2歳児をすぐに寝かしつける方法!寝ない原因や、役立つグッズ&テクニックを多数紹介!

2歳児はイヤイヤ期のピークでなかなか寝ない子も多く、多くのママが苦労する時期です。今回は2歳児が寝ない原因や、ママの悩み、すぐに寝かしつける方法を解説します。また、寝かしつけに疲れた時の対処法や、役立つグッズも紹介します。

目次

  1. 2歳児が寝ない原因は?
  2. 抱っこが辛いなど、2歳児の寝かしつけでのママの悩みは?
  3. 全然寝ない2歳児の子どもをすぐに寝かしつける方法
  4. 2歳児の寝かしつけに疲れた時の対処法
  5. 2歳児の寝かしつけに役立つグッズを紹介!
  6. 2歳の子どもの寝かしつけは難しい!

2歳児が寝ない原因は?

子どもも2歳になると、自我も芽生え、大人の言っていることも理解し出して急に成長したように感じますよね。しかし、子どもの成長を嬉しく思う反面、2歳児の子育てには苦労しているというママは多いのではないでしょうか。特に寝かしつけに頭を抱えているママは多いですよね。ここでは、まず2歳児が寝ない原因を詳しくみていきましょう。

自我が強くなる

2歳児は「魔の2歳児」という言葉もあるように、自我が強くなるイヤイヤ期のピークです。もっと遊びたい、テレビが見たい、まだ寝たくないという欲求がとても強くなり、自分でも抑えるということができません。自分の気持ちをまだ言葉で上手く表現することができないので、泣き叫んでヒステリーを起こすようになる子どもに手を焼くママも多いでしょう。

(2歳のイヤイヤ期については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳のイヤイヤ期の対処法10選!絶妙な叱り方や逆効果な対応も…!

寝ることに恐怖を感じる

2歳になると、色々な知識も増え、絵本やテレビの影響で想像力もどんどん豊かになってきます。そんな中で、暗い部屋の中で寝ることに恐怖を感じて眠れなくなる子がいます。怖い夢を見るかもしれない、寝ている間にママがいなくなるかもしれない、という不安な気持ちが寝ない原因になっているのです。そんな場合は、ママは子どもの不安を取り除いてあげましょう。

体力がついてくる

2歳になると、1歳の頃とは比べものにならないくらい体力がついてくるということも寝ない原因のひとつです。1歳の時と同じ生活リズムを続けていたのでは、当然就寝時間になっても体力が有り余ってなかなか寝付いてくれなくなるでしょう。

2歳になって急に寝かしつけに時間がかかるようになったという場合は昼間の過ごし方を工夫する必要があります。お昼寝を短くする、体を使って遊ぶなど、色々試してみてくださいね。

寝る直前までテレビを観ている

寝る直前にテレビやスマホなどのライトを見せてしまうと、目が冴えたり、頭が興奮してしまってなかなか寝てくれなくなります。寝る直前は、なるべく静かにゆったり過ごし、テレビなどを観せるのは控えるようにしましょう。

YOTSUBA専属ライター

(30代前半)

娘が2歳の頃、毎日寝かしつけに2時間以上かかっていました。そこで、試しに寝る直前まで見せていたテレビをやめたところ、急に寝つきがよくなったのです。つい家事をしている間にテレビを見せてしまいがちになりますが、今は寝る直前は絵本を読んだり子どもと遊ぶようにしています。

やはり、子どもが寝ない原因のひとつにテレビの影響も考えられます。子どもを興奮させないよう、就寝前は静かに過ごすことをおすすめします。

抱っこが辛いなど、2歳児の寝かしつけでのママの悩みは?

2歳児の寝かしつけに苦労しているママはたくさんいます。ここでは、2歳児の寝かしつけでのママの悩みを具体的に紹介していきます。

抱っこでしか寝ない

赤ちゃんの頃からの習慣で、2歳になっても抱っこをしていないと寝ないという子どももいます。赤ちゃんの頃に比べると体重も増え、2歳の子どもを抱っこで寝かしつけているママは体力的にも辛いですよね。ママ自身が体力的に辛い時は、横になって子どもを抱きしめたり、お腹の上に子どもを寝かせるラッコ寝などを試してみましょう。

今は抱っこでしか寝なくても、幼稚園に行き始める頃にはほとんどの子どもが抱っこせずに寝てくれるようになります。

先輩ママ(妊活経験有)

(20代後半)

子どもが2歳半になるまでずっと抱っこで寝かしつけていましたが、が妊娠したことをきっかけに抱っこでの寝かしつけをやめました。しばらくは泣いて大変でしたが、1週間経つ頃には添い寝で眠ってくれるようになりました。

この方のように、下の子を妊娠すると抱っこで寝かしつけというのも難しくなってきます。早い段階で、抱っこでの寝かしつけをやめて他の寝かしつけ方法にかえるようにしましょう。

時間がかかりすぎる

寝かしつけに時間がかかり、ついイライラしてしまうという悩みを持つママも多いです。仕事や家事などをやり残している時は、子どもがなかなか寝てくれないとイライラしてしまいますよね。しかし、子どもはママが早く寝かしつけようとイライラしていると、余計に寝てくれないものです。寝かしつけは、なるべく穏やかな気持ちで行うようにしましょう。

日本小児保健協会の調査によると、2歳児が最も就寝時間が遅く、4歳になると21時頃には就寝するようになる子どもが多いという結果がでています(※1)。一時的なものだと割り切ることも大切です。

離れると起きる

ようやく寝たと思ったのに、離れた瞬間に起きてしまうという子どももいます。ママが就寝するまでの間に何度も子どもを寝かしつけなければならず、なかなか家事もはかどらないというママも多いのではないでしょうか。しかし、2歳の子どもの多くは一度目が覚めてしまうと、ママに寝かしつけてもらわないと再入眠することができません。

ママの代わりにぬいぐるみなどを一緒に置くというのも、目覚めにくくなるひとつの方法になるでしょう。

寝かせようとすると泣く

今までご機嫌だったのに、いざ布団に入って寝かしつけようとすると大泣きして困っているというママもたくさんいます。2歳になると、好奇心も旺盛になり、色々な遊びが楽しくて仕方ない時期でもあります。まだ遊んでいたいのに、無理やり寝かしつけられるのがイヤで泣いてしまうのでしょう。

そんな時は、怒らずに「また明日遊ぼうね」と穏やかに言い聞かせるといいですね。

(2歳児の夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の夜泣きの原因は?対処法はある?もしかして夜驚症?体験談も

全然寝ない2歳児の子どもをすぐに寝かしつける方法

では、全然寝ない2歳児をどうやって寝かしつければいいのでしょうか。ここでは、子どもをすぐに寝かしつけるおすすめの方法をご紹介します。なかなか寝ない子どもの寝かしつけに手を焼いているママはぜひ試してみてくださいね。

入眠儀式をつくる

就寝時間になってもなかなか寝ない子どもには、入眠儀式をつくってそれを習慣化しましょう。なんでもいいので「これが終わったら寝る」ということを子どもに覚えてもらうのです。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、少しずつ子どもも理解して早く眠りについてくれるようになります。

決めた入眠儀式が終わったあとは「おやすみ」で締めくくり、子どもに遊ばせたりしないようにして寝る態勢に入りましょう。ママが相手をしてくれないと分かれば子どももそのうち諦めるはずです。絵本を読んだり、静かな音楽をかけたり、子どもに合った入眠儀式を見つけてみてくださいね。

(寝かしつけに人気の音楽については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの寝かしつけに人気の音楽・動画17選!寝かしつけにも!

生活リズムをルーティン化する

子どもをすぐに寝かしつけるには、睡眠のリズムを整えあげることが必須です。そのためには、まず生活リズムをルーティン化させ、絵本やイラストを用いて視覚的に覚えてもらいましょう。

まず、起床時間、ご飯の時間、お昼寝の時間、お風呂の時間、寝る時間を決め、大体でいいので毎日なるべく同じ時間に行うようにしてみましょう。そして、その一日の流れを絵本やイラストなど子どもが楽しく見ることができるようにします。この順番でやる、ということを覚えると自然と子どもの中で生活リズムも整い、睡眠のリズムも出来上がってきます。

イヤイヤ期の子どもは自分の思い通りにならないと癇癪をおこしてしまうので、子どもが楽しく一日の流れを覚えることができるように工夫するようにしましょう。

先輩ママ(体外受精経験有)

(30代後半)

1歳頃から、起床、食事、お昼寝、お風呂、就寝時間を毎日ほぼ同じ時間にしています。そのためか、うちの子は夜20時にベッドに入ると10分程度で眠ってしまいます。やはり生活リズムを整えてあげることが大切です。

寝つきが良い子どもは、小さい時から生活リズムが整っていることが多いです。なかなか大変ですが、子どもが小さい時からママが生活リズムを整えてあげることが、後々ママのためにも子どものためにもなります。

(2歳児の睡眠時間については以下の記事も参考にしてみてください)

2歳児の睡眠時間の理想は?平均は?ママも楽になる生活リズムの整え方も!

スキンシップを大切にする

寝る前に子どもとたくさんスキンシップをとることも、子どもをすぐに寝かしつけるために効果的だと言われています。ママやパパとたくさんスキンシップをとることで、子どもはリラックスして寝ることができるのです。スキンシップの方法は何でもかまいません。

頭をそっと撫でてあげたり、子どもの胸や背中をトントンと一定のリズムで叩いてあげたり、子どもが一番落ち着く方法を見つけてあげましょう。

昼間は家事や仕事でなかなかスキンシップをとる時間がないママやパパにとって、寝る前の子どもとのスキンシップはとても大切な時間です。イライラせずに、子どもがリラックスして寝ることのできる環境を作ってあげるようにしましょう。

寝たふりをする

絵本を読んでも、スキンシップの時間をしっかりとっても子どもが寝ない時もありますよね。そんな時はママが寝たふりをするのも効果的です。だらだらと子どもの相手をしていると、遊ぶスイッチが入って興奮状態になり、眠るどころかどんどんエスカレートしてしいまいます。

一旦布団に入ったら、子どもが騒いでいたとしても相手をせず、寝たふりをしてみましょう。ママやパパが相手をしてくれなくなると、はじめは泣いてしまうかもしれませんが、そのうち勝手に眠ってくれるようになるはずです。

子どもをしっかりと見ていないと不安な場合は、子どもに気づかれないよう薄目で見守るようにしてみてくださいね。

2歳児の寝かしつけに疲れた時の対処法

子どもを寝かしつけるために色々な方法を試してみてもなかなか寝てくれないこともあるでしょう。そんな時はママもストレスが溜まって疲れてしまいますよね。ここでは、2歳児の寝かしつけに疲れた時の対処法をご紹介します。

寝かしつけず放置する

子どもがひとりで勝手に眠るまで放置するというのは、欧米では一般的な寝かしつけ方法です。これを実践するのも寝かしつけに疲れたときのひとつの対処法です。どんなに泣いても、子どもを一人でベッドに寝かせてママは部屋から出ていき、子どもが寝るまで放置します。

慣れるまでは1時間以上泣く子どももいますが、放置するということを繰り返すうちに、一人で上手に眠ることができるようになっていきます。日本では「子どもが大泣きしているのを放置するなんてかわいそう」という考えが大多数のために放置することは受け入れがたいかもしれません。

しかし、一人で眠れることは子どもにとっても良いことだと割り切って試してみてはいかがでしょう。

先輩ママ(人工受精経験有)

(30代後半)

子どもがちょうど2歳の頃、寝かしつけに苦労していました。そこで、ネントレを決意して子どもが泣いても放置するという方法を試しました。初めは2時間近く泣き続けていましたが、少しずつ泣く時間も短くなり、1ヶ月後には一人ですっと眠ってくれるように。試してみて良かったです。

大泣きしている子どもを放置することに抵抗を感じるママは多いでしょう。しかし、一人で眠れるようになることはママにとっても子どもにとってもメリットがあります。寝かしつけが辛いというママは試してみてくださいね。

パパに任せる

なかなか子どもが寝てくれずママが疲れてしまった時は、パパに寝かしつけを代わってもらいましょう。寝かしつけはママでないと嫌がって泣く子どもは多いかもしれません。しかし、それも最初のうちだけで子どもも少しずつ慣れていきます。

パパに寝かしつけを代わってもらうことができれば、ママはその間に家事を片づけたり、休憩することができます。平日はパパの帰りが遅い場合は、週末だけでもお願いするようにしてみましょう。

子どもが眠くなるまで付き合う

子どもが眠くない時に無理に寝かせようとしても、無駄に時間ばかりかかってしまってストレスが溜まってしまいます。そんな時は、一旦寝かしつけをすることを諦めてみましょう。まだ遊びたいというなら遊ばせておき、ママは家事をしたり自分のやりたいことをしましょう。

睡眠時間が短くなることが心配になるかもしれませんが、今は寝ない時期だと割り切ってしまいましょう。睡眠のリズムがしっかりできてくれば自然と早く寝るようになります。

(魔の2歳児については以下の記事も参考にしてみてください)

「魔の2歳児」とは?パターン別イヤイヤ期の対処法と育児のコツは?

2歳児の寝かしつけに役立つグッズを紹介!

毎日寝かしつけに苦労しているママは、少しでも楽に寝かしつけがしたいですよね。ここでは、そんなママのために2歳児の寝かしつけに役立つグッズをご紹介します。

ディズニーキャラクターズ 天井いっぱい!!おやすみホームシアター

ディズニーキャラクターズ 天井いっぱい!!おやすみホームシアター
7,970円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

このホームシアターは、天井いっぱいにディズニーキャラクターの映像がディズニーの音楽とともに映し出されます。なかなか布団に寝転がってくれない子どもも、自分から寝転がってくれるようになります。投影面積も広く、LED搭載で、鮮やかな映像を家族みんなで楽しむことができますよ。

Amazonレビュー

★★★★★

いやいや期で、毎日リビングで寝るといって聞かなかったのですが、こちらを購入してから、「今日はミッキーみる」「今日はプーさん見る」と言いながら、はりきって寝室へ向かっています。本当に助かっています!!
もっと子供が知っている有名な曲がたくさん入っていたら、より良いかなと思います。

サイズ220x190x140mm
セット内容本体、ディスク2枚、取扱説明書
メーカータカラトミー

おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)

おやすみなさいおつきさま (児童図書館・絵本の部屋)
1,296円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

まだ眠りたくない主人公の子ウサギが、眠りにつくまでに部屋の中にある色々なものに「おやすみなさい」と告げていき、眠りつくというストーリーの絵本です。温かい色使いと綺麗な絵で、最初は明るかった部屋がページをめくるごとに段々と暗くなっていくという仕掛けも施されていて、子どもを眠りへと誘ってくれます。

Amazonレビュー

★★★★★

うさぎの子供が眠りにつくまで、部屋中のいろんなものに、おやすみなさいと告げていくストーリーです。この絵本は色使いがとても素敵です。なんともいえぬ温かい気持ちになれる色使いなのです。2歳の息子に初めてこの絵本を読んだら、「おやすみ おつきさま」のフレーズが気にいったらしく、早速、眠る前にも「おやすみ おつきさま」「おやすみおへや」と言っていました。いつもは、1冊を読み終えると「もっと、読んで、もっと」と何冊もせがむ息子ですが、この本は少し違いました。だんだん、ゆっくりとフェードアウトするように読んであげると、眠らなきゃという気持ちになれるようで、読み終わったときに電気が消しやすい絵本でした。大人が読んでも素直な気持ちになれる絵本だと思!います。

サイズ20.2 x 17.2 x 1.2 cm
ページ数36ページ
出版社評論社

クラウドビー アクアタートル

クラウドビー アクアタートル
5,940円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アメリカの小児科医と睡眠専門セラピストが共同開発した、子どもを寝かしつけるためのお役立ちグッズです。海の色の優しい光と癒しの音楽で、子どもを質の良い睡眠へと誘導してくれるでしょう。大人が使っても癒し効果を得ることができるので、長期間使用することができますよ。

Amazonレビュー

★★★★★

二回目の購入です。
双子の赤ちゃんのネントレに買いました。
使用してみると母や妹が欲しいということで、再度購入しました。子どもも大人も癒されます。
赤ちゃんも2ヶ月くらいから使用していますが、6ヶ月の今も、寝る前に不思議そうに見とれながら、寝ています。キレイで音もいいし、大満足です。

サイズ約31cm x22cm x9cm
ブルー
素材ポリエステル
ブランド名cloud b クラウドビー

ベビースリープ

AMOMA ベビースリープ 10ml
1,699円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

寝かしつけのためのアロマオイルです。授乳しても、抱っこしてもなかなか寝ない子どもにぜひ試してみましょう。ブランケットや枕に垂らして使用します。ふんわりと香るラベンダーの優しい香りに包まれて、ママもも子どももリラックスして眠ることができます。寝かしつけの時だけでなく、夜泣きにも効果が期待できますよ。

Amazonレビュー

★★★★★

1歳になったばかりの娘の夜泣き対策で購入しました。あくまでもアロマなのであまり期待せず、もし効果があったらラッキーくらいに考えていたのですが、夜中3回起きていたのが2回になり、しかも授乳しないで背中トントンだけで寝付いてくれることも増えてとても助かっています。あと、親が寝落ちしてしまうことが増えました笑。香りについては個人の好みにもよるかもしれませんが、ラベンダーの香りが好きな私にはとても合っていました。ラベンダーより甘さを抑えた爽やかな感じで、3歳の上の娘も気に入っています。私、上の子、下の子それぞれの枕元に1滴ずつ垂らすと部屋中にふんわり香ります。

内容量10ml
内容成分ベルガモット(果皮)・ラベンダー(花穂)・クラリセージ(花・葉)
添加物100%植物性ナチュラルオイル、合成香料・着色料・保存料・防腐剤無添加

2歳の子どもの寝かしつけは難しい!

2歳の子どもは、自我が芽生えてイヤイヤ期もピーク、睡眠リズムもしっかりとできていないために寝かしつけに最も苦労する時期です。毎日寝かしつけのたびに抱っこしたり、何時間もかかってしまうと、精神的にも体力的にもママに負担がかかりすぎてしまいます。そんな時はパパに協力してもらったり、寝かしつけグッズを試してみるなど工夫してみましょう。

成長するにつれて睡眠のリズムもできあがり、一人でも子どもは上手に眠ることができるようになります。原因もなく寝ない時は、ママの割り切りも大切です。いずれ寝てくれると割り切り、ストレスを溜めないようにしてくださいね。

関連する記事