高温期16日目で陰性だったら?体温が下がるのは妊娠の可能性薄?体験談も!

【医師監修】高温期16日目で妊娠検査薬が陰性の場合や、体温が下がってしまう場合には妊娠の望みは薄いのでしょうか?このような経験をした人の体験談を聞いてみたいと思いますよね。今回は高温期16日目の妊娠検査薬の結果、この時期の妊娠症状についてご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 高温期16日目ってどんな時期?
  2. 高温期16日目で陰性なら妊娠していない?
  3. 高温期16日目で陰性だった人のその後は?
  4. 高温期16日目に体温が下がったら?
  5. 妊娠していれば症状を感じる?高温期16日目の症状
  6. 妊娠したら病院はいつ行く?
  7. あせりは禁物

高温期16日目に体温が下がった場合、妊娠していた人と残念ながら生理が始まった人がいます。体温が下がったとしても妊娠の可能性がまったくなくなったわけではありませんので、一度下がった体温だけで判断せず、その後の様子を見ましょう。

(高温期16日目前後の症状についてはこちらの記事も参考にしてみてください)

高温期15日目はどんな症状?体験談あり!陰性でも妊娠してるかも?
高温期17日目は妊娠検査薬はあり?体温が下がったり出血があったら?体験談も

妊娠していれば症状を感じる?高温期16日目の症状

検査薬で妊娠を知る人もいれば、いつもと違う体の異変から妊娠に気付く人もいます。敏感な人であれば高温期16日目には症状を感じ始めているかもしれません。しかし、初めて妊娠を経験する方にとって、高温期16日目の症状とはどのようなものか分からないということも多いでしょう。ここでは高温期16日目に感じる症状について体験談と共にご紹介します。

高温期16日目での妊娠初期症状

高温期16日目と言うと妊娠週数で表すとまだ4週目です。一般的に吐き気などのつわり症状は妊娠5週目あたりから感じる事が多いとされています。この時期の症状としては比較的軽いものが多いです。具体的な症状の例には下記のようなものがあります。

●高温期の持続による微熱感・だるさを感じる
●トイレが近くなる・残尿感がある
●夜間に目が覚める
●股関節に痛みを感じる
●立ちくらみ・貧血になりやすい
●胸が張ったり痛みを感じる

カズヤ先生

産婦人科医

妊娠の代表的な症状といえば、”つわり”ですが、症状が出始めるのはだいたい妊娠5週ごろからです。 妊娠時に分泌されるホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌量と関連が深いと言われています。

こんな症状も

上記でご紹介した症状は妊娠初期症状の中でもほんのわずかです。その他にも「え!こんなものまで妊娠の症状なの!?」と意外な症状を感じた人もいます。そのような症状を感じた方の体験談をいくつかご紹介します。

普段は便秘気味なのですが、便通が良くなりました。

身体が火照った感じがあり、トイレが近くなり夜は眠りが浅く夜中に何度か起きました。

女性(体外受精経験有)

30代後半

いつもなら「感動するよ!泣ける!」と言われる映画を見ても全く泣かないのに、妊娠した時は涙腺崩壊して涙がダバダバ出ました。

女性

40代

上の子や夫に対してちょっとしたことでもイラッとしてしまう機会が増えました。のちに妊娠が分かり、あの時のイラつきは妊娠によるものだったんじゃないかと思いました。

AKANBO読者

30代前半

急に朝起きられなくなり、長女を妊娠した時もそうだったので直感で「二人目妊娠した」と気づきました。これも眠りづわり?なのかもしれません。

妊娠すると感情の起伏が激しくなったり、ホルモンバランスの変化によって、朝起きられない・夜は目が冴えるなどの変化を感じる人もいます。特にホルモンが多く分泌される妊娠初期はこのような症状を感じやすいので、涙もろくなったり、イライラが増えるなどの場合は妊娠を疑ってみてください。

妊娠症状を感じても

関連する記事