2歳児が喜ぶお弁当!おかずの量・大きさの目安は?簡単レシピのおすすめも!

2歳児用のお弁当作りではどうしたら食べやすいか、どのくらいの量を作ったらいいのか迷ってしまいますよね。2歳児のお弁当の大きさ・量や、おすすめの簡単レシピなどを紹介します。お弁当を作る際のポイント&注意点も紹介するので、参考にしてみてください。

目次

  1. 2歳児のお弁当箱の大きさの目安は?
  2. 2歳児のお弁当のおかずの量は?
  3. 2歳児のお弁当におすすめの簡単レシピ5選!
  4. 2歳児のお弁当を作る際のポイント&注意点!
  5. 2歳児が喜ぶお弁当を作ってあげよう!

2歳児のお弁当箱の大きさの目安は?

2歳の子どもが使うお弁当箱を選ぶ時、どのくらいの大きさがいいのか迷ってしまいますよね。2歳児のお弁当箱の大きさの目安は、280ml程度の小さいお弁当箱と言われています。280mlのお弁当箱は、2歳~3歳くらいの子どもが食べきれるくらいの量が入るサイズです。このくらいの大きさなら「お弁当を食べきった」と、子どもに自信がつくでしょう。

また、280mlのお弁当箱は長く使えないのではと心配な場合は、中子(なかご)付きがおすすめです。たとえば360mlのお弁当箱に中子を2つ入れて使うと、2歳児にちょうどいい大きさになります。2歳~3歳頃までは中子を使い、4歳~5歳になったら中子を外して使えば長い期間お弁当箱を活用できます。

2歳児が食べきれる量を目安にお弁当箱を選び、子どもに食べきったという喜びと自信を持たせてあげましょう。

(お弁当箱のおすすめ商品30選については以下の記事も参考にしてみてください)

【100均・店別】お弁当箱のおすすめ商品30選!子供〜大人用まで!使い捨てタイプも!

2歳児のお弁当のおかずの量は?

2歳児のお弁当の基本の量は、主食+おかず2品と言われています。このくらいの量が、栄養も見た目にもバランスがいいです。主食となるご飯かパン、肉などのたんぱく質と野菜が入るようバランスを考えて作りましょう。

たとえば、ご飯5・お肉3・野菜2の比率で作るとちょうどいいでしょう。つい食べやすいおかずの量を多めに入れてしまいますが、バランスよくお弁当箱にいれることがポイントとなります。

(保育園のお弁当作りについては以下の記事も参考にしてみてください)

保育園のお弁当作り!年齢別のコツ・注意点、可愛い&手抜きレシピも紹介!

2歳児のお弁当におすすめの簡単レシピ5選!

保育園用に毎日作るお弁当、運動会や遠足に作る特別なお弁当、どんなときも子どもが喜ぶお弁当を作りたいですよね。ここでは、2歳児のお弁当におすすめの簡単レシピを5選紹介します。簡単におかずを作りたいと悩んでいるママ必見です。簡単レシピを参考に、子どもが喜ぶお弁当を作りましょう。

1.揚げない超簡単ミートボール

出典: https://cookpad.com/recipe/1702311

【材料】約20個
豚ひき肉・200g
パン粉・大さじ2
牛乳・大さじ3
塩こしょう・少々
○水・100cc
○ケチャップ・70cc
○ソース・大さじ1
○しょうゆ・小さじ1

【作り方】
①パン粉と牛乳をボウルに入れて、さっと混ぜ合わせる
②①に豚ひき肉を入れ塩こしょうをし、粘りが出るくらいまで混ぜ合わせる
③鍋に〇の材料を入れ煮立たせ、②のタネを好みの大きさに丸めて、鍋に入れていく
④鍋をクルクルと回しミートボールとソースを絡め合わせながら、煮汁が半分ほどになるまで煮込む
⑤火をとめて、少し置きソースにとろみが出たら完成

ひき肉をしっかりと捏ねると、鍋の中でミートボールが崩れません。豚ひき肉なので、ジューシーでフワフワで2歳児でも食べやすいです。冷凍保存ができるので、小分けにしてお弁当用にストックしておきましょう。

2.ズッキーニの肉巻き

出典: https://cookpad.com/recipe/2697696

【材料】
ズッキーニ・2本
豚バラ肉・約300g
塩コショウ・適量
オリーブオイル・適量

【作り方】
①ズッキーニを食べやすい大きさにカットする
②オリーブオイルで、ズッキーニを軽く炒め塩胡椒しておく
③炒めたズッキーニを豚バラ肉で巻く
④肉の切れ目の部分を下にして、焦げ目がつくまで焼いたらできあがり

塩胡椒のシンプルな味付なので、醤油や焼き肉のたれで味付けをすると2歳児でも食べやすくなります。ズッキーニは食感もよく食べやすいので、2歳児にお弁当にピッタリのレシピです。

3.鶏胸肉でやわらか簡単チキンナゲット

出典: https://cookpad.com/recipe/1587773

【材料】4人分
鶏むね肉・600g
卵・1個
酒/醤油/マヨネーズ・各大さじ1
小麦粉・大さじ6
塩・小さじ1弱
胡椒・適量

【作り方】
①鶏むね肉の皮、余分な脂を取り除く
②鶏むね肉を包丁でたたく
③ボールに卵をよく溶き、②とその他の材料入れてをしっかり混ぜ合わせる
④フライパンに1cmくらい油を入れて温める
⑤スプーンですくい、平らになるようにフライパンに並べて揚げる
⑥両面がきつね色になればできあがり

鶏むね肉なのにパサパサしないチキンナゲットなので、2歳児でも食べやすいです。スプーンですくう量は、子どもが食べやすい大きさにしてあげるのがポイントです。味が付いているのでそのままでも食べられますが、ケチャップを付けてあげると子どもが喜ぶでしょう。冷凍保存も可能なのでストックにおすすめです。

(100均おにぎりグッズ13選については以下の記事も参考にしてみてください)

100均おにぎりグッズ13選!ダイソー・セリアなど!型や活用レシピも!

4. カニカマとネギの卵焼き

出典: https://cookpad.com/recipe/5742190

【材料】
卵・2個
カニカマ・3本
刻みネギ・大さじ1
白だし・小さじ1~2
牛乳(又は水)・大さじ2

【作り方】
①カニカマとネギを刻む
②すべての材料をよく混ぜ合わせる
③サラダ油をいれたフライパンを弱火で温め、卵焼きを作ったらできあがり

牛乳を入れることで、卵焼きにまろやかな甘味がでるのがポイントのレシピです。忙しい朝でもさっと作れる簡単卵焼きレシピなので、毎日作る保育園用のお弁当にもおすすめです。2歳児くらいの子どもだとネギが嫌いな子も多いですが、カニカマ入りの卵焼きにしてあげると食べやすくなりますよ。

5. 簡単じゃがもち

出典: https://cookpad.com/recipe/2636437

【材料】一口サイズ15個分
じゃがいも・中2個
○片栗粉・大2
○粉チーズ・大2
○塩・少々
油・適量

【作り方】
①じゃがいもをよく洗い、十字に切れ込みをいれておく
②①を濡らしたキッチンぺーバーで巻き、さらにラップで包む
③レンジで約5分温め、水で冷やしてから皮をむいてボールに入れて潰す
④〇の調味料を入れよく混ぜ合わせる
⑤食べやすい形に整えて、きつね色になるまで揚げればできあがり

ポテトよりもパサパサしてなくて、モチモチ食感です。お弁当のおかずにはもちろん、2歳児のおやつにもピッタリのレシピです。お好みでケチャップを添えてあげましょう。

2歳児のお弁当を作る際のポイント&注意点!

2歳の子どもにはどんなお弁当がいいのか、保育園用のお弁当に毎日悩んでいるママも多いのではないでしょうか。「どうすると喜ぶお弁当が作れる?」「キャラ弁がいいの?」とお弁当作りをプレッシャーに感じている人もいるでしょう。

ここでは2歳児のお弁当を作る際のポイント&注意点を紹介します。お弁当作りのポイントをおさえて、子どもが喜ぶお弁当を簡単に作っていきましょう。

食べきれる量だけ入れる

「お弁当を全部食べた!」という喜びを感じてもらうために、食べきれる量にするのがポイントです。食べきれない量を入れてしまうと「残してしまった」「食べられない」と自信をなくしてしまうでしょう。家で食べている量を目安に、お弁当の量を決めてあげるのがポイントです。全部食べきれたという喜びと自信を持たせるためにも、食べきれる量にしましょう。

子どもの好物のおかずをいれる

子どもの好物のおかずを1つでも入れておくのもおすすめです。お弁当を開けた時に「やった!好きなものが入っている」と思ってもらうためです。

保育園用に毎日準備するお弁当を工夫するのは大変ですよね。しかし、キャラ弁とまではいかなくても、最低1つは好物を入れるようにしましょう。また、タコさんウインナーなど少しだけアレンジするのもいいですよね。

キャラクターのスティック(楊枝)を使う

便利なキャラクターのスティックを使うのもおすすめです。100均でも、可愛いキャラクターやカッコイイキャラクターのスティックが販売されています。スティックを使うことで、キャラ弁にしなくても子どものテンションが上がるお弁当の演出ができますよ。

また、まだスプーンやフォークを上手に使えない子どもは、スティックを使うとお弁当が食べやすくなります。そうはいっても先端がとがり過ぎていたり長すぎると危ないので、短めで先端が三角形のようになっているスティックを選びましょう。

作り置きしておく

毎日お弁当が必要な保育園や幼稚園もありよね。冷凍保存できるおかずや副菜をカップに入れて冷凍しておくと便利です。ご飯をつめて、あとは冷凍ストックしておいたカップを温めて入れるだけでOKです。毎日の忙しい朝のお弁当作りが楽になり、ストレスが軽減されるでしょう。

キャラ弁にし過ぎない

初めからキャラ弁にし過ぎないことがポイントです。運動会や遠足など、1年で数回なら頑張って作れそうですが、保育園に持っていく毎日のお弁当をキャラ弁にするのは大変です。そうはいっても、子こどがお弁当を開けた時に喜ぶようなお弁当にしたいですよね。

たとえば、ノリカッターを使っておにぎりをボールにしたり、動物の顔にしたりするのは簡単です。ハムをリボン、ウインナーをタコくらいの簡単にできるものにしておくと、ママも毎日のプレッシャーが減るでしょう。

(運動会のお弁当の詰め方については以下の記事も参考にしてみてください)

運動会のお弁当の詰め方!簡単に綺麗に詰めるコツや盛り付けアイデア集を紹介!

2歳児が喜ぶお弁当を作ってあげよう!

保育園用の毎日のお弁当作りは大変ですが、子どもが喜ぶお弁当を作ってあげたいですよね。2歳児でも食べきれる量のお弁当にするほか、スティックを使ったりおにぎりを一口サイズにしたりと工夫してお弁当作りをしましょう。

また、お弁当作りがママのストレスにならないよう、冷凍保存でストックを作るようにすると手抜きもできます。ママも楽をしながら、2歳児が喜ぶお弁当をつくってあげましょう。

関連する記事