生理が止まらない原因は?病気の可能性も?対処法と治療法を解説!

【医師監修】生理がなかなか止まらないため不安になっている女性がいると思います。なかなか止まらない生理の原因は何なのでしょうか。なかなか止まらない生理は病気の可能性があるのでしょうか。今回はなかなか止まらない生理の対処法と治療法についてお話します。

専門家監修 | 内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. なぜ生理はあるの?
  2. 生理が止まらない!?
  3. 生理が止まらない原因は?
  4. 生理が止まらない時の対処法
  5. 受診の目安は?
  6. 生理が止まらない時の治療法
  7. 体からのSOSを見逃さないで!

なぜ生理はあるの?

皆さんは生理がどうして起こるのかご存知ですか?「なぜ毎月生理になるの?」という疑問を抱いたことがある女性の方も多いでしょう。女性の体内では毎月妊娠に向けての準備が行われており、妊娠しなかった場合には生理が起きることになります。今回ご説明するのはそんな生理の通常周期や期間、止まらない場合の原因や対処法などについてです。

通常の生理周期

一般的な女性の生理周期は25日から38日とされています(※1)。生理周期が1、2日ずれる場合もありますが、必ずしも異常が起きているというわけではありません。生理周期には卵胞期・排卵期・黄体期があり、生理が開始した日が卵胞期の1日目です。14日ほど続く卵胞期には卵子が入った卵胞が成長し、約16~32時間のみの排卵期に卵子が放出されます。

そして、黄体期に入ると女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが多量に分泌され始めます。これによって子宮内膜に厚みが増し、受精卵が着床しやすい状態となります(※2)。受精卵が着床しなかった場合に不要となった子宮内膜が剥がれ、血液と一緒に体外に排出される現象が生理です。

(生理周期については以下の記事も参考にしてみてください)

生理周期がバラバラになるのはなぜ?排卵との関係や原因を知りたい!

通常の生理期間

「生理は何日間続くのが普通なの?」と気になった経験はありませんか?生理は数日間にかけて少量の出血が続くことが正常な状態だと言われています。個人差はあるものの、通常の生理期間は一週間前後です。

生理が止まらない!?

先ほども触れたように通常の生理は3~7日で出血が止まるものです。しかし、中にはなかなか生理が終わらないというケースも見られます。「鮮血がいつまでも止まらない」「少量の血が出たり止まったりを繰り返している」などの生理が終わらない悩みを抱えている女性の方も多いのではないでしょうか?

過長月経とは

8日以上出血が続く長い生理のことを「過長月経」と呼びます。長い間出血し続けるだけでなく、鮮血が続いたり少量の出血を繰り返したりするのも過長月経の症状です。過長月経には子宮筋腫や子宮腺筋症といった病気が原因であるものと、ホルモン異常による無排卵周期に起こるものの2種類があります。(※2)

過長月経の目安

生理期間が8日以上続くと過長月経に当てはまりますが、長い場合は1ヶ月以上出血し続けることもあります。「毎月生理が8日以上ある」「少量の出血が1ヶ月にわたって続く」といった場合には、過長月経の疑いがあることを告げて婦人科で診察をしてもらいましょう。

生理が止まらない原因は?

関連する記事