家庭用ボールプールのおすすめ17選!屋根付きのハウス型などおしゃれなデザインたくさん!

ボールプールは天候を気にせず室内で遊べる便利なおもちゃです。ここでは《屋根付きのハウス型》《屋根なしのプール型》の家庭用ボールプールのおすすめ17選を紹介します。また家庭用ボールプールに必須の《ボールセット》やボールプールの選び方のポイントも紹介します。

目次

  1. 家庭用ボールプールの選び方は?
  2. 家庭用ボールプール《屋根付きのハウス型》のおすすめ7選!
  3. 家庭用ボールプール《屋根なし・プール型》のおすすめ4選!
  4. 家庭用ボールプールに必須の《ボールセット》おすすめ6選!
  5. 家庭用ボールプールのレビュー評価ランキングも見てみよう!
  6. 家庭用ボールプールは赤ちゃん・子供が喜ぶ人気商品を選ぼう

家庭用ボールプールの選び方は?

家庭用ボールプールを選ぶときはどのような点に注意すればよいのでしょうか。ここでは家庭用ボールプールの選び方のポイントについて紹介します。ボールプールの購入を検討している方は以下のポイントを参考にしてみましょう。

タイプを確認する

主婦

30代

子ども部屋のインテリアになればとハウス型のボールプールを購入しました。ボールプールとして遊ぶ他にも、娘はぬいぐるみやままごとでごっこ遊びを楽しんでいます。遊び方も自由なハウス型のボールプールは大きくなっても長く使えて便利だと思います。

家庭用ボールプールには屋根の付いたハウス・テントタイプや屋根がないプールタイプの2種類があります。ハウス・テントタイプはボールが外に出にくいため、片付けの手間も省けます。またボールプールとしてだけでなく、ごっこ遊びができるのも特徴です。

しかし、ハウス・テントタイプは全体が覆われているため、中の様子が見づらく子どもが何をして遊んでいるのか確認できないというデメリットもあります。一方、プールタイプだと屋根がなく、中の様子が家事をしているママからも確認することができます。

プールタイプは逆にボールが外に出やすく、散らかるので片付けが面倒だという点がデメリットです。両者ともメリット・デメリットがあるので、使い勝手の良いタイプを選ぶのがおすすめです。また月齢の低い赤ちゃんを遊ばせるときは、目が行き届くようプールタイプがよいでしょう。

(キッズテントについては以下の記事も参考にしてみてください)

キッズテントの(男・女の子別)おすすめ25選!IKEA・激安通販・ニトリなど

大きさを確認する

OL

20代

子どもたちがアトラクション感覚で遊べるようにとパーツを組み合わせる大型のボールプールを選びました。思ったよりも大きくて全てのパーツを繋ぐと部屋が狭くなり移動が大変です。購入するときにしっかりサイズを確認するべきでした。

家庭用ボールプールは1人用のサイズから2~3人が入れるサイズ、複数のパーツを組み合わせて使える大型サイズのものなど、種類もさまざまです。商品が届いたときはコンパクトに折りたたまれた状態になっていますが、広げると思ったよりも大きくなります。

部屋に置くスペースがないなんてことにならないよう、購入の際はしっかりサイズを確認しておきましょう。リビングや子ども部屋など、どこに置くかも考えてボールプールの大きさを選ぶのも大切です。

収納のしやすさを確認する

パート

40代

骨組み部分がワイヤーでできたハウス型のボールプールを購入しましたが、折りたたむときにコツがいるようで収納するときに毎回時間がかかってしまいます。今では折りたたむのが面倒で出しっぱなし。扱いやすいボールプールを選ぶべきだったと後悔。

家庭用ボールプールはほとんどの商品が折りたたみ式で、遊ばない時はコンパクトに収納が可能です。しかし中には折りたたむときの手順が難しく、なかなかうまく収納できないものもあります。そのため折りたたむのが面倒でボールプールを出しっぱなしにして、部屋のスペースが狭くなることもあるでしょう。

そのため購入時は折りたたみが簡単かどうかを確認する必要があります。しかし収納のしやすさは商品ページだと中々確認することができないため、口コミを確認して収納のしづらさを挙げていないかどうかも見ておくことも必要です。

(おもちゃの収納については以下の記事も参考にしてみてください)

おもちゃの収納棚・ラック!片付け簡単でおしゃれな20商品&実例集!

安全性を確認する

育休中ママ

30代

生後8ヶ月の赤ちゃんを遊ばせるのにプール型のボールプールを選びました。最近つかまり立ちを始めたので転倒して頭を打ったりと怪我すると危ないと思い、ボールプールを選ぶ際は厚みがあり柔らかい素材かどうかを重視しました。

家庭用ボールプールで遊ぶときは安全面に問題ないか素材や作りを確認しておきましょう。ボールプールはメッシュ生地でできたものがほとんどですが、ハウス・テントタイプを選ぶときは特に生地が透けていて中の様子を確認できるかどうかも選ぶ際のポイントです。

0歳児の赤ちゃんにボールプールで遊ばせるときは転倒したときのことを考えて、厚みのある素材や柔らかい素材が使われているものを選ぶようにしましょう。

(0歳児の赤ちゃんについては以下の記事も参考にしてみてください)

【動画で解説】0歳児との遊び方は?月齢別アイデア11選!体験談も

手入れのしやすさも確認する

公務員

40代

ボールプールの中は意外と底にホコリなどのゴミが溜まっています。都度片付けているとそうでもないですが、置きっぱなしの場合は注意が必要です。汚れたら拭き取れるか、中が掃除しやすいかなど手入れのしやすさも選ぶポイントにしています。

関連する記事