内斜視の原因は?種類別の症状、治し方・予防法は?受診の目安、手術費用なども!

健診などで子供の斜視を指摘されたママもいるかもしれません。内斜視の原因や、《乳児(先天)内斜視》《後天内斜視》《調節性内斜視》など種類別に症状や治し方・治療法、予防法を解説します。気になる受診の目安や、手術の費用も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 内斜視の原因
  2. 内斜視の種類別の症状
  3. 内斜視の種類別の治し方・治療法
  4. 内斜視の予防法
  5. 内斜視の受診の目安
  6. 内斜視の手術費用
  7. 内斜視について知っておこう

内斜視の原因

斜視は医療機関や健診で指摘されることがあります。子供の顔は毎日見るものですので、パパやママが目の異変に気付くケースが多いでしょう。斜視の原因はさまざまで、眼球周辺の筋肉や神経の異常や遠視、視力障害などがあります(※1)。多くの場合、斜視は遺伝すると思われがちでしょう。しかし、斜視の遺伝性については明確に断言できる研究結果はありません。

今回紹介する内斜視については、治療が遅くなると目の負担や発達に影響を及ぼす危険があります。斜視の種類によっては、眼鏡で矯正をすることで手術を回避できるケースもあるでしょう。以下の項目から内斜視の症状について紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(外斜視については以下の記事も参考にしてみてください)

外斜視とは?原因、子供の症状の見分け方は?治療法や手術費用、受診の目安も!

内斜視の種類別の症状

生まれて間もない頃の赤ちゃんは、内斜視と診断することが難しいケースがあります。赤ちゃんは鼻筋が広がっているため、角度や表情によっては目が内側に寄っているように見えることがあるでしょう。このような場合は、成長するにしたがって自然と治ります。本当に内斜視だった場合は、治療をする必要があります。

目の位置や目つきが気になる場合は、迷わず眼科で診てもらいましょう。この項目では、内斜視の種類別の症状について紹介します。

乳児(先天)内斜視

乳児(先天)内斜視は、生後6ヶ月以内に発症する種類の斜視です。生後1ヶ月以降に発症の確認ができるケースがほとんどでしょう。片方の目が大きく内側へずれる症状が特徴です。左右どちらかの目が同じ方向へずれているわけではなく、場合によって右目や左目が内側へ寄ります。常に寄り目のように見えることもあるでしょう。(※2)

後天内斜視

後天内斜視は生後6ヶ月以降に症状が現れた斜視の種類です。遠視が原因で発症したり、怪我や強い近視、脳に異常があり発症をしたりと原因はさまざまです。後天内斜視は大人でも発症の恐れがあるでしょう。少しずつ内斜視の症状が現れ、物が二重に見えるなどの自覚症状が出てくることもあります。子供の場合は、身近な大人が目付きの異変に気付くケースが多いでしょう。(※2)

調節性内斜視

調節性内斜視は、眼鏡を装着すると正常な位置へ目が調整される斜視です。遠視が原因となり年齢は1歳6ヶ月~3歳の発症が多いでしょう。遠視で物をよく見ようとすることで、目の位置がずれ内斜視の症状が出ます。眼鏡を装着することで目の位置が調整され、物が見やすくなるでしょう。調整性内斜視かどうかは、遠視矯正用の眼鏡をかけた際の目の動きで診断をします。(※2)

部分調節性内斜視

部分調節内斜視は、調節内斜視の治療経過中に診断されることが多い内斜視の症状です。調節内斜視と診断後は遠視矯正の眼鏡をかけます。矯正用眼鏡の装着が3ヶ月以上経過してもなおずれが生じている場合は、部分調節内斜視と診断されることがあります。遠近関わらず斜視の症状が出ることで、目の発達へ影響を及ぼしていないか心配ですね。(※2)

部分調節内斜視の場合、斜視の症状が重い場合は手術で目の位置を調整するケースもあるでしょう。また眼鏡のレンズを変えることで症状が落ち着くこともあります。症状が重い場合は、手術の可能性があると覚えておきましょう。

(子供の弱視については以下の記事も参考にしてみてください)

子供の弱視とは?原因は遺伝?症状の見分け方や、見え方、治療法まで解説!

内斜視の種類別の治し方・治療法

関連する記事