新生児の片目だけに涙や目やにが出る場合は注意!原因は鼻涙管閉塞?

【医師監修】新生児の健康状態をチェックするのに目やにも重要なポイントです。新生児の体調の変化とともに、目やにの量や質も変化します。特に、片目からしか涙や目やにが出ない場合は注意が必要です。涙や目やにが片目からしか出ていないということはないでしょうか?

専門家監修 | 小児科医 イソベ先生
キャッツこどもクリニック院長。臨床心理士。産業医。何かあったときに安心できるようなかかりつけのお医者さんとして、地域をサポートする存在になりたいと思っています。...
キャッツこどもクリニック院長。臨床心理士。産業医。何かあったときに安心できるようなかかりつけのお医者さんとして、地域をサポートする存在になりたいと思っています。海外医療ボランティアや船医や災害医療派遣の経験もあります。役に立し、少しホッとできる正しい知識を啓蒙していきたいと思います。 キャッツこどもクリニックHP:https://catscc.com/

目次

  1. 気になる赤ちゃんの目やに
  2. 新生児の目やにの原因は?
  3. 要注意!眼の縁や片目だけから出る目やに
  4. 新生児の鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
  5. 要注意!眼の縁や片目だけから出る目やに
  6. 鼻涙管閉塞の治療法は?
  7. 新生児の目やにの取り方は?
  8. 新生児の目やには日ごろからチェックしましょう
  9. 目やにの出方や状態をよく見ることが重要

気になる赤ちゃんの目やに

産まれたばかりの赤ちゃんのお世話は気をつかうことが多いものです。特にかわいい赤ちゃんの目やにが多かったら、気になってしまいますよね。もともと赤ちゃんは目やにが出やすいですが、中には注意しなければならない目やにもあります。赤ちゃんの目やには、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

新生児の目やにの原因は?

なぜ新生児の目やにはでるのでしょうか。新生児は身体が小さく未発達なために、目やにが多く出てしまうといいます。

新生児の目やにの原因【目やにが多い理由】

代謝活動が活発な赤ちゃんは、目やにが多く出ます。色がつかず、粘り気がない目やになら心配ありません。これは古い細胞を新しい細胞に入れ変えていることが原因で生じる目やにだからです。

新生児の目やにの原因【注意すべき目やに】

注意しなければならないのは、免疫反応で出る目やにです。細菌やウイルスなどの異物が目に入った場合、目やにには「細菌」や「ウイルス」それらと闘った「白血球の残骸」がふくまれています。

こういった場合の目やには黄色い色がついていたり、粘り気があり固まっていたりします。量が多く拭ってもすぐに出てくるほか、充血などの症状もみられるため注意しましょう。

新生児の目やにの原因【病院を受診する目安】

白くてさらさらとした目やにであれば問題はありません。しかし、糸を引くような粘り気のある目やにや、黄色く色のついた目やになどは病院で診てもらったほうがよいかもしれません。細菌やウィルスに感染している可能性があるためです。

白目が赤く充血しているときは、結膜炎を引き起こしている疑いがあります。こちらも自己判断で放置せず、病院を受診したほうがよいでしょう。

(新生児の目やにについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児にも出る目やに!量が多い場合の対処方法や原因は?

要注意!眼の縁や片目だけから出る目やに

「たくさん目やにが出てくるけれど…片目からしか出てこないな?」「眼の縁からしか出てこないな?」と、目やにの出方に違和感がある場合は、注意すべき先天性の病気が隠れていることもあります。気を付けてみてみましょう。

片目だけ涙や目やにが出る、いくら拭いても目やにがにじんでくる

涙や目やには両方の目から均等に出るのが通常です。したがって、片目だけから涙や目やにが出る場合は、先天性の病気が隠れていることが考えられます。涙や目やにが出ているのが両目なのか、片目だけなのか、よく確認しましょう。

関連する記事