排卵日・前後の頭痛を9種別で解説!原因と対処法は?おすすめの薬は?体験談も!

【医師監修】「排卵日やその前後の時期になるとなんだか頭痛がして辛い」とお悩みの方が少なからずいます。頭痛がするといっても排卵日やその前後の頭痛は種類もさまざまです。そこで頭痛の種類を9パターンに分けて解説し、原因や対処法、体験談などをお伝えしていきます。

専門家監修 |内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 排卵日・前後に感じる頭痛
  2. 頭痛の種類9選
  3. 排卵日・前後の頭痛におすすめの薬はある?
  4. 排卵日・前後の頭痛に対処法はある?
  5. 妊活中の排卵日前後に頭痛薬は飲んでも大丈夫?
  6. 頭痛が続く時は無理せず病院を受診しましょう

排卵日・前後に感じる頭痛

排卵日やその前後に感じる頭痛のタイプには大きく分けて2つあります。「偏頭痛」と「緊張型頭痛」と呼ばれるものです。この2つの頭痛のうち、排卵日やその前後に頭痛を感じる方は偏頭痛タイプが多いと言われています。しかし緊張型頭痛の場合もあり、それぞれ原因や症状が違うのです。

排卵日前後の頭痛は「熱っぽい」「だるい」「気持ち悪い」などの症状を伴います。その強弱も人によりさまざまです。原因を探し、少しでも痛みを軽減できるように対策をとりましょう。

排卵日・前後の偏頭痛

出典:https://www.pinterest.jp/pin/576038608592345891/

排卵日やその前後に起きる頭痛に多いタイプは偏頭痛です。頭の左右どちらか、または両側ともズキズキと痛む頭痛です。また、「吐き気」「嘔吐」など気持ち悪いと感じる症状が30〜40代の女性に多く見られます。30~40代の女性のうち、偏頭痛を感じる人の割合は18.4%と約5人に1人の割合で起こる珍しくない症状です。

偏頭痛を感じている時には「音」や「光」「臭い」などに敏感になります。また、少し動いただけでも「痛い」「しんどい」と感じるでしょう。(※1)

排卵日・前後の頭痛には緊張型頭痛もあります

緊張型頭痛は「首」「肩周辺」の筋肉の緊張により、血管内に痛みを感じる物質が生じて起きるものです。その原因は、排卵期に増加する黄体ホルモンです。

体内の血流の流れが子宮を優先し、脳に運ばれる血流が減ると体内に水分がたまりやすくなります。だるいと感じたりむくんだり体全体の血流が悪くなるのです。また吐き気など気持ち悪いと感じる場合もあるでしょう。

自律神経の乱れから緊張型頭痛が起きる場合もあります。その際には熱っぽいと感じたり、実際に発熱する場合もあるでしょう。また骨盤が歪むことによって背中が歪み、背中や頭などの筋肉が引っ張られて緊張することも原因となります。生理前は骨盤が多少開きますが、歪んでいてスムーズに開かないと、緊張型頭痛になってしまいます。(※2)

(排卵日の症状については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵日の症状は?吐き気、腰痛、腹痛などがある?原因と対処法!
排卵日の腰痛!原因と対処法は?体験談も!ひどい痛みは卵巣癌の可能性も?

頭痛の種類9選

一口に排卵日・前後の頭痛と言っても、いくつか種類があります。ここでは排卵日・前後の頭痛の種類や特徴を9つお伝えします。

1. 頭痛の種類【エストロゲンが原因の排卵日・前後の頭痛】

関連する記事