高温期13日目に体温が下がる?陰性なら妊娠の可能性はない?体験談も

【医師監修】高温期13日目に体温が下がる場合は「生理がくる?」と思ってしまいますが、実際にはどうなのでしょうか。また、妊娠検査薬で陰性の場合の妊娠の可能性も気になりますよね。今回は高温期13日目に体温が下がる際やフライング陰性時の妊娠の可能性を紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. 高温期13日目の体はこうなっている!
  2. 高温期13日目に感じる妊娠兆候とは?
  3. 高温期13日目に体温が下がると妊娠していない?
  4. 高温期13日目に体温が下がった人のその後
  5. 高温期13日目でフライング陰性なら妊娠していない?
  6. あまり深く考えすぎないで

高温期13日目の体はこうなっている!

高温期13日目は生理予定日前日にあたる時期です。そして妊活中の人なら誰しもが「生理がこないように」「高い体温をキープしていたい」と妊娠を願う時期なのではないでしょうか。

残念ながら妊娠に繋がらなかった場合、高温期13日目頃には黄体ホルモンと卵胞ホルモンが減り、次回の生理の準備を始めています。その反面、妊娠に至った場合は両ホルモンとも分泌を続け、増加していきます。

このホルモンの増加による作用で、立ちくらみや吐き気、微熱やだるさなどの妊娠症状を感じるようになるのです。そして、妊娠時に妊娠初期の体温がずっと高いまま維持しているのも、ホルモンの増加による影響です。

高温期13日目に感じる妊娠兆候とは?

妊娠初期にホルモンが増える影響で、妊娠症状を感じると紹介しました。まだ症状を感じていない人はどのような症状があるのか分かりませんよね。ここでは、高温期13日目に感じる妊娠超初期症状について紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

高温期13日目に感じられる妊娠兆候の例

高温期13日目に感じられる妊娠兆候の例には、以下のようなものがあります。

●体がだるい・熱を感じる
●下腹部や足の付け根に違和感がある
●胸が張ったり痛む
●胃のむかつき・気持ちが悪い
●しっかり寝ているのに眠い

女性(体外受精経験有)

35歳

体外受精でホルモン補充周期だったため体温はあまり上がらず火照った感じはありませんでしたが、胸が張ったり下腹部がチクチクする感じはありました。

先輩ママ(妊活経験有)

30代

胸が張って痛く、乗り物酔いしないのにしたり、ねつっぽかったので、これは確実に妊娠していると思いました。 その頃基礎体温は計ってなかったのですが、アプリでは生理予定日頃でした。

妊娠している場合、高温期13日目だと着床してから数日経っている状態です。人によってはつわりなどの症状が現れ始めます。また、肌が敏感になったり、涙もろくなったりと皮膚や感情など思いがけぬところから体の変化が現れる場合もあります。

リエ先生

産婦人科医

高温期13日目に感じられる様々な症状は女性ホルモンの影響によるものなので、それだけで妊娠しているかどうかは分かりません。ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

妊娠兆候が感じられない場合は?

妊娠兆候には数多くの症状がありますが、妊娠した人全員が体験するとは限りません。中にはつわりなどを経験せずに出産する人もいますし、症状が出ていても鈍感で気づいていないという場合もあるのです。

YOTSUBA読者

20代後半

私の場合、妊娠兆候は毎日同じではなく突然1日だけおりものが全く無かったり、胸のハリが消えたりして日によって様々でした。また1度目の妊娠の時は、気にしていなかったからなのか高温期14日目まで兆候は見られませんでした。

妊娠兆候が感じられなくとも妊娠の可能性はあります。過度に心配しないようにしましょう。

(妊娠の兆候については以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期の症状はない場合も?原因は?あった人・なかった人の体験談多数!

高温期13日目に体温が下がると妊娠していない?

関連する記事