【医師監修】妊娠11週の妊婦・胎児の状態は?症状と注意点!流産の確率が高い時期?

妊娠11週でつわりは落ち着く?流産の確率は高い時期なの?と妊娠中は色々と不安になることもありますよね。この時期の状態や症状に注意点や胎児のはどのくらい大きくなってるかなど、妊娠11週の妊婦や胎児の詳しい状態をご紹介していきます。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 妊娠11週の妊婦の状態はどうなっている?
  2. 妊娠11週は妊娠3ヵ月最後の週
  3. 妊娠11週の妊婦の身体の変化
  4. 妊娠11週はマイナートラブルが出てくるころ
  5. 妊娠11週で注意する症状はある?
  6. 妊娠11週の胎児の状態はどうなっている?
  7. 妊娠11週ごろの胎児の発達の状態
  8. 妊娠11週ごろにわかる胎児の注意点
  9. 妊娠11週までは流産の確率は高い?早期流産に注意が必要な時期
  10. 感染症には要注意!流産の原因や胎児奇形の原因にも
  11. 安定期まで無理のないスケジュールでゆったり過ごそう

上記の体験談のように、早い人で妊娠4週ごろから感じ始めるつわりはこの頃になると落ち着く人も多くなってきます。つわりが落ち着くと食欲がなかった人も色々食べられるようになり、急激に体重が増えてしまうこともあります。急激に太りすぎると妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などのトラブルになる確率も上がるので、つわりが落ち着き食欲が出てきた妊婦さんは体重管理に気を付けましょう。

また上記の体験談のように、この頃につわりのピークになる妊婦さんもいます。つわりで体調の悪い人は、無理をせず食べれるときに、食べられるものを食べましょう。つわりは長くて妊娠20週ごろには落ち着くことが多いです。まだまだシンドイ妊婦さんもつわりが落ち着くまであと一息頑張りましょう。

(つわりについては以下の記事も参考にしてみてください)

妊娠初期のつわりはいつからいつまで?対策や症状の見分け方は?

妊娠11週はマイナートラブルが出てくるころ

妊娠11週目ごろになって、ようやくつわりが落ち着く人も今度は急激な体の変化に便秘による腹痛や、骨盤が開くことで腰痛になったりとマイナートラブルが出てくる頃です。どんなマイナートラブルがあるかご紹介します。

便秘に悩む人も多数

kinmokusei101さんの投稿
22860176 1753514038285150 2580118620008873984 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

妊娠中に便秘に悩む妊婦さんはとても多いです。これは、妊娠中に分泌が活発になるプロゲステロンというホルモンが腸の動きを弱めてしったり、大きくなってきた子宮が腸を圧迫してしまうためです。また、子宮に水分が集中してしまうことや、つわりで水分不足になることも原因の一つです。便秘を放置しておくと、腸内にガスが溜まって子宮を圧迫してしまうことがありよくありません。

tashirochikaさんの投稿
23507056 248481862349669 4291379684047847424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

対処法としては、水分をしっかりとること、食物繊維の多い食材を取り入れることなどで改善できます。しかし、それでも改善できない場合は妊婦健診の際に医師に相談すると妊婦でも飲めるお薬(酸化マグネシウムなどの便に水分を含ませる下剤)を処方してくれますので、我慢せずに相談するようにしましょう。出血を伴う腹痛や腰痛を感じたら必ず病院へ受診するようにしましょう。

(妊娠中の便秘については以下の記事も参考にしてみてください)

妊婦の便秘薬!市販品、漢方どれがOK・NG?病院処方のマグミットは?

腰痛や股関節痛になる場合がある

この頃になると腰痛や股関節痛に悩む妊婦さんも出てきます。腰痛は、リラキシンというホルモンが分泌される影響です。このホルモンは出産のために骨盤が開きやすくなるようにするために骨盤周りの靭帯を緩める働きをします。その為、骨盤が開き腰に負担がかかってしまい腰痛になります。股関節痛も骨盤が開くことで関節がずれて痛みを感じます。骨盤ベルトを使って骨盤を締めると腰痛や股関節痛が楽になります。

カズヤ先生

産婦人科医

リラキシンというホルモンの影響で恥骨結合や仙腸結合などの筋肉を弛緩させるという報告がありますが、あくまで動物実験においての報告ですので、このような説もあるという紹介になります。

上記の体験談のように、腰痛の妊婦さんが骨盤ベルトをしたことで楽になったという体験談も多数あります。

関連する記事