チュチュベビー哺乳瓶の選び方は?使い方やちくびの素材、口コミで人気の商品も紹介!

チュチュベビー哺乳瓶の特徴や口コミで人気の理由をはじめ、チュチュベビー哺乳瓶の《広口》《スリム》などの種類、本体の素材・サイズや、ちくびの特徴、選び方のポイントや、口コミで人気のおすすめ商品について紹介しています。温度調節などの使い方のコツや、正しい洗い方・消毒方法についても紹介しています。

目次

  1. チュチュベビー哺乳瓶の特徴
  2. チュチュベビー哺乳瓶が口コミで人気の理由は?
  3. チュチュベビー哺乳瓶の種類
  4. チュチュベビー哺乳瓶本体の素材・サイズ
  5. チュチュベビー哺乳瓶のちくびの特徴
  6. チュチュベビー哺乳瓶の選び方のポイント
  7. 口コミで人気のチュチュベビー哺乳瓶のおすすめ商品
  8. チュチュベビー哺乳瓶の温度調節など使い方のコツ
  9. チュチュベビー哺乳瓶でむせる・ミルクが出ない・吸えない原因・対処法は?
  10. チュチュベビー哺乳瓶の正しい洗い方・消毒方法
  11. チュチュベビー哺乳瓶とピジョン母乳実感は互換性があるって本当?
  12. チュチュベビー哺乳瓶のレビュー評価ランキングも見てみよう!
  13. 赤ちゃんに合ったチュチュベビー哺乳瓶を選んであげよう!

チュチュベビー哺乳瓶の特徴

チュチュベビーの哺乳瓶のちくびは、クロスカットと言って乳首の先にバツ印に切り込みが入っています。そのため哺乳瓶を横に倒してもミルクがこぼれにくく、赤ちゃんが飲む時には好きな量を調整することが可能です。ママのおっぱいを吸う時のようにミルクの量を自分で調節できるので、赤ちゃんも飲みやすく哺乳瓶に対して抵抗が少ないと言えるでしょう。

またチュチュベビーのトレードマークであるペンギンのイラストや、絵本でおなじみのミッフィーの絵柄も可愛くてママにも人気があります。創業から40年以上経つ信頼のある会社でもあるチュチュベビーは、日本にとどまらず世界各国で愛用されている哺乳瓶メーカーということも特徴の1つです。

(赤ちゃんに合った粉ミルクの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんに合った粉ミルクの選び方は?ママ達のおすすめ10選!口コミ多数

チュチュベビー哺乳瓶が口コミで人気の理由は?

昔から多くのママたちに愛用されてきたチュチュベビーの哺乳瓶は、口コミでも良い評価が書かれていて人気です。なぜ人気なのか、その理由が気になりますね。ここからはチュチュベビー哺乳瓶が多くのママに支持される理由を紹介しましょう。

(赤ちゃん用コップの選び方については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん用コップの選び方は?おすすめベビーマグ15選!口コミあり

横に倒してもこぼれない

チュチュベビーの哺乳瓶はクロスカットになっており、横に倒してもミルクがこぼれないというメリットがあることはすでに紹介しました。口コミでは、布団の上で赤ちゃんにミルクを飲ませていて間違って横に倒してしまっても、ミルクがこぼれないので焦らずに対応できたというママもいます。ママに安心感を与える優しい哺乳瓶と言えますね。

赤ちゃんがミルクを積極的に飲んでくれる

クロスカットのちくびは赤ちゃんが自分で吸う加減によってミルクの量を調整でき、ほかの哺乳瓶よりもたくさん飲んでくれるようになったという口コミも多くあります。赤ちゃんがミルクをたくさん飲んでくれるとママも安心できますね。

広口タイプはミルクを作りやすく便利

チュチュベビーの哺乳瓶の広口タイプは、通常の哺乳瓶よりも口が広くなっており、粉ミルクを入れる時に楽に入れられると口コミでも評判です。ミルク育児をしている場合は1日に何度もミルクを作る必要があるので、楽に作れる哺乳瓶はママの負担を和らげてくれるでしょう。

チュチュベビー哺乳瓶の種類

チュチュベビーの哺乳瓶には主に2種類あり、広口タイプとスリムタイプがあります。それぞれのメリットやデメリットを含めて哺乳瓶の特徴を紹介しますので、購入する際の参考にしてみてくださいね。

(粉ミルクの作り方については以下の記事も参考にしてみてください)

粉ミルクの作り方!調乳用の水や温度・量の注意点は?外出先ではどうする?

広口タイプ

広口タイプは口が広いので粉ミルクが入れやすく、ミルクを作る時も楽に作れてこぼしにくいというメリットがあります。また、洗う時も洗いやすく使いやすさが評価されて人気があります。しかし、スリムタイプと比べると若干価格が高いというデメリットがあるので、使いやすさや好みで選びましょう。

スリムタイプ

スリムタイプは形が広口タイプよりも細いので、広口タイプの哺乳瓶と比べて赤ちゃんが持ちやすいのが特徴です。また、スリムな形が収納しやすく外出の時に哺乳瓶を持ち歩くときにも便利です。価格も広口タイプより安いので、家計にも優しくママに人気があります。

チュチュベビー哺乳瓶本体の素材・サイズ

哺乳瓶は赤ちゃんが直接口にして使うものなので、体に害のない素材で作られているかどうか、赤ちゃんが持ちやすいものかどうかなど知っておくとよいでしょう。ここからはチュチュベビーの哺乳瓶の本体の素材やサイズについて説明していきますので、チュチュベビー哺乳瓶の安全性について気になる人はチェックしてみてくださいね。

(赤ちゃんが哺乳瓶えお拒否する原因については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが哺乳瓶で飲まない・拒否する原因は?嫌がる際の克服・対策法を紹介!

本体の素材

本体の素材は、耐熱ガラスとポリフェニルサルホン(PPSUと略されるプラスチックの1種で高性能であり安全な新素材)の2つがチュチュベビーでは使われています。耐熱ガラスは毎日洗って消毒しても質が変わらないので、いつでも衛生的で清潔な哺乳瓶を使うことができます。また熱いお湯を入れても冷めるのが早いというメリットがあります。

しかし、ガラスなので落とせば割れる可能性があり、取り扱いには注意が必要です。PPSUはガラスとは違い落としても割れないので、赤ちゃんが持っても安全に使用することができます。PPSU素材はガラスの哺乳瓶とは違い毎日の洗浄や消毒で傷がつきやすいので、衛生面ではガラスの哺乳瓶よりも気を付けた方が良いでしょう。

また、PPSUは軽いので持ち運びに便利ですが、入れるものによっては容器に臭いが移ってしまう可能性もあります。ミルク以外の飲み物を哺乳瓶で飲ませる時には、別の哺乳瓶やガラスの哺乳瓶を消毒をして使うことで衛生的に使うことができるでしょう。

サイズ

広口タイプは160mlと240ml、スリムタイプは150mlと240mlでガラスタイプでもPPSUタイプでもそれぞれのサイズは同じです。最初は赤ちゃんがミルクをどのくらい飲むか分からないかもしれません。その時は240mlのサイズに少ない量のミルクを作って飲ませながら、赤ちゃんのミルクの飲む量を理解していくと良いでしょう。

月齢を重ねて体が大きくなるにつれてミルクを飲む量が増えますので、必要な場合は哺乳瓶を多めに用意してみてくださいね。

チュチュベビー哺乳瓶のちくびの特徴

チュチュベビー哺乳瓶の乳首には特徴があり、使いやすいちくびの特徴も赤ちゃんやママに人気の理由になっています。ここからはちくびの特徴を素材・サイズ・空気弁・スリム・広口タイプの違いについて紹介しますのでチェックしてみてくださいね。

素材

チュチュベビーのちくびはシリコーンを素材に使っており、天然ゴム特有のにおいがないのが特徴です。しかし天然ゴムよりも少し固めの素材なので 赤ちゃんによっては飲みづらさを感じるかもしれません。その場合は、他のちくびよりも柔らかい「やわらかシリコーンゴム製乳首」がチュチュベビーで販売されていますので、試しに使ってみるのもおすすめです。

サイズ

チュチュベビーの哺乳瓶のちくびのサイズは1サイズしかありません。ちくびのサイズは、月齢によって小さいものから大きいものに変更してミルクの飲む量を調節するのが一般的です。しかし、チュチュベビーのちくびは飲む量を赤ちゃん自身で調節できるので、サイズアップする必要がないというメリットがあります。

とは言え、劣化や衛生的なことを考えていつでも清潔なちくびを使うため、1ヶ月ごとに新しいちくびを使うようにしましょう。

空気弁

チュチュベビーの乳首には空気弁が付いていて、キャップをきつめに締めてもミルクが出づらくなったり、キャップを緩めすぎてミルクが出すぎてしまうというようなことがありません。ミルクの出具合を調節するためにキャップの締め具合を変える必要がなく、どのような場合でもミルクをスムーズに飲むことができるのでママも赤ちゃんも楽に感じるでしょう。

スリム・広口タイプの違い

スリムタイプと広口タイプの哺乳瓶では、使うちくびが違ってくるので間違って違うタイプのちくびを購入しないように注意が必要です。スリムタイプには、やわらかシリコーンゴム製ちくび・スリムタイプシリコーンゴム製ちくび・口唇裂用ちくびメディカルタイプの3種類があります。

広口タイプは広口タイプシリコーンゴム製ちくびの1種類しかないので、柔らかいちくびを使いたい場合はスリムタイプの哺乳瓶を購入しておくのがおすすめです。

チュチュベビー哺乳瓶の選び方のポイント

衛生的に管理したい場合は、耐熱ガラス製の哺乳瓶を選ぶのがおすすめです。しかしガラス製の哺乳瓶はPPCU製と比べると重さがあり、床などに落としてしまうと割れる危険性もあります。出かける時や赤ちゃんが自主的にミルクを飲む場合は軽くて割れないPPCU素材の哺乳瓶を選ぶと良いでしょう。

また、 広口タイプの哺乳瓶のちくびはよりママのおっぱいに近い形状なので、哺乳瓶に慣れない赤ちゃんでも馴染みやすくできています。スリムタイプの哺乳瓶ではすすんで飲まない赤ちゃんも、広口タイプの哺乳瓶を使うことでたくさん飲んでくれるかもしれませんので、生活スタイルや赤ちゃんのミルクの飲み具合で選ぶのもポイントです。

口コミで人気のチュチュベビー哺乳瓶のおすすめ商品

チュチュベビーの哺乳瓶はクロスカットなどの機能面だけでなく、可愛らしいデザインも人気の理由です。ここからは口コミでも注目されているおすすめのチュチュベビー哺乳瓶を紹介していきます。それぞれの種類でおすすめを紹介していきますので、口コミも選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

(0歳・1歳のアンパンマンのおもちゃについては以下の記事も参考にしてみてください)

〈0歳・1歳〉アンパンマンのおもちゃ人気おすすめ13選!口コミ多数

1. 広口タイプ【チュチュベビー 耐熱ガラス製哺乳瓶 240ml】

Original
チュチュベビー 広口タイプ 哺乳びん 耐熱ガラス製 240ml 0か月~
1,814円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る

よりママのおっぱいの形状に近い作りが特徴の広口タイプの哺乳瓶です。耐熱ガラス製で衛生的にも管理しやすく、作ったミルクも冷めやすいのが特徴です。シンプルなデザインと丸みを帯びたキャップが可愛らしいデザインになっています。

Amazonレビュー

★★★★★

5か月くらいから今1か月程度使用しています。
母乳だったらサイズなんてないのに、
哺乳瓶だと時期に合わせて乳首のサイズを変更するの何でだろうって
ずっと思ってましたが、こちらはサイズ変更不要のシリーズ。
他の形も同時に使っているけど、いやいやすることなく、ごくごく飲んでくれています。
目盛りも見やすくて、持ち運びに便利な軽いプラボトル。気になるところは何もないです。

容量 240ml
形状 クロスカット
本体素材 クリアガラス
ちくび素材 シリコーンゴム

2. 広口タイプ【チュチュベビー ママカワガール 耐熱ガラス製哺乳びん 240ml 】

ジェクス チュチュベビー ママカワガール 耐熱ガラス製哺乳びん 240ml 広口タイプ
1,728円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

チュチュベビーの耐熱ガラス製哺乳瓶です。ガラス製なのでニオイもつきにくく、広口タイプなので洗う時も楽に隅々まで洗浄することができます。メモリの部分にリボンが描かれていたり、哺乳瓶全体にバラの模様が描かれていたりと可愛らしいデザインがポイントです。

楽天レビュー

★★★★★

写真通り、凄く可愛くて出産準備中の娘が大変喜んでくれました。サンプルも沢山頂き本当に良いショップさんに巡り会えて感謝です。機会がありましたら是非宜しくお願いします

容量 240ml
形状 クロスカット
本体素材 クリアガラス
ちくび素材 シリコーンゴム

3. 広口タイプ【チュチュベビー PPSU製哺乳びん ミッフィー】

チュチュベビー ChuChuBaby ミッフィー 広口タイプ PPSU製 哺乳びん 160ml
1,728円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

PPSU製のチュチュベビーの哺乳瓶です。軽くて扱いやすいので、外出する時にもちょうど良い哺乳瓶になります。本体にはミッフィーの絵がデザインされており、ママも赤ちゃんも喜ぶ哺乳瓶と言えるでしょう。

楽天レビュー

★★★★☆

とても可愛いです。哺乳瓶の不足を補う為に購入しました。5ヶ月の子供に購入したのですが、最初は哺乳瓶の乳首が硬いのと出にくいので泣きながら飲んでました。チュチュベビーはどれも乳首が硬いのはわかっていたので使ううちに吸い口が広がっていくまで頑張ってもらうしかないです。

容量 240ml
形状 クロスカット
本体素材 PPCU
ちくび素材 シリコーンゴム

4. 広口タイプ【チュチュベビー ママカワ 耐熱ガラス哺乳びん 160ml】

ジェクス チュチュベビー ママカワ 耐熱ガラス 広口タイプ哺乳びん 160ml
1,620円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

耐熱ガラス製の広口タイプの哺乳瓶160mlサイズです。ガラス製は落とすと割れてしまいますが、扱いに気を付ければいつでも清潔な状態を保てますし高級感があります。こちらの哺乳瓶はボタニカル柄で上品なデザインが特徴です。

楽天レビュー

★★★★★

デザインが気に入り即決しました!
迅速に対応していただき、翌日には手元に届きました。
実際に見てみるとやっぱりかわいいです。
これにしてよかった!
大きいサイズも購入検討中です

容量 160ml
形状 クロスカット
本体素材 クリアガラス
ちくび素材 シリコーンゴム

5. スリムタイプ【チュチュベビー PPSU製哺乳びん 240ml 】

チュチュベビー スリムタイプPPSU製哺乳びん 240mL用
955円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

チュチュベビーのマスコットであるペンギンの絵が描かれたスリムタイプの哺乳瓶です。こちらはPPCUの素材でできているので、落としても割れる心配もなくスリムなのでバッグに入れても邪魔にならないでしょう。自宅ではガラス製を使い、出先ではPPCU製の哺乳瓶を持っていくなど素材によって使い分けるというママも多くいますね。

Amazonレビュー

★★★★★

口と下顎が小さい我が子は、他社哺乳瓶だと飲みにくそうにして嫌がったりミルクをこぼしたりしていました。
唯一気に入ったのは母乳相談室でしたが、2ヶ月になった今、SSしかない母乳相談室をつかいつづけるのも…とこちらの哺乳瓶にかえました。すぐに上手に飲めるようになりました。
これは成長にあわせて乳首を変えなくてもよいとのことなので、乳頭混乱を起こさなそうで良いですね。
スリムなので粉ミルクをいれるとき少し気を使いますが、それを抜きにしてもいい商品です。

容量 240ml
形状 クロスカット
本体素材 PPCU
ちくび素材 シリコーンゴム

6. スリムタイプ【チュチュベビー 耐熱ガラス製哺乳びん 240ml】

チュチュベビー スリムタイプ耐熱ガラス製哺乳びん 240mL
821円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらの耐熱ガラス製のスリムタイプの哺乳瓶は、メモリが大きく書かれており見やすいのも特徴です。スリムタイプの哺乳瓶は広口タイプよりも倒れやすいので、間違って手などにあたって倒して割ってしまいないように注意してくださいね。

容量 240ml
形状 クロスカット
本体素材 クリアガラス
ちくび素材 シリコーンゴム

7. スリムタイプ【チュチュベビー 耐熱ガラス製哺乳びん 150ml】

チュチュベビー スリムタイプ耐熱ガラス製哺乳瓶(150ml)
616円

※対応や送料など含め、レビューの評価が一番高かったものを表示しています。

楽天で詳細を見る

耐熱ガラス製哺乳瓶のスリムタイプ150mlサイズです。自宅で使うなら口コミでもガラス製が人気があり、240mlサイズと比べても小さいので安定しやすいでしょう。ガラス製はにおいがつきにくいので、ミルク以外の飲み物を哺乳瓶に入れて飲ませることもできて便利ですね。

容量 150ml
形状 クロスカット
本体素材 クリアガラス
ちくび素材 シリコーンゴム

チュチュベビー哺乳瓶の温度調節など使い方のコツ

チュチュベビーの哺乳瓶のちくびは、横に倒してもミルクのこぼれないクロスカットという特徴のある形状をしています。そのため、ミルクを作っても横に倒すだけではミルクが出ないので、温度調節を直接することが難しいのです。ここからはチュチュベビー哺乳瓶の温度を調節する方法を2種類紹介していきましょう。

(混合育児のやり方については以下の記事も参考にしてみてください)

混合育児のやり方!母乳・ミルク主体の各メリットや、量などの注意点も!

腕の内側や頬に触れて温度を確かめる

哺乳瓶でミルクを作ったら、腕の内側や頬に哺乳瓶を当てて中のミルクの温度を確かめます。腕の内側は皮膚が薄く温度を敏感に感じ取ることができるので、赤ちゃんにミルクを飲ませる時は十分冷まし、40度くらいにまで下げてから与えましょう。

ニップルケアを使って直接温度を確かめる

ニップルケアとは、チュチュベビーのクロスカットの乳首からミルクを出すための専用の道具のことです。Yの字のように先が二股に分かれた道具をちくびの根元付近に差し込み、そのまま乳首の先端まで押し上げることでクロスカットが開き、ミルクが出るようになります。

より正確にミルクの温度を確かめたい場合は、直接ミルクを腕の内側に垂らして温度を確かめる方法をおすすめします。

ミルクのみごろチェッカーを使う

ミルクのみごろチェッカーとは、チュチュベビーの独自の商品で哺乳瓶に巻くだけで飲み頃の温度を教えてくれる便利なグッズです。粉を溶かす温度の70度と、ミルクの飲み頃である40度を緑のマークで教えてくれます。赤ちゃんに飲ませるミルクの適温に自信がないママや、ママ以外の家族やパパが作る時にも便利なアイテムになるでしょう。

しかし正確な温度を測るためのものではないため、チェッカーを使ったとしても赤ちゃんに飲ませる前には自分の肌で温度を確かめるようにしてくださいね。

チュチュベビー哺乳瓶でむせる・ミルクが出ない・吸えない原因・対処法は?

チュチュベビーの哺乳瓶のちくびは、一般的なちくびとは違う形状をしています。そのため、飲んでいる途中に赤ちゃんがむせたりミルクが出なかったり吸えなかったりという可能性もあるのです。ここからは、哺乳瓶でむせる・ミルクが出ない・吸えない原因や対処法について紹介していきます。

むせる場合

クロスカットのちくびは赤ちゃん自身で飲む量を調節できるので、むせる場合は赤ちゃんの吸う力が強すぎてミルクが多く出ているのが原因です。飲むたびに毎回むせてしまう場合は、哺乳瓶の角度を調節することで対応できますよ。

急な角度でミルクを飲んでいると赤ちゃんが吸った時に一気にミルクが口に入ってしまうので、飲む角度を浅くして調節するようにしましょう。

ミルクが出ない・吸えない場合

赤ちゃんの吸う力が足りないと、クロスカットが開かないためミルクが出なかったり吸えなかったりという原因になります。クロスカットの乳首を使って飲むのに時間かかっている場合など、月齢が小さい時は乳首の先が飲みやすく丸い穴が開いている一般的なちくびと哺乳瓶を使うようにすると良いでしょう。

チュチュベビー哺乳瓶の正しい洗い方・消毒方法

哺乳瓶やちくびを洗う時には他の食器とは区別して洗うため、哺乳瓶用のブラシと乳首用の新しいスポンジをそれぞれ用意します。哺乳瓶用洗剤もしくは食器用洗剤を使って専用のブラシで哺乳瓶の中を洗い、ちくびはスポンジを使って洗いましょう。洗い終わったら必ず消毒をしてくださいね。

消毒の方法には煮沸消毒と薬剤につけて消毒をする2種類の方法があります。煮沸消毒は大き目の鍋にお湯を入れて沸騰させ、そのお湯の中にちくびや哺乳瓶を入れて熱湯消毒をしましょう。乳首は約3分・哺乳瓶は約7分ぐらいを目安に煮立てます。

薬剤につけて消毒する方法は、チュチュベビーの「つけるだけ」という次亜塩素酸ナトリウムに60分ちくびや哺乳瓶を入れておくだけで消毒が完了します。それぞれの方法で消毒をしたら、乳首や哺乳瓶を取り出す時には専用のトングを使って取り出し、消毒されたちくびや哺乳瓶を清潔な状態のまま乾燥させましょう。

(赤ちゃんのミルクは水道水で良いのかどうかについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのミルクは水道水でOK?煮沸・湯冷ましなど作り方のコツも紹介!

チュチュベビー哺乳瓶とピジョン母乳実感は互換性があるって本当?

チュチュベビーで扱っている哺乳瓶とピジョンの母乳実感という哺乳瓶には、互換性があり差し替えても使えます。チュチュベビーの広口タイプと差し替えても使えるのはピジョンの母乳実感、チュチュベビースリムタイプと互換性があるのはピジョン母乳実感のスリムタイプの哺乳瓶です。

チュチュベビーのクロスカット以外のちくびを使う時にはピジョンの哺乳瓶が使えるので、互換性があることを覚えておくと便利ですね。

チュチュベビー哺乳瓶のレビュー評価ランキングも見てみよう!

楽天・Amazonでのチュチュベビー哺乳瓶の評価ランキングをチェックしたい人は、以下のリンクから探してみてくださいね。

楽天/チュチュベビー哺乳瓶評価ランキング
Amazon/チュチュベビー哺乳瓶評価ランキング

赤ちゃんに合ったチュチュベビー哺乳瓶を選んであげよう!

チュチュベビーの哺乳瓶の特徴や人気の理由、素材やサイズ、哺乳瓶の洗い方・消毒の仕方やピジョン哺乳瓶との互換性について紹介してきました。それぞれの赤ちゃんに合う哺乳瓶は違ってきますが、積極的にミルクを飲めるように口コミも参考にして赤ちゃんに合った哺乳瓶を選んであげると良いですね。

関連する記事