【医師監修】排卵日の下痢!原因と対処法は?腹痛を伴うと妊娠しにくい?体験談も!

排卵日頃になると下痢になってしまう…私だけ?腹痛を伴うと妊娠しにくいという話も聞いたことがあって心配…。下痢の症状や妊活のことは人には聞きづらいですよね。この記事では排卵日になると下痢になる原因と対処法を体験談も交えてご紹介します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 排卵日になると下痢になる…毎回ツライこの症状の原因は何?
  2. 排卵とは
  3. 排卵日に下痢になる原因は?
  4. 排卵日におこる下痢の対処法は?
  5. 下痢に効果のある身体を温める方法
  6. 排卵日に下痢の症状が緩和された人の体験談
  7. 排卵日の下痢は腹痛を伴うと妊娠しにくいって本当?
  8. 排卵日に腹痛を伴う下痢の症状があっても妊娠した人の体験談
  9. 排卵日に下痢を繰り返す人は生活習慣を見直してみましょう

排卵日になると下痢になる…毎回ツライこの症状の原因は何?

「毎月原因はわからないけど下痢になってしまう日が必ず来る…」実はそう思いながら下痢の症状に悩んでいる女性は多くいます。この下痢の原因は、排卵日頃の女性特有のホルモンバランスからくる下痢であることが多いです。今回は排卵日になると下痢になってしまう原因や下痢の症状の対処法を詳しくご紹介します。

排卵とは

女性の月経周期は卵胞期・排卵期・黄体期・月経と4つのサイクルから成り立ちます。その中の排卵期に成熟した卵子が卵巣から飛び出すことを排卵と呼び、この日が排卵日です。

排卵日とはどういう状態?

排卵期から排卵日にかけて身体は卵子を育てるためのホルモンから、排卵した卵子を受精~妊娠まで支えるホルモンに変化します。そのため下痢や下腹部痛など体調不良を起こすことがあるのです。

(排卵については以下の記事も参考にしてみてください)

排卵と生理の仕組みについて!卵子はどう関係する?
排卵とは?生理や妊娠との関係性・仕組み・違いは?症状はある?

排卵日に下痢になる原因は?

ホルモンバランスの変化が排卵日頃の下痢や下腹部痛など腹痛を起こす原因になる場合があります。なぜホルモンバランスの変化が原因になるのでしょうか。

排卵期の女性ホルモンが下痢の原因

home-yyさん(@yyhome624)がシェアした投稿 -

月経開始後から卵胞期にかけて、エストロゲンというホルモンが活発に作用します。しかし排卵期になると、エストロゲンの分泌は減少。活発に分泌されるようになるのがプロゲステロンです。

プロゲステロンは身体に水分を溜めこんだり体温を上げる働きがあります。これが原因で体が反応し、下痢や下腹部痛といった不調を感じ始めてしまう人がいるのです。(※1)

プロゲステロンの分泌量や影響には個人差があるのですが、中には排卵日のたびに下痢や下腹部痛などの不調を感じる人もいます。

増田陽子

内科医

排卵日のホルモンバランスによる下痢は、長くても1〜2日で収まりますが、3日以上下痢が続くような場合は、排卵中に風邪などを引いたなど別の事が原因です。

排卵日には下痢以外にも症状もある?

関連する記事