新生児の片目だけに涙や目やにが出る場合は注意!原因は鼻涙管閉塞?

【医師監修】新生児の健康状態をチェックするのに目やにも重要なポイントです。新生児の体調の変化とともに、目やにの量や質も変化します。特に、片目からしか涙や目やにが出ない場合は注意が必要です。涙や目やにが片目からしか出ていないということはないでしょうか?

専門家監修 |小児科医 イソベ先生
キャッツこどもクリニック院長。臨床心理士。産業医。何かあったときに安心できるようなかかりつけのお医者さんとして、地域をサポートする存在になりたいと思っています。...
キャッツこどもクリニック院長。臨床心理士。産業医。何かあったときに安心できるようなかかりつけのお医者さんとして、地域をサポートする存在になりたいと思っています。海外医療ボランティアや船医や災害医療派遣の経験もあります。役に立し、少しホッとできる正しい知識を啓蒙していきたいと思います。 キャッツこどもクリニックHP:https://catscc.com/

目次

  1. 気になる赤ちゃんの目やに
  2. 新生児の目やにの原因は?
  3. 要注意!眼の縁や片目だけから出る目やに
  4. 新生児の鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
  5. 要注意!眼の縁や片目だけから出る目やに
  6. 鼻涙管閉塞の治療法は?
  7. 新生児の目やにの取り方は?
  8. 新生児の目やには日ごろからチェックしましょう
  9. 目やにの出方や状態をよく見ることが重要

新生児の目やにのチェック【眼の縁や片目だけから目やにが出ていないか】

目やにが出る場所も重要なポイントです。目やにが出ているのは眼のどの辺りからでしょうか?両目からなのか、それとも片目からなのか、しっかり観察してください。眼の縁や片目だけから目やにが出ている場合は、特に注意が必要です。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/625507835726523696/

新生児の目やにのチェック【片目だけから涙や目やにが出るのは要注意】

赤ちゃんの片目から出る目やには、先天性の鼻涙管閉塞である可能性が非常に高いです。鼻涙管閉塞は、1歳までに多くの赤ちゃんが自然治癒するといいます。しかし、放置した場合は細菌に感染してしまい、涙嚢炎(るいのうえん)を引き起こす可能性もあるようです。

赤ちゃんの片目からだけ目やにがでていたら、絶対に放置しないようにしましょう。そのためにも、普段からしっかりと赤ちゃんの状態を確認してあげてください。

目やにの出方や状態をよく見ることが重要

赤ちゃんの目が涙や目やにで汚れていたら、非常に気になりますよね。しかし、まずは「どこから出ているのか?」「片目なのか両目なのか?」など、状態をよく観察しましょう。

目やにを拭うときは目を強くこすったりせず、優しくふき取ってあげてください。最初から見極めるのは難しいですが、おかしいと思ったらすぐに病院を受診して医師に相談するよう心がけましょう。

(新生児については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児とは?いつまでを新生児と呼ぶの?乳児とどう違うの?
赤ちゃん・新生児の枕はタオルの方が良い?いつから必要になるの?

関連する記事