5歳児の身長・体重の平均は?発達の特徴や目安、順調に成長させるポイントも!

【医師監修】子どもの成長は気になるものですよね。5歳児の発達の特徴・目安や、男の子・女の子別の平均身長・体重などについてご紹介します。5歳の身長や体重が伸びない・増えない原因や、順調に成長させるポイントも紹介するので、参考にしてみてください。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 5歳児の成長・発達の特徴や目安は?
  2. 5歳児の身長・体重の平均を男の子・女の子別に紹介!
  3. 5歳児の言葉の発達は?
  4. 5歳児の身長や体重が伸びない・増えない原因は?
  5. 5歳児の身長・体重を順調に成長させるポイントは?
  6. 5歳児の身長や体重の成長を見守ろう!

5歳児の成長・発達の特徴や目安は?

5歳になると心も身体も大きく成長します。保育園では年長さんになるので、自分の身の回りのことだけでなく、周りの子供のお世話をする場面もみられるでしょう。小学校入学を意識する年でもありますね。

保育園生活の締めくくりをむかえる5歳児の発達の目安について、以下から詳しく見ていきましょう。

自分でできることが増える

5歳になると着替えや歯磨き、片付けなど自分の身の回りのことを自分でできるようになります。ただ、まだママに反発する子どもや上手に身の回りのことをできない子供もいるでしょう。子供も発達には個人差があるので、完璧を求めないようにしてくださいね。

マキ先生

小児科医

5歳になるとできることがたくさん増えます。パパやママに反抗したり、今までとは違った反応を見せてくることも多くなるでしょう。

小学校に入ると保育園や幼稚園のようにきめ細かく個人個人に配慮してもらえるという環境ではなくなるので、ママの方も親離れをして、子供を自立させてあげると良いでしょう。とはいえ、まだまだ5歳です。子供が甘えてきた時は、思いっきり甘えさせてあげさせてくださいね。

運動能力が高くなる

5歳になると、ますます運動能力が高くなります。体力がつき身体を思い通りに動かせるようになるので、より力強い動きをするようになるでしょう。バランス感覚が向上し自転車に乗れるようになったり、片足立ちや片足ジャンプができるようになったりする子どももいます。

協調性が身に付く

5歳前後になると協調性が身に付きます。周囲の人の表情や感情を少しずつ読み取れるようになってくるでしょう。

同世代の友達と関り遊ぶことが増えるため、協力したり協調性を持って行動したりすることの大切さを学んでいきます。同世代の友達と関わる分喧嘩などのトラブルが増えますが、喧嘩や仲直りを経験するたびに社会性を身に着けていくでしょう。

表現力が身に付く

5歳前後になると赤ちゃん言葉がほとんど無くなり語彙が豊かになる上、はっきりした発音で話せるようになります。言葉を使って、より豊かで的確な感情表現をできるようになるでしょう。

ただ、まだ考えていることを完全に表現できるわけではありません。子供が言葉で上手に自分の伝えたいことを表現できない時は、パパやママがゆっくり気持ちを聞きだしてあげてくださいね。

(5歳の反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

5歳は反抗期がひどい?いつまで続く?発達の特徴や、上手な対処法も!

空間や時間を認識するようになる

5歳になると、時間の流れが存在していることに気が付きます。時間を意識して行動したり、自分と他の人がそれぞれ違う歴史を持っていることを認識するでしょう。

また、空間把握能力も身に付きます。「前」「後ろ」という概念を認識したり、目隠しをした状態で歩いた時にどういった道順で進んできたのかを把握することもできるようになりますよ。

文字や数字への興味

5歳になると、文字や数字に興味を持ちはじめる子どもが多いです。数字を数えたり文字を読むことを楽しいと感じ、自分で書けるようになりたい感じるでしょう。

ただ、5歳児は文字や数字の読み書きに対しての得意不得意や興味の差が激しいです。小学校で学ぶ必要性が出てくるまでは、無理に勉強させず子供が好きなことに集中させても大丈夫ですよ。

(3歳児向け知育おもちゃについては以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児向けの知育おもちゃオススメ30選!発達にいい人気商品を目的別に紹介!

動物や植物の観察

5歳になると周囲へ高い興味関心を持ちます。周りの物に興味を感じるたび、観察力が向上するでしょう。動物や植物、乗り物など関心が向いた物の細部まで観察し、名前を覚えたり細部まで再現した絵を描いたりすることが増えます。

感受性が豊かになる子供をさまざまなものに触れさせることは大切です。しかし、強要は避けましょう。強要するとかえって興味を持てなくなってしまう可能性がありますよ。

5歳児の身長・体重の平均を男の子・女の子別に紹介!

子供の身長が周りの子供より小さかったり逆に大きかったりすると、子供の発育について心配になってしまいますね。以下から5歳児の身長・体重の平均を紹介します。

5歳児の男の子の身長・体重平均

厚生労働省の「調査報告書」によると、5歳の男の子の平均身長は以下の通りです。(※1)

●5歳0~5ヶ月:108.2cm
●5歳6~11ヶ月ヶ月:111.4cm

また、男の子の平均体重については以下の通りです。

●5歳0~5ヶ月:17.88kg
●5歳6~11ヶ月:18.92kg

5歳児の女の子の身長・体重・平均

厚生労働省の「調査報告書」によると、5歳の女の子の平均身長は以下の通りです(※1)。

●5歳0~5ヶ月:107.3cm
●5歳6~11ヶ月ヶ月:110.5cm

女の子の平均体重については以下の通りです。

●5歳0~5ヶ月:17.64kg
●5歳6~11ヶ月:18.64kg


5歳の段階では、男の子と女の子の間で身長体重に大きな差はありません。平均に対して子供の身長が高かったり低かったりすることで悩むママもいますが、子供の発達は個人差が大きいのであまり深刻に悩む必要はないでしょう。

5歳児の言葉の発達は?

5歳児になると、約1000個の言葉を覚えます。使える言葉が増えれば、コミュニケーション能力が高まるでしょう。

ただ、言葉の発達は個人差が大きいです。周囲と比べて語彙が増えない子もいます。つい心配して必死に言葉を覚えさせようとするママもいますね。ただ、言葉を無理に覚えさせようとすると逆効果になってしまう可能性があります。子供に言葉を覚えさせたい時は身の回りの物の名前や数字を自然に使っていきましょう。

「これは何?」と質問をするより、子どもの見ている物の名前を口に出したり「車が走ってるね」「1、2、3個車があるね」など、会話でコミュニケーションをとりながら言葉を教えてみてくださいね。

5歳児の身長や体重が伸びない・増えない原因は?

周りの5歳児と比べて自分の子どもの発育が明らかに悪かったら、病気でないか心配になりますね。なぜ周りよりも発育が遅れてしまうのでしょうか?

5歳児の身長や体重が増えない原因はさまざまなので一概に「これ」とは言えません。ただ、睡眠不足や運動不足、栄養不足などが原因になっている可能性はあります。もし明らかに周りの子供達と発達の様子が違う時は、染色体やホルモンの異常があったり、何らかの病気だったりする可能性もあるでしょう。

子供の成長や発達は個人差が大きいので、周りの子供と比べて多少様子が違っても過剰に心配する必要はありません。ただ、もし心配なのであれば医師に相談してみてくださいね。

(3歳児の成長・発達については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児の身長の発達の平均は?伸びない原因は?伸ばすための食事・睡眠・遊びを紹介!

5歳児の身長・体重を順調に成長させるポイントは?

5歳児の平均身長や平均体重と比べて自分の子供の身長が低かったり、体重が軽すぎたりすると心配になってしまいますね。以下から原因をもとに子供の発育を助けるポイントを紹介します。

栄養バランスを見直す

5歳児の体は小さいですが、必要な栄養素は大人と一緒です。子どもの発育が順調でない時は、たんぱく質やビタミン、カルシウムなど、不足している栄養素がないか確認しましょう。

5歳のうちは1回に食べられる量が少ないので、3食では栄養が不足する可能性があります。小食な子供にはおやつの時間を設け、おにぎりやプリン、サツマイモなどで補食させてくださいね。

適度な睡眠をとる

子どもには適度な睡眠時間を確保しましょう。5歳児がとるべきと言われている睡眠時間は、10~11時間です(※2)。夜の睡眠だけで10~11時間眠らせることが難しい場合は、昼寝をさせても良いでしょう。

夜寝る前にテレビやスマートフォンを見ていると、深い睡眠の妨げになります。眠る30分前にはテレビやスマートフォンを消してくださいね。

適度に運動する

身長や体重が伸び悩んでいるなら、子供に適度な運動をさせてみましょう。5歳前後の子どもは、走ったりジャンプしたり、公園の遊具を使って遊んだりすることで自分の身体の動かし方を覚えます。積極的に運動させることで、子供の発達をサポートできますよ。

しっかり遊んで疲れれば食欲が高まり睡眠が深くなります。成長ホルモンを分泌し身体を成長させたり、規則正しい生活習慣を身に着けさせたりすることもできるでしょう。

(3歳の成長を促す遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】3歳児の成長を促すおすすめの遊び15選!外・室内・工作など

5歳児の身長や体重の成長を見守ろう!

子供の成長を見守ることを楽しみに感じているママは多いですが、周囲の子供の発育と比べて、心配になってしまうこともあるでしょう。子供の発育は個人差が大きいので、周りの子供と比べて過剰に心配する必要はありません、子供が自分なりのスピードで成長していく様子を優しく見守ってあげてくださいね。

関連する記事