【医師監修】デュファストンの効果と副作用!生理周期や基礎体温に変化が?体験談あり

生理が来ないと心配になりますよね?そんな時、病院でデュファストンという生理不順のためのお薬を処方された方も多いはず。デュファストンは、いつ服用すればいいのか?服用すると体温が下がるのか?服用中や服用後の注意点について詳しく説明していきます。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. 生理のお薬デュファストンについての基礎知識
  2. デュファストンを服用した時の効果は?
  3. 生理痛などの副作用について
  4. デュファストンって飲み方の注意点はある?
  5. デュファストンと生理の関係
  6. 生理のお薬デュファストンと仲良くつきあおう!

生理痛などの副作用について

聞きなれない名前のお薬を処方されて初めて服用する時は不安なものですよね。デュファストンの服用中や服用後に副作用があるのか、あるとすれば服用中や服用後にどのような副作用が起こるのかを見ていきます。

デュファストンに生理痛などの副作用はある?ない?

結論から言えばデュファストンにも副作用はありますが、どんなお薬にも副作用というものは存在します。デュファストンの副作用は少ない方で、実際に影響が出る人はわずかです。

デュファストンにはどんな副作用があるの?

デュファストンの副作用としてよく言われているのは「食欲がなくなる」「吐き気をもよおす」「体がだるくなる」といったものです。

ただし、どの副作用も実際に症状が現れる人は1%以下です。そのほとんどは風邪などの他の要因による場合が多く、服用中や服用後の副作用はほとんど心配する必要はありません。

デュファストンを飲むと太っちゃうって本当?

デュファストンを服用中・服用後の副作用として体重が増えることを心配される方がいますが、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンを補給しているのでふっくらと丸みを帯びた女性らしい体つきになることがあります。それを副作用と取るか利点と取るかは人によるでしょう。

また、妊娠すると体重が増えやすくなります。もしも、赤ちゃんができることを望んでいるならば、妊娠したことによって体重が増えることは喜ばしいことと言えるでしょう。

AKANBO専属ライター

20代前半

「デュファストンを飲むと副作用で太るよ」って言われてて心配してたんですけど、そんなことはありませんでした。ただ、体重は増えなかったんですけど、体が丸みを帯びたり、おっぱいに張りが出てきちゃいました。逆によかったかも?

この他にも、体が丸みを帯びたとかおっぱいが張ったという報告が多くされています。デュファストンの服用により女性ホルモンそのものを摂取していることになるので、女性らしい体つきになるのでしょう。

デュファストンって飲み方の注意点はある?

デュファストンはいつ飲めばいいのかや服用中・服用後の状態が気になる方も多いでしょう。そこでデュファストン服用時の注意点を説明します。

まず女性の基礎体温には「体温が上がる高温期」と「体温が下がる低温期」ふたつの時期があります。この基礎体温は人によって温度の差があるため、普段から自分の基礎体温をチェックしておくことが重要です。

基礎体温とは「静かにしている時の平均的な体温」のこと。運動した直後などに測らないようにしましょう。いつ測るのがいいかといえば、朝目覚めてすぐに測るのがおすすめです。

関連する記事