ミルクの飲ませ方のコツ!量・温度・姿勢や哺乳瓶の角度が重要!飲まない原因・対処法も

初めての育児だとミルクの飲ませ方を難しいと感じる人が多いですよね。赤ちゃんにミルクを飲ませる際に準備するものや、温度調整など作り方を解説します。飲ませ方の手順や、哺乳瓶の角度などのコツ、飲まない原因と対処法も紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 赤ちゃんにミルクを飲ませる際に準備するものは?
  2. ミルクの作り方
  3. ミルクの飲ませ方の手順とコツ!哺乳瓶の角度など
  4. 赤ちゃんがミルクを飲まない原因と対処法
  5. 赤ちゃんのミルクの飲ませ方を知っておこう

赤ちゃんにミルクを飲ませる際に準備するものは?

はじめての出産・育児では、何のアイテムをどれくらい準備すべきか迷いますよね。この項目ではミルクの授乳で準備をしておくと安心なアイテムについて紹介します。出産後は慌ただしくて、外出もままならないでしょう。ミルクの関連アイテムは、通販でも購入可能なアイテムがほとんどです。すでに準備している方も足りないものがないか確認してみましょう。

以下が赤ちゃんが退院するまでに用意しておくと安心なミルクに関するアイテムです。

・哺乳瓶
・乳首
・粉ミルク
・湯沸かしポット
・洗浄ブラシ
・消毒用品

新生児期からの赤ちゃんは成長が著しく、ミルクの量もどんどん増えていきます。また1日の中で授乳回数も多く、ローテーションで哺乳瓶を使うことが多いです。哺乳瓶は最低でも2~3本用意しましょう。哺乳瓶と一緒に使う乳首は、赤ちゃんの成長に合わせて替える必要があります。その都度赤ちゃんに合っている乳首を使いましょう。

粉ミルクは缶に入っている粉タイプと、真空パックされているキューブタイプがあります。粉タイプは毎回飲ませる量をはかる必要があります。キューブタイプは一かけで40ml分を作ることができ、スプーンで何杯入れたかを数えずにすみますよ。さまざまな商品が販売されているので、試してみてくださいね。

湯沸かしポットはミルク調乳専用のものもあります。ミルク作りに最適な温度を知らせてくれるので便利ですよ。ミルクの授乳で手間に感じるのが、使用アイテムの消毒ですよね。哺乳瓶のタイプによって消毒法が異なるため、確認しましょう。ミルクのカスが残らないように洗浄することが大切ですよ。

(新生児のミルクについては以下の記事も参考にしてみてください)

新生児対象の粉ミルクおすすめ11選!アレルギー対応など安心な人気商品を厳選!

ミルクの作り方

ミルクは母乳と異なり、誰でも作れてあげられる反面で気を付けたいポイントがあります。この項目では、ミルクの作り方の手順について説明します。また、ミルクの授乳をスムーズに行うためのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①ミルクを作る人は手を洗う
②70℃以上のお湯を準備する
③必要な分のミルクをはかって哺乳瓶へ入れる
④必要量の3分の2までお湯を入れる
⑤哺乳瓶を振ってミルクを溶かす
⑥残り3分の1のお湯を入れる
⑦乳首を付けて哺乳瓶を振りミルクを溶かしきる
⑧哺乳瓶を適温まで冷ます

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ体の抵抗力が十分ではありません。ミルク作りの時は、手洗いは欠かさず行いましょう。調乳時のお湯が熱すぎるとミルクの栄養素やたんぱく質を破壊する可能性があります。やけどの防止や調乳時間短縮にも繋がるので、70℃くらいのお湯を使うのがおすすめですよ。

哺乳瓶へ飲ませる分の粉ミルクをはかって入れます。スプーンで量をはかるタイプの粉ミルクは、スプーンすりきりで1杯(20ml分)です。哺乳瓶へお湯を入れる際は、一気に必要量まで入れません。まずは3分の2の量を入れてミルクの粉を溶かします。その後残りの3分の1のお湯を入れ、乳首を付けてミルクを溶かしきります。

ミルクの温度は40℃くらいの人肌が飲みやすい適温です。粉ミルクを溶かしきったら、水や氷水で適温まで冷やしましょう。ミルクの量は個人差があります。新生児~1ヶ月くらいまでは1回50~80mlを3時間おきにあげます。どの時期にどれくらいの量を飲ませるかは、ミルク缶や箱に記載していますよ。

あくまで目安なので、赤ちゃんの体調や気分によって量が増減することもあるでしょう。ミルクの量について心配な場合、助産師へ相談がおすすめですよ。

(ミルクの温度調節については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん用ミルクの温度調節!冷たいと危険?調乳の際の注意点を解説!

ミルクの飲ませ方の手順とコツ!哺乳瓶の角度など

初めてのミルク授乳はパパ・ママ共に、スムーズに行うことが難しいこともあるでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんは小さくて抱っこするのも大変ですよね。この項目では、ミルクの飲ませ方の手順とコツについて説明します。意外と難しい哺乳瓶の角度や赤ちゃんが吐き戻しをしないコツも説明します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの目を見てしっかりと抱く

ミルクを飲み始める準備として、赤ちゃんと目が合うようにしっかりと抱きましょう。まだ新生児期の赤ちゃんは体も小さいので、抱っこしづらいこともあるでしょう。そのような場合は、授乳クッションなどを活用するのが上手に抱っこをするコツです。抱っこが安定していると赤ちゃんもミルクが飲みやすいですよ。

声をかけてから飲ませる

母乳の場合、赤ちゃんへ「おっぱいだよ」と声かけをしてあげることが多いですよね。ミルクの時も同じように「ミルクだよ」と声かけをしましょう。赤ちゃんがまだ言葉の意味がわからないからと、声かけを恥ずかしがる人もいるかもしれませんね。授乳のたびに声かけをすることで、しだいに声のトーンでパパかママかなどわかるようになりますよ。

赤ちゃんも大好きなパパ・ママの声を聴きながらミルクを飲むことで、リラックスしてくれるでしょう。飲み終わったら「おいしかったね」と声をかけてみてくださいね。

赤ちゃんの頭を上げた姿勢で飲ませる

赤ちゃんの頭を上げた姿勢でミルクを飲ませましょう。ミルクや母乳をあげる時は、赤ちゃんを横向きに抱っこすることが多いですね。その際は赤ちゃんの頭を少しあげた姿勢にすると、授乳がしやすく赤ちゃんも飲みやすいですよ。

授乳に慣れてくると、赤ちゃんを布団へ寝かせたままミルクを飲ませる人もいます。口や鼻は繋がっているため、赤ちゃんが吐き戻した際に耳へミルクが入ってしまうと中耳炎を引き起こす可能性がありますよ(※1)。授乳はミルク・母乳を問わず、頭を上にあげた状態でしましょう。

乳首をできるだけ口の奥へ入れる

授乳時はミルク・母乳を問わず、乳首を赤ちゃんの口の奥まで入れましょう。赤ちゃんは授乳時に舌を乳首に巻き付けて吸います。ミルクの時も、赤ちゃんの舌の上へ哺乳瓶の乳首を乗せるのがコツですよ。赤ちゃんの口は小さいので、奥まで哺乳瓶を入れづらいと感じるかもしれません。

しかし哺乳瓶と口の間に隙間があると、空気も一緒に飲み込んでしまい赤ちゃんが苦しくなります。赤ちゃんの舌へ乳首を乗せる角度で口へ含ませたら、哺乳瓶と口の間に隙間ができないよう角度に気を付けてくださいね。空気を含まず飲ませることで、吐き戻しのリスクが低くなるでしょう。

哺乳瓶をえんぴつを握るようにして持ち、赤ちゃんの上顎へ乳首が当たるように角度を調整すると上手に飲ませることができますよ。

赤ちゃんの飲むスピードに合わせて乳首を選ぶ

授乳時間の目安は10分です。ミルクの場合は、赤ちゃんの飲むスピードに合わせて哺乳瓶の乳首を選びましょう。哺乳力が弱い新生児期の赤ちゃんは、乳首に丸穴が開いていて簡単にミルクが飲める種類を使います。同じ乳首を使っていた場合、哺乳力が強くなると赤ちゃんの飲むスピードが速くなったと感じるでしょう。

簡単に飲める乳首を使い続けると、勢いよくミルクを飲み過ぎて吐き戻しすることもありますよ。また赤ちゃんの顎の発達のためにも、定期的に乳首の種類を見直すことがおすすめです。まずは授乳時間が何分かかっているのか確認してみてくださいね。

ミルクを飲ませたらげっぷをさせる

ミルクを飲ませたらげっぷをさせましょう。母乳と異なりミルクは一定の量が出ます。母乳だけの赤ちゃんとくらべるとまとまった量を飲むことになるため、授乳後のげっぷは大切です。げっぷをしっかりとさせることで、寝かせた後の吐き戻しのリスクが減ります(※2)。寝ている時の吐き戻しは窒息の危険もあるため注意が必要です。

もしどうしてもげっぷが出せなかった場合は、赤ちゃんを横向きに寝かせるようにしましょう。横向きで寝かせておけば吐き戻しがあった際にも窒息を避けることができるでしょう。

(粉ミルクについては以下の記事も参考にしてみてください)

粉ミルクを種類別に徹底比較!値段・成分は?人気おすすめミルク7選も紹介!

赤ちゃんがミルクを飲まない原因と対処法

赤ちゃんの調子も良さそうなのに、なぜかミルクを飲んでくれないと悩む時もあるかもしれません。この項目では、赤ちゃんがミルクを飲まない原因とその対処法について説明します。ほとんどがミルクや環境に関することが多いです。稀に赤ちゃん側に飲まない原因もあることも考えられるので、気になる場合は確認してみてくださいね。

ミルクの温度

赤ちゃんがミルクをおいしく飲める最適温度は40℃くらいです。40℃より熱すぎると、赤ちゃんが嫌がって舌で乳首を押し出したりします。ミルクが熱すぎてしまうと、赤ちゃんの口の中を火傷させてしまう可能性がありますので注意しましょう。ミルクをあげる前は、自身の腕などで温度が熱すぎないか確認してみてくださいね。

ミルクを飲む環境

周囲が落ち着かない環境だと赤ちゃんがミルクを飲まないことがあります。赤ちゃんが可愛いからと、周りの大人たちが授乳の様子を見たりすることもあるでしょう。兄弟がいれば子供たちがのぞき込むこともあるかもしれません。赤ちゃんはいろいろなものに興味津々です。

ミルクの時間に赤ちゃんの集中力が削がれてしまうと、ミルクを飲み切ってくれないこともありますよ。授乳のスケジュールが崩れる心配がありますので、ミルクを飲む環境は大切にしてくださいね。赤ちゃんが飲み始めたら、周囲の人は少し離れて見守りましょう。

抱っこが安定しない

抱っこが安定しないと、赤ちゃんはミルクをスムーズに飲みません。赤ちゃんの抱っこに慣れないうちは、授乳クッションなどを活用しましょう。赤ちゃんが水平になり過ぎてもミルクを飲みにくくなってしまいます。授乳は横抱きが多いですよね。その際は赤ちゃんの頭が少し高くなる角度で抱っこしましょう。

ミルクをあげながら何度も抱っこをし直すと、赤ちゃんも落ち着かないですよね。授乳の時に赤ちゃんと授乳する人とのベストポジションを見つけてみてくださいね。

赤ちゃんの体調が悪い

赤ちゃんの体調が悪いとミルクを飲まないことがあります。発熱などわかりやすい体調不良であれば、ママも対応がしやすいですね。しかし、赤ちゃんに多い便秘などの場合は少しわかりにくいかもしれません(※3)。便秘が疑われるときは、赤ちゃんのお腹を優しくマッサージしましょう。

赤ちゃんが頻繁にミルクを吐き出す場合は、ミルクアレルギーの可能性もあります(※4)。便秘やアレルギーは症状の判断がしにくいケースが多いです。心配であれば小児科を受診してみましょう。

お腹がすいていない

赤ちゃんはお腹がすいていないとミルクを飲みません。大人も空腹でないとたくさんご飯を食べられませんよね。赤ちゃんの場合は、自分で動けるようになるまでは自分で運動をすることができません。「お腹がすいていないのかな?」と感じたら、赤ちゃんを寝かせたまま運動をさせましょう。

手を握って動かしたり、両脚を蛙のように動かしたりするのが簡単でおすすめですよ。1日の間で1回くらいは、お腹があまり空いていないタイミングもあるでしょう。赤ちゃんの体調に問題がなければ、その次でたくさん飲んだりすることもあります。1回のミルク量ではなく、1日の合計量でどれくらい飲んだかを見てみてくださいね。

(粉ミルクアレルギーについては以下の記事も参考にしてみてください)

粉ミルクはアレルギーに要注意!赤ちゃんに出る症状は?原因・対処法も紹介!

赤ちゃんのミルクの飲ませ方を知っておこう

ミルクの飲ませ方のコツについて紹介しました。完全ミルク授乳か母乳と混合でミルク授乳かで、赤ちゃんへの飲ませ方や気を付けたいポイントが異なります。赤ちゃんの好みでママの対応が変わることもありますよ。ミルクや母乳は、赤ちゃんが成長するための手段です。ぜひ赤ちゃんに合わせた授乳をしてみてくださいね。

関連する記事