赤ちゃんの汗がすごいけど大丈夫?頭や背中の汗対策を紹介!あせもに要注意!

【医師監修】赤ちゃんがたくさん汗をかくのはなぜ?という疑問をはじめ、日常での汗や寝汗の対策について紹介します。さらに、汗取りパッドなど赤ちゃんの汗対策に役立つグッズや、その使い方も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 赤ちゃんがたくさん汗をかくのは大丈夫なの?
  2. 赤ちゃんが特に頭だけ汗が多い理由は?
  3. 赤ちゃんの日常の汗・寝汗の対策!あせもに要注意!
  4. 赤ちゃんの汗対策に使えるグッズ!汗取りパッドなど
  5. 赤ちゃんの汗に関する体験談
  6. 赤ちゃんの汗には気を配ろう!

赤ちゃんがたくさん汗をかくのは大丈夫なの?

赤ちゃんは汗っかきだと聞いたことがあるママも多いのではないでしょうか。その理由は、赤ちゃんの体はとても小さいのにも関わらず、汗腺の数が大人と同じ数あるためです。そのため、赤ちゃんは汗をたくさんかきます。とくにねんねの時期の赤ちゃんは、後頭部や背中がびっしょりになるほど汗をかくこともあるでしょう。

あまりにも汗をかくので心配になった経験があるママも多いと思いますが、赤ちゃんが汗をかくことは汗腺や体温調節機能の発達のためにも必要なことです。心配しすぎず、汗のケアをしてあげることが大切です。

(赤ちゃんについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのよだれが多い原因は?いつまで続く?対処法や、異常な量の目安も!

赤ちゃんが特に頭だけ汗が多い理由は?

赤ちゃんが汗をかきやすい箇所の1つが頭です。赤ちゃんが頭にびっしょり汗をかいていて心配になった経験のあるママも多いと思います。とくに、赤ちゃんがねんねの頃は、後頭部に枕が汚れるほどびっしょり汗をかいてしまうこともあるでしょう。

赤ちゃんが頭に汗をかきやすい原因として考えられるのが、汗腺の多さです。頭はとても汗腺の多い箇所で、さらに血流も密集しています。しかし、汗腺がまだ発達していない赤ちゃんの場合、熱い時に血流を増やして熱を逃がそうとします。そうすると、赤ちゃんの頭には血流がさらに集まるようになり、汗をたっぷりかきやすくなるのです。

また、頭にたくさん汗をかくのには、体質が関係している場合もあるでしょう。大人でも、頭や顔など決まった箇所に汗をかく人はいますよね。それと同じで、頭にかく汗の量が多いのは赤ちゃんの体質ということも考えられるでしょう。

(赤ちゃんの頭については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの頭皮にフケができる原因は?乾燥したカサカサ肌の対処・予防法を紹介!

赤ちゃんの日常の汗・寝汗の対策!あせもに要注意!

赤ちゃんの日常的な汗や寝汗を放っておくと、あせもができてしまう可能性もあります(※1)。あせもを予防するためには、日常的な対策が必要不可欠です。ここからは、赤ちゃんの日常の汗や寝汗の対策方法についてくわしく紹介します。

(赤ちゃんのあせも対策については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのあせも対策!どんな薬を使えばいいの?病院へ行く目安は?

洋服や布団で温度調節する

赤ちゃんが汗をかいている時は、着ている服や布団で温度を調節してあげることが大切です。赤ちゃんは暑くても言葉では伝えられませんよね。赤ちゃんの汗を対策するためには、ママが赤ちゃんの様子にしっかり気を配ってあげる必要があります。体に触れてみて汗ばんでいるようであれば、服を1枚脱がせたり、布団を薄手のものにかえるなどしてあげましょう。

エアコンを利用

赤ちゃんが汗や寝汗をかいた時は、エアコンを利用して快適な温度にしてあげましょう。ただし、エアコンの風が赤ちゃんに直接当たってしまうと、赤ちゃんの体が冷えすぎてしまいます。エアコンを利用する時は、赤ちゃんを寝かせる場所に配慮して使うようにしましょう。

赤ちゃんが汗をかくことは、体温調節機能を発達させるためにも大切なことでもあります。エアコンを利用する時は、赤ちゃんが少しでも汗をかける時間を作ってあげることも必要です。

汗をかいたら着替えさせる

赤ちゃんが汗をかいたら、早めに濡れた衣類を交換してあげることが大切です。汗で濡れた服をそのままにしておくと、赤ちゃんが風邪をひいてしまったり、あせもの原因にもなってしまうことも考えられます。赤ちゃんの汗に気づいた時は、まずはじめに衣類が汚れていないかきちんと確認してあげるようにしましょう。

汗はこまめに拭いてあげる

赤ちゃんの汗は、こまめに拭いてあげるようにしましょう。とくに、蒸れやすい頭や背中を濡れたままにしておくと、あせもや肌荒れの原因にもなりかねません。肌に優しいガーゼ等を使って、赤ちゃんの肌を傷つけないように汗をトントンと優しく拭きとるようにしましょう。

関連する記事