赤ちゃんが泣きやまない!対処はどうしたら良い?病気が原因の場合も?

【医師監修】赤ちゃんは泣くのが仕事です。特に新生児はよく泣きます。泣くことは元気な証拠です。しかし、時には泣きやまない赤ちゃんを見て途方にくれることもあるのではないでしょうか?今回は新生児が泣きやまない原因とその対処法、病気の可能性などを説明していきます。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 新生児の赤ちゃんが泣きやまない!
  2. 新生児の赤ちゃんが泣きやまない原因は?
  3. 新生児の赤ちゃんが泣く、泣きやまない理由
  4. 新生児の赤ちゃんが泣くのは病気かも?!
  5. 泣く赤ちゃんを放置するとどうなる?
  6. 泣く赤ちゃんを無理に泣きやませようとしたら?
  7. 新生児の赤ちゃんが泣く時は落ち着いて
  8. 新生児が泣く理由をあまり追求しないことも大切

泣く赤ちゃんを放置するとサイレントベビーになる原因

出典:https://www.pinterest.jp/pin/740560732467960535/

サインレントベビーになる原因と言われているのが、「親子間のコミュニケーション不足」です。ママが赤ちゃんと接する事をやめてしまう、ネグレクト(育児放棄)になってしまった場合などになりやすくなります。

赤ちゃんが泣き止まないのに、「反応しない」「抱っこしない」「話しかけない」など赤ちゃんとの関わりが極端に少ないと普通の赤ちゃんが泣くような場面で泣かなかったり、言語や発達の遅れがみられる事があります。また「スマホ中毒」も原因のひとつです。

最近も赤ちゃんを車内に放置したり、家に何十時間も放置して出かけて亡くなってしまったという事件をたくさん耳にします。寝ないから、泣くからといって決して置き去りなどはしないでください。

サイレントベビーに留まらず、赤ちゃんは放置しすぎると死に至る原因にもなるということをしっかり覚えておきましょう。

マキ先生

小児科医

サイレントベビーは医学的な診断ではなく、根拠もはっきりしているわけではありません。 少し泣かせて家事をしたくらいでは問題になることはありませんのでご安心を!

泣く赤ちゃんを無理に泣きやませようとしたら?

近年、泣き止まない赤ちゃんを無理に泣き止ませようとして激しく揺さぶり、身体的障害などが残る「揺さぶられ症候群」というものが多発しています。赤ちゃんの脳はとても未熟で激しく揺さぶられてしまうと脳の血管などに傷をつけてしまいます。

普段のあやし方で「揺さぶられ症候群」になる可能性は低いです。ですが無理に揺さぶろうとしているわけではなくても「揺さぶられ症候群」になる可能性はあります。激しい「高い高い」や寝かしつけようと「過度に揺らす」行為などには十分に気をつけましょう。(※2)

新生児の赤ちゃんが泣く時は落ち着いて

まずママやパパが落ち着いていないと冷静な判断ができません。赤ちゃんにとってパパとママは守ってくれる人です。「泣くことでしか伝えられない」赤ちゃんの表情、泣き方などをよく観察して、焦らないで対処しましょう。

泣き止まないからといって、自分を責めないでください。赤ちゃんが泣くのには理由があります。何を求めているか分からない時は、原因を探り、病気かなと思ったら医療機関に問い合わせましょう。辛いのは、ママも同じですよね。頼れる人に助けてもらい、絶対赤ちゃんを放置することのないようにしましょう。

新生児が泣く理由をあまり追求しないことも大切

赤ちゃんが「泣き止まない」「寝ない」とき、心配になるのは赤ちゃんのことだけではありません。ママにもかなり大きなストレスがかかります。何とかしてあげたくて試行錯誤するはずです。しかし、過度な心配や、イライラは育児ノイローゼ等の原因になります。最悪の場合、赤ちゃんに手をあげてしまうこともあります。

「構いすぎはだめ」「放置しすぎもだめ」と言われると、どうすれば良いのか分からなくなります。そんな時は、赤ちゃんが泣きやまない原因を追求するのをやめましょう。赤ちゃん、特に新生児は、「泣きやまないことが当たり前」「寝てくれないのが当たり前」と考えるようにしましょう。

出典:https://www.pinterest.jp/pin/693765517594588443/

泣き止まないのが、夜泣きだとストレスはさらに大きくなります。そんな時は、ルールを決めましょう。パパの協力は不可欠です。例えば「何をやっても泣きやまないときは、パパが赤ちゃんとドライブへ行き、ママは睡眠をとる」などです。二人で協力して子育てに取り組むことが理想の子育てであることを忘れずに、誰かに頼る勇気を持つようにしましょう。

マキ先生

小児科医

泣き止まない赤ちゃんを必死であやすとお母さんまで情緒不安定になってしまいます。そしてお母さんの情緒不安定は赤ちゃんにも伝染してしまいます。 赤ちゃんが泣いていてもお母さんのせいではありません。ちょっとくらい泣いていても大丈夫、と大きくかまえることも大事ですね。行き詰まったときには外出してみたり他の人に預けてみたりすると、すっと泣き止んだりするかもしれません。

関連する記事