【体験談】ラッコ抱きでしか寝ない…。赤ちゃんの突然死の危険性は?寝かしつけのコツも!

ラッコ抱きだと寝てくれるけどラッコ抱きは危険?ラッコ抱きでしか寝ない赤ちゃんの育児を経験した先輩ママの【体験談】や、突然死の危険性など、ラッコ抱きとうつ伏せ寝についてもご紹介します。寝かしつけのコツもあわせて紹介するので、参考にしてみてください。

目次

  1. 赤ちゃんがラッコ抱きでしか寝ない…
  2. ラッコ抱きによる赤ちゃんの突然死の危険性は?
  3. ラッコ抱きでしか寝ない赤ちゃんは寝かしつけ方法を変えるべき?
  4. ラッコ抱きでしか寝ない赤ちゃんの寝かしつけのコツ
  5. 赤ちゃんのラッコ抱きは要注意

赤ちゃんがラッコ抱きでしか寝ない…

赤ちゃんの寝かし付けに苦労しているママは多いですよね。そんな中でも心配されているのが、ラッコ抱きしたままの寝かし付けです。ラッコ抱きとは、赤ちゃんを縦抱きで抱っこした状態でママが仰向けになることを差します。

そんなラッコ抱きをしないと赤ちゃんが寝てくれないというママの体験談と、寝かし付けの悩みについてご紹介します。

(夜泣きや寝かしつけについては以下の記事も参考にしてみてください)

断乳・卒乳後の寝かしつけ方法は?赤ちゃんが夜泣きした時の対処法も紹介

ラッコ抱き以外は起きる

主婦

20代後半

ラッコ抱きで寝かし付けて、ラッコ抱きのまま一緒に寝ています。普通に寝かし付けようとすると背中スイッチが発動してしまいなかなか眠ってくれません。私も体力的に限界なので、ラッコ抱きで寝るのであればと思いラッコ抱きにしています。

産後3ヶ月のママ

30代前半

ラッコ抱き以外で寝るときには、睡眠が浅いみたいですぐに起きてしまいます。ラッコ抱きで寝るときにはぐっすり長時間寝てくれるので私も楽ですし、ラッコ抱きはいけないのかもと思いながらも頼ってしまいます。

なかなか寝てくれないというのはママにとって精神的にも体力的にもつらいですよね。ラッコ抱きなら寝てくれるという安心感から、ラッコ抱きで寝るママも多いようです。

ラッコ抱きは大変

女性

30代後半

ラッコ抱きならゆっくり寝るので、しばらくラッコ抱きをしていました。ラッコ抱きの時には、ソファにもたれかかって眠っていたのですが、首や肩、腰が痛くなりました。赤ちゃんが寝ている間は姿勢をかえられないのでつらかったです。

パート

40代

ラッコ抱きじゃないと寝てくれないので、新生児のときにはラッコ抱きが多かったです。ただ、その間は赤ちゃんにつきっきりになるため自分のことが全くできませんでした。離れると起きると思い、動けず大変でした。

ラッコ抱きは、ママが自分の好きな体勢で眠ることができず、また赤ちゃんが寝ている間はその場から動けなくなります。ラッコ抱きでしか寝ないけれど、ラッコ抱きをすることによるマイナス面があると、ママの疲れもたまってしまいますよね。

ラッコ抱きによる赤ちゃんの突然死の危険性は?

ラッコ抱きをしていると、赤ちゃんの突然死の危険があると言われています。その原因としては、うつ伏せ状態の窒息による突然死が考えられています。ラッコ抱きは、赤ちゃんはうつ伏せ寝をすることになるのです。うつ伏せの状態は、鼻や口がふさがりやすいですよね。そうなると、突然死が起こる可能性が高くなります(※1)。

また、突然死は、赤ちゃんが新生児のときに特に起こりやすと言われています。まだ首がすわっていない新生児は、窒息死を防ぎにくいのです。うつ伏せの状態でも、口や鼻がふさがり息苦しくなれば、顔や体を動かすことで突然死を防ぎます。しかし、まだ首がすわっていないと、自分の思うように首が動かせません。

赤ちゃんがうつ伏せのままぐっすり眠っている時や、まだ首がすわっていないときのラッコ抱きは、突然死の危険性があります。息苦しそうにしていれば、ママが赤ちゃんの姿勢や顔の向きを変える必要があるのです。そのため、ラッコ抱きのときには、赤ちゃんを観察しておくことが大切です。

(新生児の安全な抱き方については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児の首は要注意!安全な抱き方やガクンとした時の影響も!

ラッコ抱きでしか寝ない赤ちゃんは寝かしつけ方法を変えるべき?

ラッコ抱きには突然死の危険性があるとも言われていますが、赤ちゃんをしっかり見ておける環境であればそこまで心配はいりません。しかし、ラッコ抱きによってママが苦労する面もあります。ラッコ抱きをやめたほうがいいのかどうか、体験談とともにご紹介します。

(赤ちゃんを起こす目安については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃん・新生児がよく寝る原因は?寝過ぎは危険?起こすべき目安は?

変えなくてもいい

女性

20代後半

私はラッコ抱きのままでしたよ。その代わり、ラッコ抱きの間は自分が寝ないようにしていました。ラッコ抱きって赤ちゃんが小さいときにしかできないので、今しかできないことは今のうちにしておこうと思いました。疲れるときもあるけど、ラッコ抱きしている時って本当にかわいい!

子供が大きくなるとラッコ抱きはできなくなります。ラッコ抱きしている間の赤ちゃんの寝顔がかわいく、見るのが楽しいというママの体験談もたくさんありました。また、注意して赤ちゃんの様子を見ておけるうちは、ぐっすり寝てくれるラッコ抱きをしたいという意見もありますよ。

変えたほうがいい

会社員

30代

ラッコ抱きは、赤ちゃんが危険という話も聞くけど、私は自分のためにやめましたよ。やっぱりラッコ抱きをしている間はゆっくり休めないし、これ以上疲れがたまっている状態で育児をする自信はないと思ったので、全力で寝かしつけ方法を変えていきました。

主婦

30代後半

ラッコ抱きの間は目を離せないのもつらいし、夏になってからは暑さが限界をむかえたので変えました。赤ちゃんてあったかすぎて、夏場は本当に大変ですよ。これから夏を迎えようとしているママさんは、早めにラッコ抱き以外の寝かしつけで慣らしていくのをおすすめします。

ラッコ抱きそのものがつらくなってラッコ抱きをやめるママも多いですね。育児はただでさえ自分の時間もなくなり、疲労もたまります。いつかラッコ抱きをやめるのであれば、早めに他の寝かしつけ方法を試すというのも大切ですね。

ラッコ抱きでしか寝ない赤ちゃんの寝かしつけのコツ

ラッコ抱きで寝かしつけをしているママの中には、ラッコ抱きをやめたいけど違う抱き方では寝てくれないというママも多いですよね。抱っこしないと眠らない赤ちゃんの寝かしつけ対策について体験談とともにご紹介します。

(寝かしつけのコツについては以下の記事も参考にしてみてください)

生後2ヶ月の赤ちゃんが寝ない原因は?効果絶大な寝かしつけのコツを解説!

とにかくラッコ抱きをしない

20代後半

女性

ラッコ抱きだと確かにスムーズに寝てくれるのですが、まずは抱っこの寝かしつけをしないというところから始めました。赤ちゃんはいつか必ず眠ります。初めは時間がかかり大変でしたが、とにかくラッコ抱きでの寝かしつけはしないと決めて、添い寝からはじめました。

抱っこして寝かし付けるのをしないと決めるのはひとつの方法ですね。初めのうちは時間がかかり、大変ですが、根気強く抱っこしない寝かしつけを続けることから始めましょう。

ぐっすり眠ってからおろす

契約社員

40代

抱っこのまま寝かしつけて、布団におろすタイミングを変えました。眠ってから5分ほどだと睡眠がまだ浅いみたいなので、眠ってから15分ほどは抱っこしていました。重かったですが、そのタイミングで寝かせると背中スイッチも発動しませんでしたよ。

抱っこしてから布団に寝かせるタイミングは、寝かしつけのときに慎重になりますよね。そのタイミングで起きてしまう赤ちゃんは多いです。赤ちゃんの睡眠のリズムによって起きやすいタイミングがあるので、いつもより少し長く様子をみてから布団におろしてみましょう。

赤ちゃんに触っておく

事務職

30代前半

布団におろすと、やはり赤ちゃんは心細く不安に感じるようなので、私は絶対に体のどこかに触れるようにしていました。赤ちゃんを布団におろすと同時にお腹の上に手を置くと、うちの子は安心して眠ってくれましたよ。手に触れていたり、背中をトントンしたりもしました。

ラッコ抱きは、赤ちゃんにとって安心する体勢です。そのため、ラッコ抱きをやめるのであれば他の安心感を与えるようにしましょう。ママのぬくもりやママの匂いを与えることで、安心して眠ることができます。

音楽をかける

主婦

20代後半

眠るときには音楽をかけることを習慣にしていました。いくつか音楽は試してみましたが、なんとなく赤ちゃんの好きな音楽の傾向があったので、それをかけましたよ。少し大きくなってからも、音楽をかけたら眠る時間だというのが身についたままなのでよかったです。

眠る前に同じことを習慣づけて行うことで、眠るタイミングを覚えていったり、安心して眠ることができるという効果が期待できます。ただし、赤ちゃんによっては、音楽そのものが寝かしつけに向いていない場合もあります。絵本やはみがきなどなんでも構わないので、赤ちゃんの好きな習慣を探してあげてみてください。

赤ちゃんのラッコ抱きは要注意

赤ちゃんの育児は、ママにとって気になることや大変なことがたくさんあります。寝かしつけで苦労しているなかで、スムーズに寝てくれる方法はありがたいですよね。しかし、ラッコ抱きには危険な側面もあります。ラッコ抱きをしたまま寝かしつけるのは、ママが余裕をもって赤ちゃんを観察できるときにしましょう。

寝かしつけ方法については、赤ちゃんひとりひとりに向いているものや向いていないものがあります。いろいろな寝かしつけ方法を試してみましょう。

関連する記事