5歳児の身長・体重の平均は?発達の特徴や目安、順調に成長させるポイントも!

【医師監修】子どもの成長は気になるものですよね。5歳児の発達の特徴・目安や、男の子・女の子別の平均身長・体重などについてご紹介します。5歳の身長や体重が伸びない・増えない原因や、順調に成長させるポイントも紹介するので、参考にしてみてください。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 5歳児の成長・発達の特徴や目安は?
  2. 5歳児の身長・体重の平均を男の子・女の子別に紹介!
  3. 5歳児の言葉の発達は?
  4. 5歳児の身長や体重が伸びない・増えない原因は?
  5. 5歳児の身長・体重を順調に成長させるポイントは?
  6. 5歳児の身長や体重の成長を見守ろう!

5歳児の成長・発達の特徴や目安は?

5歳になると、子どもは身体も随分と成長し、自分自身でできることも増えていきます。精神的にも自立している場面を見かけることもあるでしょう。それと同時に、5歳という時期は小学校入学を意識しますよね。

小学校に入学したときに周りについていけるのか、子どもの成長や発達について周囲と比べ悩んでいるママやパパも多いのです。5歳児はどの程度成長・発達しているものなのか、その特徴や目安について紹介します。

自分でできることが増える

5歳になると、自分の身の回りのことが自分でできるようになってきています。着替えや歯磨き、片付けなどを、徐々にできるようになってきていましたが、5歳になるとより安定して行うことが増えます。しかし、まだ反発したり上手くできなかったりするときもありますよ。完璧を求めないようにしましょう。

マキ先生

小児科医

5歳になると出来ることもたくさん増え、ときには反抗したり、今までとは違った反応を見せてくることも多くなるかと思います。小学校に入ると、それまでの幼稚園や保育園のようにきめ細かく個人個人に配慮してもらえるという環境からは離れていくので、徐々に親の方も子供を信頼しいい意味で子離れをしていく必要があるかもしれませんね。とはいえまだまだ5歳。甘えてくるときには思いっきり甘えさせてあげましょう!

運動能力が高くなる

5歳になると、運動能力も高まってきます。体力がつき、身体をより細かく動かせるようになるでしょう。バランス感覚も優れてきて、より力強い動きをするようになりますよ。その結果、自転車に乗れるようになったり、片足立ちや、片足ジャンプができるようになる子もいます。

協調性が身に付く

5歳の時期には、協調性が身についてきます。5歳になると、周囲の人の表情や感情を少しずつ読み取れるようになっています。また、同世代の友達と関り遊ぶことも増えるため、協力しあうことや、時には我慢が必要であることを感じ取っていきます。喧嘩やトラブルがありながらも、徐々に協調性を高めている時期ですよ。

表現力が身に付く

5歳は、表現する力がより身についています。赤ちゃん言葉もほとんどなくなり、はっきりとした発音になったり、話す言葉も増えます。自分の思っていることをより確かな言葉で伝えることができるのです。しかしまだ完全ではないので、伝えることが難しそうな場合は、ゆっくりと話を聞きだしてあげることが大切になります。

(5歳の反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

5歳は反抗期がひどい?いつまで続く?発達の特徴や、上手な対処法も!

空間や時間を認識するようになる

5歳になると、自分を中心とした空間や時間の流れが存在していることに気が付きます。自分の前後左右に何があるのかを立体的に捉えて表現するようになります。また、過去や未来の存在にも気づいているので、徐々に将来的なことについても考え始めます。

文字や数字への興味

5歳になると、文字や数字に興味を持ちはじめる時期です。数字を数えたり、文字を読むことを楽しいと感じたり、自分で書けるようになりたいと思うこともあります。

ただ、こういった文字や数字の読み書きは5歳児の頃には得意不得意の差が激しく、興味の差も激しいです。小学校で学ぶ必要性が出てくるまでは、本人の興味に合わせましょう。周囲と比べないようにしてあげましょう。

(3歳児向け知育おもちゃについては以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児向けの知育おもちゃオススメ30選!発達にいい人気商品を目的別に紹介!

動物や植物の観察

5歳児は、周囲への興味が高くなり観察力が高くなる時期です。これまでみていた動物や植物、乗り物などに対して、興味のあるものは細部まで観察することが増えます。そして、興味のあるものは名前を覚えることも増えますよ。観察力が高まるので、これまで以上に細かい絵を描くこともあるでしょう。

こういったものへの観察力も、自らの興味があってこそです。さまざまなものに触れさせることは大切ですが、強要は避けましょう。強要するとかえって興味を持てなくなってしまうおそれがあります。

5歳児の身長・体重の平均を男の子・女の子別に紹介!

5歳児の身長や体重の平均はどのくらいなのでしょうか。身長や体重ははっきりと数値に表れるため、目安がわかりやすいですね。もちろん個人差はあるのですが、平均値を知っておくと安心なママやパパも多いのではないでしょうか。男の子の平均と女の子の平均を分けてご紹介します。

5歳児の男の子の身長・体重平均

5歳の男の子の身長・体重の平均について厚生労働省の調査報告書によると、5歳0~5ヶ月の平均身長が108.2cmで、5歳6~11ヶ月ヶ月の平均身長は111.4cmでした。半年で3cmほど身長が伸びていますね(※1)。およそ1年後の6歳0~5ヶ月の平均身長は114.9cmなので、1年間でおよそ6.5cm成長していることになります。

男の子の体重については、5歳0~5ヶ月の体重が17.88kg、5歳6~11ヶ月の平均体重が18.92kgでした。半年で約1kg増加しています。6歳0~5ヶ月の男の子の平均体重は20.5kgなので、1年間で約2kg増加していますね。

5歳児の女の子の身長・体重・平均

5歳の女の子の身長・体重の平均について厚生労働省の調査報告書によると、5歳0~5ヶ月の平均身長が107.3cmで、5歳6~11ヶ月ヶ月の平均身長は110.5cmでした(※1)。半年で3cmほど身長が伸びていますね。およそ1年後の6歳0~5ヶ月の平均身長は113.7cmなので、1年間でおよそ6cm成長していることになります。

女の子の体重については、5歳0~5ヶ月の体重が17.64kg、5歳6~11ヶ月の平均体重が18.64kgでした。半年で約1kg増加しています。6歳0~5ヶ月の女の子の平均体重は19.66kgなので、1年間で約2kg増加していますね。

5歳の段階では、男の子と女の子の間で、身長体重においては大きく成長の差はありません。平均や目安に比べて身長が伸びない、体重が増えないというように悩むこともありますが、成長に関しても個人差が大きいですよ。

5歳児の言葉の発達は?

5歳児は、およそ1000語程度の言葉を覚え、コミュニケーション能力も高くなっています。しかし、言葉の発達については個人差が大きく、周囲と比べると語彙が増えない子もいます。個人差は仕方ないとはいえ、心配になることもありますよね。

無理に覚えさせようとすると逆効果になってしまうおそれがあるため、身の回りにあるものの言葉や数字を自然に使っていきましょう。質問形式にするよりは、子どもの見ている物を直接名前に出したり、数字を1つずつ数えて「車が走ってるね」「1、2、3個あるね」などとコミュニケーションをとりながら覚えさせましょう。

5歳児の身長や体重が伸びない・増えない原因は?

5歳児の身長が伸びない、体重が増えない原因はさまざまであるため、一概には言えません。考えられる可能性としては、睡眠不足や運動不足、栄養不足などがあげられます。

また、染色体やホルモンに異常が出ている場合や、何らかの病気の可能性も考えられます。

成長や発達に関しては、個人差が大きいものなので、周囲に比べて伸びていないとしてもそこまで心配する必要はありません。しかし、病気などに関しては目で見ても分からないものが多いです。心配な場合は病院に行ってみましょう。

(3歳児の成長・発達については以下の記事も参考にしてみてください)

3歳児の身長の発達の平均は?伸びない原因は?伸ばすための食事・睡眠・遊びを紹介!

5歳児の身長・体重を順調に成長させるポイントは?

5歳児の身長や体重の平均や目安に比べ、我が子の身長や体重が伸びていないと心配ですよね。身長や体重の成長を妨げていると考えられる原因をもとに、成長させるポイントをご紹介します。

バランスのとれた食事

食事を3食きっちりと食べ、バランスのいい内容を心がけましょう。5歳児の体は小さいですが、必要な栄養バランスは大人と一緒です。たんぱく質やビタミン、カルシウムなど、不足しているものがないか確認しましょう。また、5歳のうちは食べる量が少ないので、3食では不足しがちです。おやつの時間を設けるといいでしょう。

適度な睡眠

子どもには適度な睡眠時間を確保してあげましょう。5歳児がとるべきと言われている睡眠時間は、10~13時間です。夜の間だけでは難しいので、昼寝の時間も活用しましょう。また、寝る前にテレビやスマートフォンを見ていると、睡眠の妨げになります。眠る30分前には切り上げましょう。

適度な運動

身長が伸びないと悩んでいる場合は、適度な運動を心がけて子どもの成長を促しましょう。5歳児はいろいろな身体の動かし方を覚えている時期です。走ったりジャンプをするほか、公園の遊具を使って道具の動かし方を学んだり、バランス感覚を養っておくといいでしょう。

(3歳の成長を促す遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

【動画】3歳児の成長を促すおすすめの遊び15選!外・室内・工作など

生活リズムを整える

生活のリズムが崩れている場合は、なるべく毎日同じ時間に同じことをできるようにサポートしてあげましょう。眠る時間や起きる時間を一定にし、食事の時間も決まった時間にしておきましょう。5歳児は、自分の意思で生活リズムを整えるのは難しいので、親の手助けが必要です。

5歳児の身長や体重の成長を見守ろう!

子どもの成長は親にとって楽しみなものですが、時には不安にもなりますよね。周囲に比べて、身長や体重が伸びないこともありますが、身長や体重はもとより個人差の大きいものです。成長するスピードも異なります。優しく見守りましょう。

関連する記事