生後9ヶ月頃に夜寝ない原因は?赤ちゃんが夜中に起きる時の対処法は?昼間の過ごし方も!

赤ちゃんが夜寝ないとママは寝不足でイライラしてしまうかもしれません。生後9ヶ月の赤ちゃんが夜寝ないという悩みを経験した先輩ママの【体験談】や、夜まとめて寝ない原因、夜中に起きる時の対処法などをまとめました。生後9ヶ月の赤ちゃんが夜にぐっすり寝るための昼間の過ごし方も紹介します。

目次

  1. 生後9ヶ月の赤ちゃんが夜まとめて寝ない…
  2. 生後9ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない原因は?
  3. 生後9ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる時の対処法!授乳など
  4. 生後9ヶ月の赤ちゃんが夜ぐっすり寝るための昼間の過ごし方
  5. 生後9ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない時は工夫をしよう

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜まとめて寝ない…

「赤ちゃんが夜に何度も起きてしまう」「なかなかまとめて寝ない」これらは赤ちゃんのいるパパやママにとって特に悩ましい問題ですよね。赤ちゃんが起きるたびに授乳したり寝かしつけたりと、パパやママはなかなかゆっくりと寝ることができません。同じように悩んだ先輩ママ達の体験談を紹介します。

おっぱいをほしがって何度も起きる

二児のママ

(30代前半)

21時までに就寝するのですが、夜中2時頃に授乳で起きた後はだいたい1~2時間おきにおっぱいをほしがって起きていました。日によっては明け方には30分おきに起きてしまうんです。お腹が空いたのではなく、おっぱいで安心したかったようですが、とにかくつらかったです。

赤ちゃんはお腹がすいておっぱいをほしがる場合もありますが、このように頻回授乳になる場合は空腹というよりは安心感を求めているようですね。夜に目が覚めて寝付けない時におっぱいを飲んで安心したいという気持ちからママにおっぱいをほしがるのでしょう。

体調を崩して寝付きが悪くなった

先輩ママ

(30代前半)

生後9ヶ月頃にインフルエンザにかかり、治った後も1ヶ月ほどは鼻詰まりで寝付きが悪かったです。昼間は機嫌がいいのですが、横になると鼻がつまりやすくなるようで夜中に何度も泣いて起きていました。

鼻水吸引器や加湿器も使いましたがなかなか完治せず、寝ない日が続きイライラしてしまいました。結局治まったのは気温が上がってあたたかくなってからでした。

赤ちゃんは鼻呼吸がとても上手です。逆に鼻が詰まってしまうとうまく呼吸ができず寝つけなかったり、眠りが浅くなってしまいます。また鼻づまりだけでなく、熱があったり体調が悪い時はぐっすり眠れず夜中に何度も起きやすくなります。

夜泣きで何度も起きる

男の子のママ

(20代後半)

生後8ヶ月頃から夜中に1~2回ほど夜泣きをするようになりました。びっくりするほど大きな声で1時間ほど泣くんです。対策を調べてはいろいろ試してみましたがあまり効果はなく、寝ない。生後9ヶ月の今も続いていて夜何度も起こされます。

夜泣きは個人差があり赤ちゃんによっても夜泣きする子としない子がいます。また夜泣きする場合も頻度の差があります。夜泣きはこれといった明確な対策がなく、授乳しても泣いて飲まない場合もあります。一度しっかりと目を覚まさせて再度寝かしつけたり、抱っこやトントンするなどその子が寝付きやすい方法を試しながら対応する必要があります。(※1)

以前よりも夜起きる回数が増えた

一児のママ

(30代前半)

生後9ヶ月頃は離乳食も3回食になり夜中の授乳も減るのかと思いきや、なぜか以前より頻繁に起きるようになりました。おっぱいをあげればすぐにまた寝るので夜泣きというわけではありませんが、夜中に3回も4回も起こされるのは寝不足で正直イライラしました。

新生児の頃は特に夜中何度もおっぱいをほしがって起きることが多いですよね。赤ちゃんが成長することで飲む量や食べる量も増え、胃の大きさも大きくなるため夜中の授乳回数は次第に減ると思いがちです。

しかし、空腹以外に「口が寂しくて寝付けない」「おっぱいを飲むことで安心感を得たい」という理由でおっぱいをほしがることもあるため、生後9ヶ月になっても授乳回数が減らず、夜寝ないという赤ちゃんは少なくありません。

(生後9ヶ月の授乳回数については以下の記事も参考にしてみてください)

生後9ヶ月の授乳回数は?夜間授乳・卒乳準備や離乳食の量の変化についても解説

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない原因は?

赤ちゃんに夜中何度も起こされるとイライラしてしまうかもしれません。赤ちゃんはなぜ夜まとめて寝ないのでしょうか。赤ちゃんが夜寝ない原因について紹介します。

自分で寝る力がついていない

一児のママ

(30代前半)

夜中に何度も目を覚ましてはおっぱいをほしがって泣きます。授乳すればすぐに寝てくれるのですが、2~3時間おきに泣いてなかなか寝ないのでこちらも眠れませんでした。

赤ちゃんは大人に比べて眠りが浅く、夜に何度も目を覚ましやすい傾向にあります。起きてしまった時に自分で眠れるとよいのですが、この時期の赤ちゃんはまだ自力で眠れる子は少ないです。授乳したりトントンしたり、抱っこしてあげたりと赤ちゃんが安心して眠れる方法で寝かしつけが必要となります。

夜泣きが始まった

男の子のママ

(30代後半)

生後9ヶ月頃に夜泣きが始まりました。これまでも2~3時間おきにおっぱいをほしがって起きていましたが、突然大泣きするようになりました。授乳しようとしても泣いておっぱいを飲もうとせず寝ないので、結局抱っこで寝かしつけしました。

日中に刺激が多い日は特に夜泣きをしていましたが、特に何もない日でも夜泣きすることもあり、夜泣きした翌朝はいつもの時間よりも長めに寝かせてもらっています。

夜泣きは生後3ヶ月~1歳半頃に特におきやすいとされています(※2)。これまで夜泣きしていなかった子でも生後9ヶ月に入って突然夜泣きしだしたということもあります。

この時期の赤ちゃんはハイハイし始めたり、つかまり立ちしたりと活発になり日中たくさんの刺激を受けます(※3)。その刺激を寝ている間の脳が処理しきれずに夜泣きに繋がっている場合もありますよ。

お腹が空いて起きる

先輩ママ

(20代後半)

2回食だった頃は23時頃にミルクを飲ませれば朝まで起きずに寝ていましたが、生後9ヶ月になり3回食になった頃から夜中に3回ほど起きるようになりました。

起きると毎回200mlほどミルクを飲んで、またすぐに寝ます。離乳食はしっかり食べている方でしたが、基本的に消化の良いものなので夜中もお腹が空くのかもしれませんね。

離乳食はお粥や柔らかく煮た野菜など消化に良いものが多いですよね。また生後9ヶ月頃の赤ちゃんは活発に動き始める頃で、これまで以上にカロリーを消費します。そのため夜中にお腹が空いて起きるという場合もあります。

部屋の室温が暑い、寒い

専業主婦ママ

(30代前半)

夏場は寝る部屋のクーラーで26℃くらいに設定していました。始めのうちはタイマーにしていたのですが、冷房が切れると息子が起きて泣くことが多かったので、結局朝まで入れっぱなしにしていましたよ。私は布団をきていましたが、息子はタオルケットをかけても自分で取っていました。

赤ちゃんは大人に比べて体温が高く、暑がりな傾向にあります。部屋の温度は赤ちゃんが気持ちよく眠れる温度でしょうか。ママが涼しいと感じていても赤ちゃんにとっては暑くて寝付けない場合もありますので、汗をかいていないかなど赤ちゃんの様子をみてみましょう。

また冬場は寝返りして布団から出てしまうこともあります。寒いと感じた場合も同様に目が覚めてしまうので、スリーパーなどを利用してもいいですね。

お昼寝しすぎて眠れない

女の子のママ

(20代後半)

夕方に2時間近く寝てしまい、夜になってもまったく寝てくれませんでした。いろいろ試しましたが効果がなく、結局最後は深夜にドライブして寝かしつけました。お昼寝の時間帯がずれると夜の寝かしつけに苦労しますね。

お昼寝の時間が長かったり、生活のリズムが崩れると夜なかなか寝ないですよね。ぐっすり眠っている赤ちゃんを見るとそのまま寝かせてあげたいところですが、赤ちゃんが夜しっかり寝るためにもお昼寝は早めに切り上げて起こすようにするとよいでしょう。

体調が悪い

男の子のママ

(30代前半)

風邪をひいてしまい、発熱と鼻詰まりから眠りが浅くなって何度も起きていました。鼻詰まり防止に寝る時頭の位置を高くあげたり加湿器をつけたりしましたが、あまり寝られずかわいそうでした。

体調が悪い時は大人でも寝付きが悪くなってしまいますよね。鼻が詰まっていると寝ている時に鼻呼吸ができずにどうしても目が覚めてしまうことがあります。また、熱があったりお腹が痛いなどの場合も夜中起きてしまう原因となります。

部屋が明るい

初心者ママ

(20代後半)

部屋が明るいとなかなか寝ないですね。大人も明るい部屋だと寝にくいのでしょうがないことですが、カーテンの隙間から明かりが漏れていたり、寝室のドアが開いていて明るくなったりすると寝付きが悪かったです。

赤ちゃんがぐっすり寝るためには部屋を真っ暗にしたほうが良いとされています。部屋が明るいと眠くなるホルモンの分泌が抑えられてしまい、寝るまでに時間がかかったり、夜中に目が覚めてしまうことがあります。

お昼寝の時は多少明るい部屋でも問題ありませんが、夜寝る時はできるだけ部屋を暗くして赤ちゃんが眠りやすい環境を整えてあげましょう。

いつもと寝る環境が違う

一児のママ

(30代前半)

祖父母の家に泊まる時は特に寝ないです。いつもと寝る部屋が違って興奮するのか寝付くまでに普段より1時間以上時間がかかります。また、夜中も何度が目が覚めて泣いてしまうことが多いです。

赤ちゃんが早く寝付けるようにするには、お風呂→授乳→絵本を読む→就寝などと寝る前に毎日同じルーティンを行ったほうがスムーズにいく場合が多いです。しかしこの入眠儀式がいつもと変わったり、寝る環境が違う場合は赤ちゃんが寝付くまでに時間がかかってしまいます。

また環境が変わったことで赤ちゃんが興奮したり、緊張したりして眠りが浅くなり夜中に何度も起きてしまうこともあります。

(赤ちゃんの夜泣きについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの夜泣きはいつから?いつまで続く?原因・対処法を月齢・年齢別に紹介

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる時の対処法!授乳など

赤ちゃんが夜中に起きる原因があることがわかりましたが、夜中に何度も起こされるとイライラしてしまいますよね。赤ちゃんが夜中に何度も起きる場合の対処方を先輩ママ達の体験談とあわせて紹介します。寝不足のママはぜひ参考にしてみてくださいね。

添い乳で寝かしつけ

先輩ママ

(30代後半)

夜中の授乳が多かったので寝かしつけは添い乳で行っていました。何度も起き上がるのがつらかったし、そのまま寝てくれるので私としては楽でした。

頻回授乳になるような場合は、添い乳するのも一つの手ですね。寝かしつけもしやすいのがメリットです。毎回起き上がって授乳しないといけないのがイライラするママや、授乳して寝たと思って布団におろすと起きるとお悩みのママは試してみてはいかがでしょうか。

なお片方のおっぱいばかり授乳すると、乳腺炎になりやすくなるので交互に授乳してあげてくださいね。

夜寝る前のみミルクをあげる

男の子のママ

(30代前半)

おっぱいよりもミルクの方が夜中寝る時間が長くなる気がします。なので、日中は母乳だけど夜寝る前だけはミルクをあげるようにしています。

母乳とミルクを比べると、母乳の方が消化しやすく腹持ちが悪いとされています。そのためミルクで育てている赤ちゃんより母乳育児をしている赤ちゃんの方が頻回授乳になりやすいです。夜中に何度もおっぱいをほしがる場合は寝る前だけミルクに変えてみるのもよいでしょう。

また生後9ヶ月は離乳食も進んでいますので、食べる量が増えてくれば次第に授乳回数は減ってくることが多いですよ。

夜間断乳に踏み切った

一児のママ

(30代前半)

夜に何度も起きるのがつらく、日中も寝不足でイライラしてしまっていたので生後9ヶ月の頃に夜間断乳することにしました。最初の1~2日はおっぱいをほしがって30分近く泣きましたが、それ以降は泣いて起きる回数が一晩で1~2回に減りました。

夜間断乳から2週間ほど経つと夜中起きても自分で寝てくれるようになりかなり助かりました。

夜中の授乳がつらいというママは思い切って夜間断乳するのもアリですよ。最初の数日はおっぱいをほしがって大泣きすることもありますが、赤ちゃんも適応力が高く次第におっぱいがなくても寝られるようになります。夜間断乳することで赤ちゃんの眠りも深くなり、目が覚める回数も減る傾向にあります。

離乳食を3回安定して食べており、お茶やお水で水分補給できるなら試してみてはいかがでしょうか。

(夜間断乳については以下の記事も参考にしてみてください)

夜間断乳はいつから?やり方は?メリットやコツ、失敗した時の対処法も!

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜ぐっすり寝るための昼間の過ごし方

夜にぐっすり寝るためには昼間の過ごし方が重要です。昼間どういうふうに赤ちゃんと過ごせば夜によく寝てくれるのでしょうか。先輩ママの昼間の過ごし方をみていきましょう。

朝は8時までには起こす

先輩ママ

(20代後半)

朝遅くまで寝ていると1日のリズムが崩れて、夜寝る時間も遅くなったり寝付きが悪かったりしました。朝は遅くても8時までには起こして、生活リズムを作るよう心がけました。

赤ちゃんが夜にぐっすり寝るためには1日の生活リズムが整っていることが重要です。起床の時間が遅くなると、リズムが崩れてしまうので8時頃までには起こすようにした方がよいでしょう。

生後9ヶ月ともなると生活リズムは決まってきます。起きる時間、離乳食の時間、お昼寝の時間、寝る時間などを決めて大きくずれないように心がけてみましょうね。

日中はたくさん遊んで体を動かす

男の子のママ

(20代後半)

家の中や支援センターなどでたくさん遊ばせて体力を使うようにしていました。しっかり体を動かした日は疲れているのか寝付きがよくぐっすり寝てくれることが多いです。

体をたくさん動かして遊ぶと赤ちゃんも疲れるのでぐっすり寝てくれますよね。ハイハイの時期は支援センターや児童館など室内の遊び場をうまく利用するとよいですよ。

またお散歩は一見体を動かしませんが、周りの景色を見たりしながら赤ちゃんは刺激を受けるので、同様にほどよく疲れて寝付きやすくなってくれますよ。

午後のお昼寝は早めに切り上げる

二児のママ

(30代前半)

午後にお昼寝をたくさんしたり、昼寝する時間が夕方近くだと夜になかなか寝てくれません。夜にぐっすり寝てもらうには、ちょっとかわいそうだけど途中で起こして早めに切り上げたほうがいいみたいですね。

午後にたくさんお昼寝すると夜眠れずに寝付きが悪くなります。また眠りが浅く夜中に起きてしまうことも多いです。午後のお昼寝は2時間を目安に切り上げたほうが、夜ぐっすり寝るためには良いと言えます。

また遅い時間帯にお昼寝することも夜にぐっすり寝ることの妨げになるので遅くても17時くらいまでにはお昼寝は終わらせるようにしましょうね。

(赤ちゃんのお昼寝については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの理想のお昼寝とは?最適な時間や場所・音・温度など睡眠環境のポイントを伝授!

生後9ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない時は工夫をしよう

赤ちゃんが夜寝ないとママも寝不足になって疲れがたまりますよね。生後9ヶ月の赤ちゃんは離乳食も3回食になり、ハイハイなどで活発に動きまわるようになります。日中はしっかり離乳食と母乳やミルクを食べて、たくさん遊んで体を動かしましょう。そうすることで夜ぐっすり寝られるようになりますよ。

また寝室の室温や明るさを調節して赤ちゃんが眠りやすい環境を作ってあげましょう。毎日同じ入眠儀式を行って赤ちゃんが寝やすい状態にするのもおすすめです。

ただし万全の状態にしても赤ちゃんは夜寝ない場合があります。そんな時は授乳等で乗り切って、翌日はママも無理せずに赤ちゃんと一緒にお昼寝するなどして寝不足を解消しましょうね。

関連する記事