離乳食2ヶ月目の進め方は?量・固さ・時間を実際のスケジュール&メニュー実例で解説!

【医師監修】離乳食2ヶ月目の2回食の量・固さ・時間など進め方を徹底解説します。離乳食2ヶ月目の2回食のタイムスケジュールやメニューの実例、進めるポイント・注意点や、食べない時の対処法は必見です。先輩ママの体験談も参考にしてみてくださいね。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 離乳食2ヶ月目は2回食を始めるタイミングは?
  2. 離乳食初期2ヶ月目の量・時間など、進め方は?
  3. 離乳食2ヶ月目の1日のタイムスケジュール
  4. 離乳食2ヶ月目のメニュー実例
  5. 離乳食2ヶ月目のポイント・注意点
  6. 離乳食2ヶ月目に赤ちゃんが食べない時はどうする?
  7. 離乳食2ヶ月目は赤ちゃんの様子を見て進めよう!

離乳食2ヶ月目は2回食を始めるタイミングは?

離乳食の2ヶ月目となると、月齢6ヶ月から7ヶ月頃という赤ちゃんが多いでしょう。この頃には食べ物を口の中で潰せることが多くなり、2回食へと切り替えます。(※1)丸呑みしている場合は2回食の時期が早いでしょう。適切なタイミングを見つけて離乳食をステップアップしていきましょう。

離乳食初期2ヶ月目の量・時間など、進め方は?

そろそろ口の中で食べ物を潰せている様子が見えてきたら、離乳食のスケジュールを見直す時期と言えるでしょう。気になる離乳食2ヶ月目の量ですが、大さじ2~3杯を目安にあげます。また、食事の時間は4時間以上空けることを目標にしましょう。決まった時間に食事をする習慣づけることも大切です。それでは以下から、離乳食2ヶ月目の進め方を詳しく見ていきましょう。

食材の量の目安・増やし方

お粥は大さじ3~5杯を7倍粥と呼ばれる位の固さにしてあげます。また、この時期の野菜・豆腐などの量は大さじ2~3杯です。しかしこれらの量はあくまでも一般的な量なので、成長に合わせて食べられる量を調節しましょう。

食材・お粥の固さの目安

10倍粥から始まる離乳食ですが、2ヶ月目になると7倍粥まで固さが変わります。7倍粥を作るコツは大さじ1のお米に対して水が大さじ7と覚えましょう。お米の粒が少し立つ程度のお米の固さまで調節します。火を使わない簡単な7倍粥の作り方は、耐熱皿にレンジで7倍粥になるまで温める方法です。

また、この頃には鶏ひき肉を使ったレシピも食べられるようになります。あわせて栄養が豊富なにんじん・ほうれん草などを食べ始めましょう。にんじんならみじん切りにしたものを沸騰したお湯で茹でてすり潰します。離乳食の食材の固さの目標は豆腐くらいを目安にしましょう(※1)。

2回食をあげる時間帯

2回食のスケジュールは大人のリズムに合わせて食べさせましょう。ただし、きっちりと決めた時間にあげることにこだわらず、大らかに離乳食スケジュールを組んでいくことが大切です。2回食ならば朝・昼、もしくは朝・夕など大体の時間帯を決めておきます。少なくとも食事の間隔を4時間空けることで赤ちゃんが離乳食を食べないことが減るでしょう。

マキ先生

小児科医

どんな時でも当てはまりますが、初めて食べるものがあるときは、なるべく午前中に与えるようにしてください。午前ならば、なにかトラブルがあったときにも病院を受診しやすくなります。また、外出時には食べ慣れたものを持参するのが良いでしょう。

(離乳食スプーンについては以下の記事も参考にしてみてください)

離乳食スプーンのおすすめ22選!口コミで人気の赤ちゃんが使いやすい商品を厳選!

離乳食2ヶ月目の1日のタイムスケジュール

離乳食2ヶ月目の頃には5回の授乳と2回の離乳食が基本です。1回目は10時、2回目は14時と離乳食の時間を決める進め方が一般的です。授乳の前に離乳食をあげることを忘れないようにしましょう。眠くて機嫌が悪い時間や、お腹がいっぱいの時間は避けた方が無難でしょう。

関連する記事