。しかし、同じ悩みを抱えているママやパパが多い分、対策もいろいろと発見されています。赤ちゃんにあった対処法を見つけて、背中スイッチを攻略しましょう。

渡邉恵里

小児科医

背中スイッチのために親御さんが寝不足でずっと抱っこ…となるとストレスも溜まりやすくて大変です。色々な工夫を試して、無理しない子育てをされて下さいね。

関連する記事