哺乳瓶の消毒はいつまでする?必要な時期の目安は?辞める際の注意点も!

赤ちゃんの哺乳瓶は、いつまで消毒するべきなのでしょうか?この記事では、赤ちゃんの哺乳瓶を消毒する必要性をはじめ、いつまで継続するべきなのか、辞める際のコツ・注意点などについてご説明します。また、おすすめの消毒グッズや、みんなの体験談もご紹介しますよ。

目次

  1. 赤ちゃんの哺乳瓶はなぜ消毒が必要?
  2. 哺乳瓶の消毒はいつまでする?時期の目安は?
  3. 哺乳瓶の消毒を辞める際のコツ・注意点
  4. 哺乳瓶以外のおしゃぶり・食器も消毒や煮沸は必要?
  5. 哺乳瓶の消毒グッズは何が人気?おすすめ3選を紹介!
  6. いつまで哺乳瓶の消毒をした?〜ママたちの体験談!
  7. 赤ちゃんの哺乳瓶の消毒は徐々に卒業しよう!

赤ちゃんの哺乳瓶はなぜ消毒が必要?

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒は、忙しいママにとって手間になりがちなものです。日々哺乳瓶の消毒を繰り返すなかで「赤ちゃんの哺乳瓶を消毒しないといけないのはどうして?」と疑問に感じることもあるでしょう。では、なぜ赤ちゃんの哺乳瓶は消毒が必要なのでしょうか?

赤ちゃんの哺乳瓶を消毒しなければならないのは、抵抗力・免疫力の低い赤ちゃんを雑菌から守るためです。新生児の赤ちゃんはママからの免疫を受け継いではいますが、腸内にはまだ雑菌に対抗できる常在菌がいません。そのため、非常に抵抗力が低い状態です。また、ママの免疫から赤ちゃん自身の免疫に切り替わって以降も、まだその機能は完全とは言えません(※1)。

哺乳瓶の消毒前には一度専用の洗剤・スポンジを使用して、哺乳瓶の容器や乳首、キャップなどの手洗いをしておきます。そして、沸騰させた熱湯での煮沸消毒・漬け置きができる薬液を使った消毒・専用の容器を使う電子レンジ消毒といった方法で、しっかりと哺乳瓶の消毒をおこないましょう。

(哺乳瓶については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない・拒否する原因は?嫌がる際の克服・対策法を紹介!

哺乳瓶の消毒はいつまでする?時期の目安は?

哺乳瓶を使っている間は「いつまで哺乳瓶の消毒が必要なの?」といったことも気になりますよね。ここでは、赤ちゃんの哺乳瓶を消毒するのはいつまでなのか、また消毒を辞める時期の目安などについてご説明します。「哺乳瓶の消毒の辞めどきが分からず悩んでいる」というママは、ぜひ参考にしてみてください。

哺乳瓶を消毒すべき時期は?

哺乳瓶を消毒すべき時期は、特に赤ちゃんの免疫機能が未熟な新生児期~生後4ヶ月頃です。哺乳瓶を使って温めたミルクや母乳を赤ちゃんに与えている場合は、雑菌が哺乳瓶に繁殖しやすい状態になっています。雑菌がミルクや母乳と一緒に赤ちゃんの体内へ入り込まないよう、生後4ヶ月頃までは哺乳瓶をしっかりと消毒するようにしておきましょう。

いつまで哺乳瓶の消毒が必要?

「いつまで哺乳瓶の消毒が必要なのか」ということについては、明確な決まりがあるわけではありません。そのため、哺乳瓶の消毒を辞めるタイミングはママの判断にゆだねられます。また、記事の後半で哺乳瓶の消毒を辞めた時期に関するママたちの体験談をご紹介していますので、ぜひそちらにも目を通してみてくださいね。

哺乳瓶の消毒を辞める時期の目安

女性

30代前半

哺乳瓶の消毒って、赤ちゃんが指しゃぶりしたりおもちゃをなめたりし始めたら辞めても良いと思う…。おもちゃや指に雑菌が付いてたら、哺乳瓶だけきれいにしたって意味ないよね?赤ちゃんの周りにあるものすべて消毒してたらキリないよ。

哺乳瓶の消毒を辞める時期の目安は、雑菌に対する抵抗力が赤ちゃんについてくる生後5~6ヶ月頃であるとされています。離乳食をスタートさせるタイミングがちょうどこの時期にあたるため「離乳食が始まったのを機に、哺乳瓶の消毒を辞めた」というママも多いものです。

また、体験談にもあるように「指やおもちゃをなめるようになったら、哺乳瓶を消毒する意味がない」といった考えを持っているママも少なくありません。

完全ミルク育児ではミルク卒業まで消毒するのもあり

先輩ママ(妊活経験有)

30代後半

わたしは完ミだったから、結局ミルクを卒業するまでずっと哺乳瓶の消毒してたな。消毒のやり方も専用の容器使って電子レンジに入れるだけで、煮沸消毒や薬での消毒に比べたら楽だったし。哺乳瓶の消毒が生活の一部になっちゃってた。

ミルクのみで育児をしている場合、消毒の作業を負担に感じなければミルクを卒業して哺乳瓶を使わなくなるまで消毒を続けても、もちろん問題はありません。ミルクの残りかすは雑菌の温床になりがちなので「手洗いだけではどうしても不安が残ってしまう」というママも多いでしょう。

(ミルクについては以下の記事も参考にしてみてください)

粉ミルクはいつまで必要?卒乳・断乳の開始時期の目安は?進め方のコツも紹介!

赤ちゃんの体調や季節によって消毒が必要な場合も

赤ちゃんが雑菌への抵抗力がついてくる月齢であっても、赤ちゃんの体調や季節によって哺乳瓶の消毒が必要になる場合もあります。赤ちゃんが体調を崩しているときや、雑菌が繁殖しやすくなる夏場・梅雨の時期には再度哺乳瓶の消毒をおこなうと安心です。

1度消毒を辞めたからといって、それ以降まったく消毒をする機会がないわけではないことを頭に入れておきましょう。

哺乳瓶の消毒を辞める際のコツ・注意点

ここからは、哺乳瓶の消毒を辞める際のコツ・注意点についてご説明します。「消毒を辞める時期はわかっているけど、いざ辞めるとなるとなかなか踏み切れない」というママは、ぜひこちらを参考にすると良いでしょう。

消毒を辞めるのは赤ちゃんの体調が良いときに

女性

20代前半

お腹壊しちゃいそうだから、哺乳瓶の消毒がなかなか辞められなくて。やっぱり赤ちゃんが健康なときに辞めるべきだよね。上の子が病気もらってきがちな冬場を乗り越えてからにしよう…。

哺乳瓶の消毒は、赤ちゃんの体調が良く落ち着いているときに辞めるようにしてみましょう。いきなり消毒を辞めてしまうのではなく、徐々に消毒回数を少なくしていくかたちで進めてみてくださいね。

また、赤ちゃんのお腹の調子が悪いときは、全快するまで見送ることをおすすめします。哺乳瓶についた雑菌の影響で、症状が改善しづらくなったり悪化したりする可能性も否定できません。

(赤ちゃんのお腹の調子については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児のうんちの回数や色は?便が水っぽい時の体調はどうなの?

夏場や梅雨時は消毒の卒業を見送る

夏場や梅雨時は消毒の卒業を見送るようにすることも、哺乳瓶の消毒を辞める際の注意点のひとつです。先ほども触れたように、夏場や梅雨時は雑菌が繁殖しやすい状態になります。赤ちゃんの健康のことを考えて、雑菌が繁殖しにくい時期に哺乳瓶の消毒の回数を減らしていくようにすると安心です。

保管容器などにも水気が残ったままにしておくと、カビが生えやすくなるので注意しておいてくださいね。気温も湿度も高い時期は、これまで以上に哺乳瓶の管理に注意を払っておきましょう。

消毒を辞めても使用後はしっかり洗う

哺乳瓶の消毒を辞める際の注意点としては、消毒を辞めても哺乳瓶の使用後はしっかりと洗うことが挙げられます。哺乳瓶の消毒の卒業は、使用後に哺乳瓶をきれいに洗っていることが大前提です。雑菌を繁殖させないためにも使用後の哺乳瓶はすぐに洗うか、水に漬け置きしておくと良いでしょう。

また、ミルクのかすが残りやすい哺乳瓶や乳首の溝などは、専用のブラシで洗うことをおすすめします。手洗いの際には、溝の部分にも注意しながら洗うようにしてみてくださいね。

使用前に哺乳瓶を軽くすすぐ

先輩ママ

30代後半

哺乳瓶の消毒はもう辞めたんだけど、洗った後に乾かしてる間にも菌がついちゃってるような気がして。まだ哺乳瓶使う前には、一応熱湯で軽くすすぐようにしてるよ。もうすぐ娘も11ヶ月だから、さすがに気にしすぎってよく言われる。

ママが気になるようであれば、事前に哺乳瓶を軽くすすいでから使用しても良いでしょう。体験談にもあるように、消毒も兼ねて熱湯ですすぐのもおすすめです。熱湯でのすすぎの際には、火傷に気を付けてくださいね。

哺乳瓶以外のおしゃぶり・食器も消毒や煮沸は必要?

赤ちゃんの口に直接触れるものといえば、哺乳瓶以外にもおしゃぶり・離乳食で使用する食器がありますよね。これらのものにも、哺乳瓶と同様に消毒が必要なのでしょうか?

まずおしゃぶりについてですが、赤ちゃんの免疫力のことを考えると生後4ヶ月頃までは哺乳瓶と同様に消毒が必要であると言えます。煮沸・薬液消毒が可能なおしゃぶりであれば、哺乳瓶と一緒に消毒をすませると良いですね。赤ちゃんが指やおもちゃをなめるようになってきたら、おしゃぶりも少しずつ消毒の回数を減らすようにしてみましょう。

離乳食で使用する食器に関しては、基本的には洗剤での手洗いのみで問題ありません。ただ、生肉・生魚を調理する際に使う包丁やまな板は、雑菌の繁殖を防ぐために使用後の消毒をおすすめします。ママにとって負担にならないのであれば、離乳食用の調理用具は大人用のものと分けておくと良いでしょう。

女性(妊活経験有)

20代後半

4ヶ月頃まではおしゃぶりも消毒してたよ。母乳とミルクの混合だったから、哺乳瓶セットとまとめて電子レンジ消毒してた。自分で持って投げたり落としたりするようになってからは、その都度除菌シートで拭くだけですませてる。

先輩ママ

30代前半

離乳食作りで使う食器って、みんなどうしてるの?わたしは一応食器は除菌効果がある洗剤で洗うようにはしてる。火を通す料理がほとんどだから、包丁とまな板もお肉とお魚を切ったときだけ消毒してるよ。基本は熱湯消毒で、キッチン用の漂白剤使うときもある。

先輩ママたちのおしゃぶりや離乳食の食器や調理用具の消毒に関する体験談です。「おしゃぶりは汚れが気になるときに除菌シートで拭く」「離乳食用の食器は除菌作用のある洗剤を使って洗う」といった先輩ママたちのアイデアも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(離乳食で使う食器や容器については以下の記事も参考にしてみてください)

100均で買える離乳食グッズ25選!ダイソー・セリアなど!製氷皿や保存容器など!

哺乳瓶の消毒グッズは何が人気?おすすめ3選を紹介!

ここで、哺乳瓶の消毒グッズのおすすめ3選をご紹介します。煮沸消毒・薬液消毒・電子レンジ消毒のそれぞれに役立つ商品が揃っていますので、ぜひ目を通してみてくださいね。「これまでとは違った消毒方法に切り替えたい」と考えているママも必見ですよ。

1. コンビ 除菌じょ~ずα

除菌じょ〜ずα カスタードYE コンビ
2,155円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

電子レンジでの哺乳瓶の消毒を考えているママには、コンビの「除菌じょ~ずα」がおすすめです。きれいに洗った哺乳瓶や乳首、キャップなどを容器に入れ、規定量の水を注いで電子レンジで5分温めるだけで消毒できます。また、消毒後は容器内に溜まった水分をしっかり切れば、そのまま哺乳瓶を保管しておくことも可能です。

使用可能な電子レンジは出力が500~700Wで、大きさが幅26.5cm以上×奥行26.5cm以上×高さ13.0cm以上のものになります。もちろんフラットタイプの電子レンジでも使うことができますよ。ばらつきやすい乳首・キャップをまとめて入れられる小物用ケースが付属しているのも嬉しいポイントです。

楽天レビュー

★★★★★

哺乳瓶を4本購入して夜間、日中使ったのを一気に消毒してます。
物を舐めだしたら哺乳瓶消毒はいらないといいますが、普通に洗剤で洗って乾かす労力とスペースを考えるとこちらを使用し続けるのが簡単だなと思います。

サイズ 幅253mm×奥行き125mm×高さ205mm
素材 ポリプロピレン
重量 570g

2. チュチュベビー つけるだけタブレット

チュチュベビー つけるだけ タブレット(24錠入)
624円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

薬液を使った哺乳瓶消毒を検討しているママにぴったりなのが、チュチュベビーの「つけるだけタブレット」です。水2リットルに薬剤を1錠入れるだけで、簡単に薬剤が完成しますよ。洗っておいた哺乳瓶や乳首などを1時間以上漬け置きしておけば消毒は完了です。1度作った薬液が24時間有効なのも嬉しいですね。

また、こちらは軽量なタブレットタイプで持ち歩きやすいところも魅力のひとつです。旅行やママの実家へのお泊まりの際にも活躍してくれることでしょう。

楽天レビュー

★★★★★

簡単ポン!
ほ乳瓶や搾乳器の消毒に利用しています。
水の中にポンと入れるだけなので、面倒くさがりの私でも簡単に続けることができています。

使用料の目安 水2リットルに対し1錠
成分 ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム(1錠中に500mg)・発泡剤(コハク酸、炭酸水素ナトリウム)・安定化剤(炭酸ナトリウム)
内容量 24錠入り

3. ピップベビー 哺乳びんハサミ

ピップベビー 哺乳びんハサミN
667円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「煮沸消毒や電子レンジ消毒をした後の、熱い哺乳瓶を取り出すのが大変」「哺乳瓶を消毒する薬液に触れたくない」というママにおすすめしたいのが、ピップベビーの「哺乳びんハサミ」です。消毒薬液はもちろん、煮沸消毒用の沸騰したお湯に付けても問題ありません。

こちらのハサミの先端には滑りにくい素材の樹脂が付いており、哺乳瓶や乳首、キャップも安心して掴むことができますよ。また、瓶タイプの離乳食やベビー向けドリンクのふた開け機能があるのもママに嬉しいポイントです。

Amazonレビュー

★★★★★

挟む部分がカーブ状になっており、とても持ちやすくガラス哺乳瓶でもしっかりくわえてくれます。
大きく開くだけで2つのパーツに分解でき、しっかり洗えるのでいつも清潔に扱えます。
離乳食の時期になったら瓶のフタオープナーとしても使え、育児期にとても重宝する製品です。

サイズ 幅106mm×奥行き18mm×高さ290mm
素材 結晶性ポリスチレン(刃部)・熱可塑性エラストマー  (先端部・フタ開け部)
内容量 1個

いつまで哺乳瓶の消毒をした?〜ママたちの体験談!

「哺乳瓶を使っていた先輩ママたちは、実際いつまで消毒を続けていたんだろう?」と気になっているママもいるでしょう。そこで最後にご紹介するのが、先輩ママたちがいつまで哺乳瓶の消毒をしたのかに関する体験談です。哺乳瓶の消毒をいつまで続けるべきか悩んでいるママは、ぜひこちらの体験談も参考にしてみてくださいね。

女性

20代前半

いつまで哺乳瓶の消毒すれば良いのかな?って思って、児童館でママ友に聞いてみた。5ヶ月半とか6ヶ月で離乳食が始まったら辞めたっていうママが多かったから、わたしもそうした。毎日しなくなってからも、月1でしてるってママもいたよ。

先輩ママ

30代前半

いつまで続けようかな?と思いながらなかなか辞められずにいた哺乳瓶の消毒。お祝いや差し入れでいただいてた大量の消毒タブレットがちょうどなくなったのを機に辞めた。7ヶ月も続けることなかったんだろうけど、消毒用の容器もいただいてたから、使わないともったいないかなって。

女性(妊活経験有)

20代後半

初めての子育てだから、育児本を参考にしてる。哺乳瓶の消毒もいつまでやるものか悩んでたけど「新生児期が終わったタイミングで辞めてOK」って書いてたから、生後1ヶ月を過ぎたところで辞めたよ。煮沸消毒がすごいストレスだったから、楽になったー!

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒を「離乳食が始まる5ヶ月半や6ヶ月頃に辞めた」「消毒剤がなくなったタイミングで辞めた」といったママの体験談です。「新生児期を過ぎた生後1ヶ月で辞めた」というママもいます、免疫が未熟な生後4ヶ月以前に辞める場合には赤ちゃんの体調にしっかりと気を配っておいたほうが良いでしょう。

赤ちゃんの哺乳瓶の消毒は徐々に卒業しよう!

この記事では赤ちゃんの哺乳瓶の消毒がいつまで必要なのかや、辞める際の注意点などについてご説明しました。赤ちゃんの哺乳瓶の消毒においては、いつまで続けるべきかという明確な決まりはありません。赤ちゃんの体調や季節柄を考慮しつつ、徐々に哺乳瓶の消毒から卒業していきましょう。

関連する記事