プラノバールの避妊効果は?性交前とアフターピルとしての服用がある?実体験も

【医師監修】「プラノバール」とは女性ホルモンの配合されている薬です。婦人科系の様々な使用目的がありますが、避妊のために使う場合もあります。そんなプラノバールですが、いつ飲んでも避妊できるわけではありません。今回は実体験・体験談も含め、プラノバールの避妊効果についてご紹介します。

専門家監修 | 産婦人科医 カズヤ先生
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています...
現在11年目の産婦人科医です。国立大学医学部卒業。現在は関西の総合病院の産婦人科にて勤務しています。本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

目次

  1. プラノバールの働きとは
  2. プラノバールで避妊するメカニズム
  3. プラノバールを飲むタイミング
  4. プラノバールで避妊する実際の使用方法
  5. プラノバールを服用する際の注意点
  6. プラノバールはどこで買えるの?
  7. 避妊はプラノバールばかりに頼りすぎない!

プラノバールは比較的ホルモンの量が多い薬品です。身体への負担がないか、症状を見ながら使用を継続しなければいけません。個人差はありますが副作用もあるので、プラノバールに頼り過ぎず、基礎体温や別の避妊法も行いましょう(※2)。

プラノバールに限らず避妊目的のピルは、体内へのホルモンバランスの影響を与えます。使用の際は自己判断せず、婦人科の医師に相談し、用量と用法を守って使用するようにしましょう。

関連する記事