赤ちゃんとの新幹線はいつから?料金は無料?座席予約など乗車のコツも!体験談あり

赤ちゃんとの新幹線はいつからOK?料金は無料?といった疑問をはじめ、座席予約など乗車する際のコツや、赤ちゃんとの新幹線の乗車に必須の持ち物を紹介しています。乗車中の授乳・離乳食など、赤ちゃんとの新幹線の乗車に関するQ&A集もあるのでチェックしてみましょう。

目次

  1. 赤ちゃんとの新幹線はいつからOK?
  2. 赤ちゃんの新幹線の料金は無料?
  3. 赤ちゃんと新幹線に乗車する際のコツ!座席予約など
  4. 赤ちゃんと新幹線に乗る際に必須の持ち物
  5. 赤ちゃんとの新幹線の乗車すに関するQ&A集!授乳・離乳食など
  6. 赤ちゃんとの新幹線を楽しもう

赤ちゃんとの新幹線はいつからOK?

新幹線は電車よりも早く移動でき座席も余裕があるので、遠くに移動する時には便利に使えますね。いつから赤ちゃんと一緒に新幹線に乗れるのかを知っておくと、新幹線で旅行に行く際にも役に立つでしょう。

(新生児との買い物や外出については以下の記事も参考にしてみてください)

新生児との買い物・外出はいつからOK?注意点や先輩ママのアドバイスを紹介

何歳から乗っても大丈夫

新幹線に乗車するのにいつから乗れるという制約はないので、生まれたばかりの赤ちゃんであっても新幹線に乗ることはできます。しかし、新生児期は赤ちゃんに負担がかかるので新幹線で移動をする場合は医師に確認した方が良いでしょう。

新生児期が過ぎれば少しずつ外出も可能になります。赤ちゃんを産んでから里帰りをする場合は赤ちゃんと一緒に新幹線が利用できるので、実家が遠くにある場合は利用してみてくださいね。

心配な場合は首がすわってから

小さい赤ちゃんを新幹線に乗せるのが心配な場合は、首がすわってから新幹線を利用すると良いでしょう。首がすわるということは運動機能がしっかり発達している証拠であり、首がすわる前よりも体力がついている状態です。そのため、無理のない程度に遠くに出かけることもできるようになるでしょう。

首がすわっていない状態で座席に乗せても不安定ですし、転落して怪我をしてしまうことも考えられます。首がすわっていれば赤ちゃんもママも、より安心して新幹線に乗ることができるでしょう。

(赤ちゃんの首すわりの時期については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんの首すわりの時期はいつから?練習の必要性や確認方法の動画も!

赤ちゃんの新幹線の料金は無料?

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時には、料金が発生するのかどうかも気になるポイントでしょう。自由席に乗る場合のほかに、指定席やグリーン車に乗る場合の料金はどのようになるのか、見ていきましょう。

(赤ちゃんとの電車移動については以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんとの電車移動はいつからOK?乗車マナーや泣いた時の対処法を紹介

新幹線の料金区分

JRの新幹線の乗車券の料金の区分けは以下のようになっています(※1)。ママやパパの膝に抱っこをして座る場合には、指定席やグリーン車でも未就学児は無料になります。しかし、指定席やグリーン車の座席を利用する場合の指定席特急券やグリーン券には料金がかかるので注意が必要ですね。

区分 年齢      料金
大人 12歳以上    大人料金
子供 6歳~11歳まで 大人の半額の料金
幼児 1歳~5歳まで  無料
乳児 1歳未満     無料

赤ちゃんは何人まで無料?

無料で乗れる赤ちゃん(幼児・乳児)の人数は決まっており、大人1人に対して赤ちゃん2人までは無料となっています。ママ1人と未就学児3人で新幹線に乗る場合は、無料で乗れる未就学児の子どもは2人までになり子どもは1人有料になるので注意してくださいね。未就学児が3人以上の場合は、もう1人大人が乗るようにすると良いですね。(※1)

指定席やグリーン車に乗る場合は?

指定席やグリーン車の座席を使う場合は新生児などの赤ちゃんであっても有料になりますが、親の膝の上に座ったり抱っこしたりする場合は指定席やグリーン車でも無料で乗ることができます。(※1)

赤ちゃんを指定席に座らせるために席をキープする場合は、子どもの乗車券と子どもの指定席特急券が必要です。

グリーン車の場合はグリーン車料金と、子ども料金がないため大人と同じ金額のグリーン料金を支払わなくてはなりません。そうすると未就学児の分もグリーン車の席をキープしたいなら大人のグリーン料金と子どもの乗車券、子どもの特急料金を支払う必要がありますので、覚えておくと良いでしょう。

赤ちゃんと新幹線に乗車する際のコツ!座席予約など

新生児期を過ぎた赤ちゃんとなら少しずつ外出ができるようになり、赤ちゃんがさらに大きくなって体力もつけば新幹線を使って遠くに外出することも可能になります。赤ちゃんと新幹線に乗る時には座席の予約やベビーカーを置く場所に注意するなど、周りに迷惑をかけずに乗るためのコツがあるので見ていきましょう。

事前に座席の予約をしておく

初ママ

20代

今まで新幹線の座席なんて混んでる時期でさえ予約したことなかったけど、赤ちゃんのために初めて座席の予約をとりました!ベビーカーと抱っこ紐も持って乗る予定です。無事にたどり着けるかいつも以上にドキドキ。

新幹線に赤ちゃんと一緒に乗車する時は、あらかじめ席の予約をしておくことをおすすめします。予約なしで乗れる自由席もありますが、混んでいて座席に座れない場合もあります。また、ママの体調が悪く座席が必要な時に、自由席が混んでいて座れないと困ってしまうでしょう。

座席に座れるかどうかを心配せずに新幹線に乗れるように、事前に席の予約をしておけば座席も荷物の置き場も確保できますね。

多目的室の近くに座る

1ヶ月のママ

30代

新生児期を過ぎた赤ちゃんとの新幹線移動では、多目的室にておむつ交換と4回の授乳をして無事に家に戻ることができました。まだ小さい赤ちゃんの体調を心配したけど、私も赤ちゃんも無事に移動できて安心してます。

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時は、多目的室の近くの席に座るようにすると良いでしょう。多目的室とは体の不自由な人や高齢者、具合が悪い人などが優先的に使える個室です。通常は鍵がかかってますが、利用したい場合は車掌に伝えて鍵を開けてもらうことで使うことができます。(※2)

新幹線に乗っている時に座席で授乳やおむつ交換は難しいので、そのような時には多目的室を使っておむつ交換や着替え、授乳を行いましょう。多目的室には大人1人が寝れる大きさの簡易ベッドがあるので、赤ちゃんをそこに寝かせておむつ交換ができます。

赤ちゃんと一緒に移動する時にはいつ何があるかわかりませんので、もしもの時に使える多目的室の側に座ったり席の予約をしたりすれば、少し安心して乗ることができるでしょう。

ベビーカーを置く場所

2児のママ

30代

赤ちゃんと一緒に新幹線に乗車するなら、あらかじめ1番後ろの席を予約してベビーカーを置くところをとっておくのがおすすめ!赤ちゃんと一緒の移動はただでさえ荷物が多くなるので、ベビーカーを置くスペースの確保は重要!

赤ちゃんをベビーカーに乗せて、駅の中を移動させるママも多いでしょう。しかし、新幹線の中にベビーカーをそのままの状態で置いておくと邪魔になってしまうので、コンパクトに畳んでおいておく必要があります。畳んだベビーカーを置く場所としておすすめなのが、車両の1番後ろの座席の後ろ側です。

そこには荷物を置く隙間があるので、そこに畳んだベビーカーを置いておけば邪魔にならずにすむでしょう。車両の1番後ろの荷物置き場が空いていない場合は、ベビーカーを置く場所について新幹線の乗務員に相談すると良いですね。

また、車両の1番前の席にも荷物置き場があるので、1番前の席に座る場合はそのスペースに荷物やベビーカーを置けるので便利です。

赤ちゃんと新幹線に乗る際に必須の持ち物

赤ちゃんと新幹線に乗る際にはいろいろな荷物が必要になりますが、ここからは必須の持ち物を紹介しますので、準備をする時に参考にしてみましょう。

・着替え(多めに準備)
・おむつ
・おしりふき
・使用済みおむつを入れるビニール袋
・汚れた着替えを入れる大きめのビニール袋
・ミルクや哺乳瓶
・ミルク用のお湯と湯冷まし
・赤ちゃん用のおやつ
・赤ちゃん用のお茶やジュース(耳抜きをする際にもあると便利)
・おしゃぶり(使う赤ちゃんのみ、耳抜きもできるのであると便利)
・抱っこ紐
・ベビーカー
・おもちゃや絵本
・離乳食
・タオル(いろいろなサイズの物を多めに)
・授乳ケープ(座席で授乳する際に必要)
・おくるみやストール(温度調節にあると便利)

赤ちゃんとの新幹線の乗車すに関するQ&A集!授乳・離乳食など

赤ちゃんと新幹線に乗るのが初めての場合は、いろいろな疑問や不安が出てくるでしょう。ここからは新幹線に赤ちゃんと乗車する時のQ&Aを紹介しているので、授乳や離乳食、赤ちゃんの耳抜きについて不安があるママは見ておくと良いですね。

授乳をする時はどうするの?

新幹線には多目的室があるので、そこを使って授乳することができます(※2)。しかし多目的室は体の不自由な人が優先的に利用できるのでいつでも使えるわけではなく、使いたい時に空いていない可能性もあります。

そのような場合は荷物に授乳ケープを入れておけば、万が一の時でも座席で母乳を飲ませることができるでしょう。

離乳食は食べさせてもいいの?

新幹線内で赤ちゃんに離乳食を食べさせても大丈夫です。赤ちゃんがお腹がすいて不機嫌にならないためにも、離乳食やお菓子を持参して食べさせてあげましょう。しかし、離乳食やお菓子をこぼしたままにしておくのはマナーに反します。

こぼしてしまった場合は座席や周りを片付けてから、新幹線を降りるようにしましょう。

(離乳食の持ち運びについては以下の記事も参考にしてみてください)

離乳食は持ち運びできる?外出時の季節別の注意点やおすすめの容器15選も!

赤ちゃんの耳抜きってどうするの?

新幹線では気圧の変化により、大人でもキーンと耳鳴りのような状態になることがあります。そのような時には耳抜きをすることで改善できますが、耳抜きが自分でできない赤ちゃんの場合はミルクや母乳を飲ませたり水分を飲ませたりすることで治ります。

ほかにも、おしゃぶりを吸うことで耳抜きをすることが可能です。赤ちゃんが水分を摂ったりおしゃぶりを嫌がり耳抜きができなくても、自然と改善されるのであまり心配しないようにしましょう。

赤ちゃんとの新幹線を楽しもう

新生児期を過ぎたらいろいろなところへ外出することができ、さらに成長すれば一緒に新幹線に乗って遠くに出かけることもできます。ほかの乗客がいる中で、赤ちゃんと一緒に新幹線に乗るのは不安があるかもしれませんが、注意点に気をつければ安心して乗ることができるでしょう。赤ちゃんとの新幹線での外出を楽しんでくださいね。

関連する記事