離乳食に果物はいつからOK?量の目安や加熱の必要性、アレルギーなどの注意点も!

離乳食に果物はいつから大丈夫なのか、加熱の必要性をはじめ、量の目安、生でそのまま食べられるおすすめの果物などを解説します。食べさせる際の注意点や、〈初期〉〈中期〉〈後期〉別のレシピ、果物の離乳食を作る際に便利なグッズも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 離乳食に果物はいつから大丈夫?加熱は必要?
  2. 離乳食で果物を食べさせる量の目安は?
  3. 離乳食におすすめの生でそのまま食べられる果物は?
  4. 離乳食で果物を食べさせる際の注意点
  5. 離乳食の果物レシピを紹介!初期〜後期まで!
  6. 果物の離乳食は冷凍保存できる?
  7. 果物の離乳食を作る際に便利なグッズは?
  8. 果物の離乳食に関するママたちの体験談!
  9. 離乳食で赤ちゃんにフルーツをあげよう!

離乳食に果物はいつから大丈夫?加熱は必要?

離乳食に果物を与えるとき、いつから大丈夫なのか気になりますよね。果物は離乳食初期から取り入れられます。初期とはいっても、離乳食をはじめて1ヶ月後くらいからを目安することをおすすめします。

果物には酵素や糖分が多く含まれているので、まだ初期の段階では積極的に食べさせる食品ではありません。離乳食初期は食べられるものを増やすということを意識して、無理せず少量から与えるようにしましょう。また、初めて離乳食に果物をあげるときは、生のままではなく加熱することをおすすめします。

生の果物を食べることで、アレルギーを引き起こす心配があります(※1)。すりおろしリンゴの果汁や裏ごししたバナナなどを、鍋や電子レンジを使って温めるといいでしょう。果物は離乳食に少し慣れてから無理なく与えてみてくださいね。

(離乳食グッズのおすすめについては以下の記事も参考にしてみてください)

離乳食グッズのおすすめ25選!簡単に時短できる便利な調理器具などを紹介!

離乳食で果物を食べさせる量の目安は?

離乳食で果物を食べさせる量は離乳食の時期によって変わりますが、あまり多く与えるものではありません。果物はビタミンが摂れたり、甘くて食べやすいというメリットもありますが、糖分が多いので与えすぎには気をつけましょう。

食材のひとつとして果物を取り入れるのは初期から問題ありませんが、おやつとして果物を与えるのは離乳食完了期以降がいいでしょう。まずは食べ慣らす程度の量にして、食後や食べにくい食材に甘味を足してあげるくらいで十分です。

離乳食初期

離乳初期は小さじ1(5g)の量を目安に、加熱した果物を与えましょう。積極的に食べさせる時期ではないので無理する必要はありません。裏ごしして滑らかにすりつぶしたり、果汁を絞ってスプーンで飲ませてあげるのもおすすめです。アレルギーや糖分の摂り過ぎの心配もあります。離乳食に慣れた1ヵ月後以降を目安に、適度な量から始めましょう。

離乳食中期

離乳食中期は小さじ2(10g)の量を目安に、加熱した果物を与えましょう。離乳食中期も後半になれば、食べ慣れてきた果物は生で食べてもいいころです。

食べられる食材が増える時期ですが、のどに詰まらせてしまう心配もあるので、裏ごししてから与えましょう。離乳食中期でも初めて食べる果物はアレルギーの心配もあるので、加熱して小さじ1(5g)の量から与えましょう。

離乳食後期

離乳食中期は小さじ2(10g)の量を目安にして、慣れた果物は生でチャレンジしてみましょう。バナナやみかんなど、そのままでも食べやすい果物を選ぶことをおすすめします。離乳食後期でも、初めて食べる果物は加熱するようにしましょう。完了期に近づくにつれて、手づかみで食べやすい大きさの果物を与えるのもいいでしょう。

(離乳食後期11ヶ月のレシピは以下の記事も参考にしてみてください)

離乳食後期11ヶ月のレシピ25選!量・大きさは?カミカミ期の進め方を解説!

離乳食におすすめの生でそのまま食べられる果物は?

離乳食におすすめの生でそのまま食べられる果物は、バナナ、みかん、いちごなどがあります。離乳食後期になり、加熱した果物を食べられているようであれば生で与えてみましょう。

バナナ

バナナは1年中低価格で購入できるフルーツです。いつでもフレッシュな状態のものが手に入るので、離乳食に取り入れやすいです。完熟のバナナは柔らかいのでペーストにするのも楽ですし、赤ちゃんも噛みやすいのでおすすめです。

みかん

みかんは絞って果汁をあげたり、つかみやすい大きさにカットしてあげると食べやすいです。中には酸味の強いみかんもあるので、まずはママが甘さなどを確認してあげるのがおすすめです。

また、みかんは皮をむく手間があるので、離乳食後期になったら缶詰を利用してもいいですよね。缶詰のシロップは甘いので、洗い流してから与えるようにしましょう。

いちご

いちごは、裏ごしをしたりすりつぶしたりして食べやすくしてあげましょう。裏ごしするといちごの種が取れるのでおすすめです。いちごは他の果物とくらべて皮をむく作業がないのでママも準備が楽です。冷凍保存しやすいフルーツなので、離乳食のメニューに取り入れやすいですね。

りんご

りんごは、すりおろしてそのまま食べたり、食べやすい大きさにカットしてあげると食べやすいです。生のりんごはシャリっとした食感があるので、前歯の生える離乳食後期におすすめです。また、食べにくい野菜ペースと混ぜてあげると甘味がプラスされるので、食べやすくなるでしょう。

逆に避けるべき果物は?


南国で育ったパイナップルやマンゴーなどは、離乳食期に与えるのは避けましょう。パイナップルは繊維や酵素を多く含み、赤ちゃんの胃に負担をかけてしまいます。

また、マンゴーは甘くて食べやすそうですが、アレルギー反応が出ることがあります。うるし科の植物に分類され、ごくまれではありますが痒みや皮膚の腫れなどの症状を引き起こします。離乳食期には食べやすいフルーツを与えるようにし、南国系のフルーツは避けるようにしましょう。

離乳食で果物を食べさせる際の注意点

離乳食で果物を食べさせる際の注意点は、アレルギー症状に気を付けることです。離乳食初期や中期には、生ではなく加熱してから与えるようにしましょう。そうすることでアレルギー症状が出たとしても軽減されますし、消化もよくなります。また、加熱することで甘味が増すというメリットもあります。

まずは小さじ1の量から与えますが、1度目は大丈夫でも2回目、3回目にアレルギー反応が見られるというケースもあります。赤ちゃんが果物になれるまでは、加熱したり少ない量を与えるようにしましょう。また、甘くておいしいので赤ちゃんも「もっとちょうだい」とアピールしてくることもあります。

かわいいからもうひと口と与えすぎてしまうと、消化不良をおこし下痢になったり、糖分の摂取オーバーになってしまいます。食べすぎには気を付け、適切な量を与えるようにしましょう。

離乳食の果物レシピを紹介!初期〜後期まで!

離乳食の果物レシピを初期、中期、後期に分けて紹介します。いつからでも食べられる果物を使ったレシピなので、参考にしてみてくださいね。

初期から食べられるバナナがゆ

出典: https://cookpad.com/recipe/4384682

【材料】
おかゆ・大さじ1
バナナ・1/4本

【作り方】
①赤ちゃんの月齢に合った食べやすいおかゆを用意する
②バナナは1cm程度の角切りにカットする
③鍋に①と②を入れて加熱する。水分が足りなければ水を入れる
④バナナを潰しながら、トロトロになるまで混ぜ合わせる
⑤食べやすい程度のとろみが出るまで加熱したらできあがり

おかゆは冷凍しておいたものでも作れますよ。おかゆもバナナも冷凍保存しておいたものを使えば、簡単レシピの1品になりますね。いつからでも食べられる食材のみなので、離乳食初期にピッタリです。中期や後期にはバナナの形を残してあげてもいいでしょう。

中期におすすめバナナいちご豆乳プリン

出典: https://cookpad.com/recipe/3829678

【材料】(約5cmのココット4個分)
完熟のバナナ・1本
いちご・4個
卵黄・2個分
豆乳(粉ミルク)・120cc

【作り方】
①バナナは滑らかになるように、しっかりと潰しておく
②いちごは食べやすい大きさにカットしておく
③卵黄と豆乳をよくかき混ぜ合わせる
④③にフルーツを入れてよく混ぜ合わせる
⑤準備したココットに同じ量の④を流し込む
⑥フライパンにココットを並べ、ココットの半分の深さまで水をはる
⑦ココットの上に布巾をかけて蓋をする
⑧弱火で10分程度蒸して、火が通ったらできあがり


完熟バナナを使うことで、砂糖を入れずに甘いプリンができます。豆乳の代わりに粉ミルクを使うのもおすすめです。砂糖を使わないので、ダイエット中のママも一緒に食べられるデザートです。

後期におすすめみかん入り蒸しパン

出典: https://cookpad.com/recipe/4350913

【材料】(蒸しパン6つ)
みかん・1.5個
粉ミルク・70~80ml
薄力粉・135g
ベーキングパウダー・5g
砂糖・10~15g


【作り方】
①薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖をビニール袋に入れてよく混ぜておく
②粉ミルクに皮をむいたみかんを入れて、みかんをつぶす
③①と②をよく混ぜ合わせる
④カップに③の生地を同じ量になるように流し入れる
⑤フライパンに並べて、カップの半分くらいまで水を入れる
⑥弱火で13分程度蒸す
⑦竹串や爪楊枝で刺して、生地が張り付いてこなければできあがり

離乳食後期から使える、赤ちゃんに優しいホットケーキミックスを使うと、さらに簡単に蒸しパンが作れます。蒸しパンは冷凍保存もできるので、忙しい時の離乳食にピッタリです。こちらではみかんを紹介しましたが、バナナやホウレン草などにアレンジも可能です。つかみ食べもしやすいので、離乳食完了期になっても活躍してくれるレシピになるでしょう。

果物の離乳食は冷凍保存できる?

果物の離乳食は冷凍保存できます。冷凍保存しておけば、使いたいときにサッと料理に使えるので楽ですよね。果物は洗って、裏ごししたり食べやすいサイズにカットしてから冷凍保存しておくといいでしょう。この時、小さじ1に小分けをして冷凍保存しておくと、使う時に分量を量る必要がないので楽です。

加熱してから冷凍したほうがいいもの、生のまま冷凍したほうがいいものがあるので、果物に合わせた方法で冷凍しましょう。たとえば、りんごは皮をむいて5mm~1cmに小さく切って、加熱してから冷凍しましょう。使う時に再加熱することで、さらに柔らかくなり食べやすくなります。

バナナや苺などは、ペーストや細かくカットしたり1cmくらいに輪切りにして、生のまま冷凍しましょう。冷凍した果物は、ミキーサを使えば簡単にペースト状になるのでおすすめです。冷凍した果物は1週間以内に使い切るようにしましょう。

(100均で買える離乳食グッズについては以下の記事も参考にしてみてください)

100均で買える離乳食グッズ25選!ダイソー・セリアなど!製氷皿や保存容器など!

果物の離乳食を作る際に便利なグッズは?

果物の離乳食を作る際に便利なグッズは、すりおろし器と裏ごし器です。少ない量の食材でも使いやすいように、離乳食用の小さいサイズがおすすめです。すりおろし器は、りんごや梨などをすりおろす際に使用します。すりおろして食べることで、整腸作用の効果が期待できるので風邪の時にも便利です。

繊維や種が多いパイナップルや苺などの果物には、裏ごし器がおすすめです。余分な繊維や種がとれると、赤ちゃんにも消化しやすい状態になりますよ。すりおろし器と裏ごし器は、果物以外にも離乳食を作るときに使います。いつからでも使えるよう、離乳食を始めるときに準備しておくといいでしょう。

(100均すり鉢・ごますり器については以下の記事も参考にしてみてください)

100均すり鉢・ごますり器11選!ダイソー・セリアなど!離乳食作りにも!

果物の離乳食に関するママたちの体験談!

ママたちにとって、離乳食作りはとても大変なことです。毎日「こうかな?」「このほうがいいかな?」と悩みながら離乳食を進めている方が多いでしょう。そんな先輩ママたちの、果物の離乳食に関する体験談をくわしくみていきましょう。

先輩ママ

(30代前半)

いつからあげていいか迷いつつ最初にフルーツをあげたのは離乳食を始めて2ヶ月目です。リンゴをすりおろしスプーンで一口だけ。お気に召さなかったようで、すぐにベーッと出してしまいました。

翌日もすりおろしたりんごをあげるも食べず…バナナやみかんもベーッと出してしまったので、フルーツを与えるのは諦めました。

離乳食はいつもスムーズに進むということではなく、食べない食材があったり、昨日食べたのに今日は食べないという食材があったりします。思うように進まないときは、赤ちゃんのペースに合わせて無理なく進めることも大切ですよね。

先輩ママ

(40代前半)

離乳食後期に生の大きめのいちごのヘタだけをカットして、そのまま食べさせました。初めは酸っぱそうに嫌な顔をしていたのですが、二口、三口と食べてましたね。口の回りがいちごの汁だらけで痒くなるのが心配だったので、早めに口の周りを拭いてあげました。

大きめのいちごをあげたのがポイントです。小さめのいちごの場合はそのまま飲み込んでしまう可能性があります。離乳食後期なら、生のいちごでも問題ないでしょう。また、果物の汁が口の周りにつくと痒くなったりすることもあるので、早めに拭き取りましょう。

先輩ママ

(30代後半)

離乳食後期に缶詰のみかんを使いました。缶詰のフルーツは甘いシロップに漬けてあるので、みかんを水で洗ってから離乳食に使いました。皮をむく手間がなかったので、とっても楽でした。手間がかからないってすごくいいです(笑)

缶詰のみかんや桃などは、皮をむく手間が省けるので使い勝手がいいですよね。しかし、シロップ漬けになっているので、糖分を気にして水で洗ってから使うママが多いです。缶詰のフルーツはシロップたっぷりで高カロリーなので、与えすぎには気をつけましょう。

(赤ちゃんのお食事エプロンについては以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんのお食事エプロンおすすめ15選!選び方や、スタイ・長袖の人気商品を紹介

離乳食で赤ちゃんにフルーツをあげよう!

甘くておいしいフルーツを赤ちゃんにも味わってほしいですよね。そうはいっても果物は糖分を多く含んでいますから、与えすぎには注意が必要です。毎食の離乳食にフルーツを与える必要はないので、時々取り入れるようにしましょう。旬のものを取り入れるようにすると、赤ちゃんも季節感を味わえていいですよね。

また、フルーツはアレルギーを引き起こすこともあります。離乳食初期・中期には加熱したフルーツを、小さじ1の量から始めることをおすすめします。離乳食で赤ちゃんにおいしいフルーツをあげましょう。

関連する記事