3歳児の身長の発達の平均は?伸びない原因は?伸ばすための食事・睡眠・遊びを紹介!

【医師監修】3歳の男の子・女の子別の身長の平均や伸び率、なかなか伸びない原因について詳しく解説します。また、3歳の男の子の身長を伸ばすために親がサポートできる《食事》《睡眠》《遊び》などもご紹介します。身長が伸びないことが気になる人はぜひ参考にしてみてください。

専門家監修 | 小児科医 新井昇子
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、...
3歳男児と7歳女児の子育て中の小児科医です。現在は、魔法の子育てセミナー、個人セッションも行なっております。子育ての経験と心理学・医学的知識、そしてモンテッソーリ教育の考え方を統合した普遍的な子育て論を構築し、子育てやご自身の人生について悩んでいる保護者様とその子供たち、両者にとっての幸せの形を一緒に探るお手伝いができればと思います。

現役小児科医のリアル子育ち・自分育て

目次

  1. 3歳児の身長の平均や伸び率は?
  2. 3歳児の身長がなかなか伸びない原因は?
  3. 3歳児の身長を伸ばすための食事
  4. 3歳児の身長を伸ばすための睡眠
  5. 3歳児の身長を伸ばすための遊び
  6. 3歳児の身長には個人差があることを忘れずに!

3歳児の身長の平均や伸び率は?

ママやパパにとって、自分の子供がしっかり発達できているかどうかは大事なことですよね。特に3歳は少しずつ身長も伸びはじめ、身体の発達がわかりやすい年齢でもあります。そこで気になるのが、周りの子と比べたときに自分の子供の身長が平均身長より低い場合ではないでしょうか。

身体がしっかり発達していれば特に心配する必要はありませんが、どうしても平均身長より小さいと親は心配になってしまいますよね。食事や睡眠をしっかりとっていても、身長の伸びには個人差があるものです。そもそも、3歳児の平均身長や伸び率とはどのくらいなのでしょうか。

3歳の男の子の平均身長

3歳はもっとも身長が伸びるといわれている時期のひとつです。男の子の平均身長は、3歳1ヶ月のときが94.0cmで、3歳11ヶ月のときは99.7cmといわれています。1年間での伸び率は平均5.7cmです。しかし、平均身長は、あくまで平均です。子供の身長には個人差があり、平均よりも小さいからといって発達が遅れているとむやみに心配する必要はありません。

大事なのは、先月や前年に比べてどのくらい伸びたかということです。また、母子手帳にある幼児身体発育曲線のグラフをチェックしてみるとわかりやすいのでおすすめです。

3歳の女の子の平均身長

男の子同様、女の子もよく身長が伸びるといわれる時期です。女の子の平均身長は、3歳1ヶ月のときが92.8cmで、3歳11ヶ月のときは98.9cmです。1年間での伸び率は平均6.1cmということになりますね。これはあくまでも平均身長になります。

平均身長よりも小さいから発達が遅れているというわけではありませんので、気にしすぎるのはよくありません。個人差がありますので、平均身長を気にするより、母子手帳にある幼児身体発育曲線のグラフに目を向けてみましょう。

(3歳の女の子の平均身長については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児の女の子の平均身長は?高い・低い原因や基準、それぞれの対処法も紹介

3歳児の身長がなかなか伸びない原因は?

とはいえ、3歳になってまわりの子供がぐんぐん身長が伸びているのに、自分の子供だけ身長が伸びないのは親としては心配になってしまいますよね。3歳の子供の身長がなかなか伸びないことには、何か原因があるのでしょうか?こちらでは、3歳児の身長が伸びない原因について詳しくご紹介します。

栄養不足

3歳になっても周りの子に比べて身長が低い場合は、栄養不足である可能性があります。発達が目にみえる時期とはいえ、3歳の子供の胃は大人が思うよりもずっと小さいのです。そのため、すぐにおなかいっぱいになってしまいがちです。いつも食事中に元気よく食べていても、実際の食事の量を見るとそれほど食べていないこともあります。

3歳になってもなかなか身長が伸びない場合は、1度食事中に子供がどのくらいの量を食べているかチェックしてみるといいかもしれません。また、栄養不足は食が細い以外にも起こる可能性があります。それは、お菓子です。食事に比べお菓子は栄養価が低いため、お菓子ばかりを食べていると身体の発達に必要な栄養を摂取することが難しくなってしまいます。

睡眠不足

3歳の子供が身長が伸びない原因として、睡眠不足が考えられるでしょう。身体の発達に必要不可欠な成長ホルモンは、夜寝ている間に分泌されます。そのため、睡眠不足が長く続くと子供の発達に影響を及ぼします。また、睡眠不足のほかにも、夜寝る時間が極端に遅かったり、毎日寝る時間が定まっていない場合も、低身長になる可能性があります。

病気

3歳になってもなかなか身長が伸びない場合は、病気が関係している可能性もあります。身長が伸びにくくなる病気として、脳腫瘍、軟骨無形成症、ターナー症候群、甲状腺ホルモンの不足などがあります(※1)。これらの病気は、パパやママが自己判断するのはとても危険です。

3歳児の身長には個人差があるものですが、どうしても心配な場合は、医師へ相談してみるといいでしょう。

(3歳児の言葉が遅い場合は以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児の言葉が遅い…!発達の目安は?遅れている場合の対処法や体験談など紹介

3歳児の身長を伸ばすための食事

ママとしては3歳の子供の身長を伸ばすために、どんな食事を作ることが望ましいのかと気になりますよね。こちらでは、3歳の子供が身長を伸ばすために必要な栄養素を詳しくご紹介します。それぞれの栄養素がどんな食材に入っているかもご紹介しますので、食事作りの参考にしてみてくださいね。

たんぱく質

たんぱく質は、3歳児の身体の発達に欠かせない栄養素のひとつです。実は、人間の身体は体重の1/5がタンパク質でできています。また、たんぱく質は三大栄養素のひとつでもありますね。身体の発達に必要な筋肉や血液を作る働きがあります。たんぱく質がたくさん入っている食べものは、卵類、乳製品、魚、肉、大豆などです。とくに、良質のたんぱく質を摂取したいのであれば、肉は赤身の部分を調理するといいでしょう。

βカロテン

3歳児の身長を伸ばすためには、βカロテンも必要な栄養素です。βカロテンというと聞きなれないママも多いかもしれませんが、βカロテンは子供の身体のなかでビタミンAに変化します。ビタミンAは、体内の免疫力をあげたり粘膜を強くする効果のある栄養素です。βカロテンを多く含む食材は、にんじんやかぼちゃ、モロヘイヤなどがあります。

3歳児の場合は、にんじんやかぼちゃからチャレンジするのがいいでしょう。モロヘイヤはくせのない味ではありますが、粘り気があるため苦手な子もいます。しかし、3歳児の身長を伸ばすためにもモロヘイヤの栄養素はぜひ取り入れたいものです。子供の様子を見ながら食卓に出してみるのもいいでしょう。

カルシウム

3歳児の身長を伸ばすには、カルシウムもしっかりと摂取したほうがいいでしょう。カルシウムは、桜エビや牛乳、チーズなどに多く含まれています。カルシウムというと、骨をイメージする人も多いのではないでしょうか。カルシウムには骨だけでなく、歯も丈夫にしてくれる栄養素です。

とくに、牛乳にやチーズにはたんぱく質も多く含まれているため、ぜひ食事の献立に検討してみてくださいね。

亜鉛

亜鉛をしっかりと摂取することも、3歳児の身長を伸ばすには大切なことです。亜鉛という栄養素は聞きなれないママも多いでしょうが、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。亜鉛が多く含まれている食材は、レバーやピーナッツ、抹茶やピュアココアなどです。

3歳児にとってレバーは食べづらいかもしれませんが、ココアやピーナッツであればおやつとして喜んで食べてくれるでしょう。また、亜鉛に限らずどの栄養素も過剰摂取はよくありません。まんべんなく、たくさんの栄養素を摂取することが3歳児の身長を伸ばすのに好ましい食事といえます。

食べものに興味がない子の場合

3歳児はさまざまなものへの興味が湧いてくる時期ですので、食べることが好きな子は多いです。しかし、食べることにあまり興味がなく、食事の量が少ない子も中には存在します。子供が食事を食べたがらない場合は、無理にすすめると逆効果になってしまいます。そういうときは、足りない栄養素を補うサプリメントなどを取り入れてみるのもいいですよ。

サプリメントはさまざまな形状のものがあります。子供が食べやすいものや興味を引きそうなものを選んでみてくださいね。また、サプリメントのほかにはおやつを活用するのもひとつの方法です。3歳の子供はまだ胃が十分に発達していないため、もとよりたくさん食べることはできません。

カルシウムやたんぱく質が不足しているのであれば、おやつにチーズや牛乳などがおすすめです。βカロテンの不足には、手作りのかぼちゃタルトやにんじんケーキなどもいいですね。さらに、亜鉛が不足しているのであれば、ココアやピーナッツなどもおすすめです。

3歳児の身長を伸ばすための睡眠

3歳児の身長を伸ばすためには、睡眠の質も大切です。しかし、パパやママが「もう寝なさい」といっても遊びたい盛りの3歳児は素直に寝てくれませんよね。こちらでは、3歳児が身長を伸ばすために目安にしたい睡眠時間や、上手に寝てもらうためのコツやポイントなどをご紹介します。

3歳児の睡眠時間の平均は10時間

3歳児の睡眠時間の平均は10時間といわれています(※2)。「寝る子は育つ」という言葉がありますがまさにそのとおりで、寝ている間に2~3時間間隔で成長ホルモンが分泌されるのです。そのため、たくさん寝ている子の方が成長ホルモンが分泌されて身長が伸びやすくなるということです。しかし、この睡眠時間はあくまでも目安なので、こだわり過ぎる必要はありません。

遅くても夜9時には就寝

睡眠時間の目安が10~13時間となると遅くても夜9時には就寝させなくてはなりません。たとえば、目安どおりに13時間の睡眠をとると、夜9時から就寝させたときに起床するのは朝7時という計算になります。朝7時に起床は「いろいろ間に合わない…」と感じるママが多いのではないでしょうか。

とくに働いているママであれば、自分が会社に出社する前に子供を預けなくてはならないので、朝7時の起床では間に合わないでしょう。幼稚園の場合も、子供の朝ごはんや支度を考えるとギリギリの時間です。3歳児の身長を伸ばすためにも、夜9時より早めの就寝を心がけましょう。

寝る前の儀式を決める

就寝時間や睡眠時間の目安はわかっても、遊びたい盛りの3歳児はそう簡単には寝てくれませんよね。そこで、寝る前の儀式を決めておくことで、スムーズに眠ることができますよ。寝る前の儀式といっても、難しいことはしなくても大丈夫です。歯を磨く、絵本を読む、パジャマに着替えるなどです。

最初はなかなか覚えてくれなくても、繰り返し行うことで習慣になります。諦めずに小さなことからでも大丈夫なので、続けてみてくださいね。

(3歳児の反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児の反抗期の原因と対処法!男の子・女の子別に解説!体験談も

毎日同じ時間に寝て起きる習慣をつける

睡眠時間の目安は10~13時間ですが、夜寝るのが遅かったからといってその分朝遅くまで寝かせるのはよくありません。これを繰り返すと、規則正しい睡眠のリズムが身につかなくなってしまいます。たとえ、前の晩に眠りにつくのが遅かったとしても、翌朝はいつもと同じ時間に起こすのが望ましいでしょう。

3歳児の身長を伸ばすための遊び

3歳児の身長を伸ばすためにも、遊びは大切な存在です。3歳児は身長がよく伸びる時期のひとつですが、たくさん身体を動かすことにより、成長ホルモンが分泌されます。また、3歳であれば友達と遊ぶことも多いですよね。友達と身体を動かして遊ぶことは心や身体の発達にもいい影響を及ぼすでしょう。

また、日中にしっかりと身体を動かすことで、夜ぐっすりと眠ることができます。身体を動かす遊びは身長を伸ばすための成長ホルモンも分泌され、夜もすんなり眠りにつけるので、ママやパパにとっては一石二鳥でしょう。

たくさん歩く

身体を動かすといっても、まだ3歳ですのでハードなスポーツをさせるよりは歩くことから始めるのがいいでしょう。3歳の子が、ハイキングやお散歩で長距離を歩くのは案外大変なことです。普段、車や自転車の後ろに乗せて移動することが多いママは、この機会に歩くことを意識してみてくださいね。

どんなことにも興味深々の3歳児にとって、何気ないお散歩でも楽しいはずです。

ジャンプ・のぼるなどの動きをする

3歳であれば一緒に散歩しているときに、ふと道路の石段に上ってみたり、水たまりをジャンプしたりできる年齢ですね。遊びへの興味がつきない3歳児は、日々たくさんのことに関心をもっています。そういった日常の動作を大事にしましょう。ただ、ちょっと目を離したすきにケガをしてしまうこともありますので、ママやパパが目を離さないように気をつけましょう。

(3歳に最適な自転車については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳に最適な自転車は?上手な選び方と補助輪付きおすすめ15選

体操する

3歳児が身体を動かせる遊びは、外遊びだけではありませんよ。季節によっては雨が続く時期もありますよね。また、夏の暑すぎる日は熱中症の危険もあるので外遊びができないと嘆くママも多いでしょう。そういったときは、室内で音楽に合わせて踊ったり体操をするなどの遊びをしましょう。

自治体によって子供の遊び場として体育館などが用意されているところもありますので、確認してみるといいでしょう。ほかの子供と接することは、身体の発達だけでなく心の発達にもつながりますよ。

子供が興味を持つ遊びを見つける

3歳児は好奇心旺盛で遊びが大好きな子が多いですが、なかにはそれほど身体を動かす遊びが好きでない子もいます。そういう子には無理やり運動させるのは逆効果です。ますます、運動が嫌いになってしまうでしょう。3歳の子供が好きなものには個人差があります。自分の子が無理なく遊べる、または興味をひくような遊びをみつけてあげましょう。

(3歳児の成長を促す遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】3歳児の成長を促すおすすめの遊び15選!外・室内・工作など

3歳児の身長には個人差があることを忘れずに!

男の子でも女の子でも、3歳児の身長には個人差があります。平均身長も目安でしかありませんので、あまり気にしすぎない方がいいでしょう。どうしても気になるときは、子供とたくさん遊んだり、美味しく食べることができるご飯を作ってあげるなどの工夫をしてみてくださいね。

新井昇子

小児科医

初めてのお子様ですと、いろいろなことが心配になるかもしれませんね。 子供の成長は一点だけをみて評価するものではないので、間隔をあけて成長の様子を見ることが基本です。 健診では必ず身長体重が成長曲線に沿っているかをみますが、平均かどうかは重要ではないので私はあまり言及しません。 食べる量も、睡眠も遊びも個人差のあるものですので、ここに書いてあることは参考程度に見て、目の前にいるお子様の変化を毎日感じてあげてください。そんな中で気になることなどあれば、小児科にご相談ください。

関連する記事