4歳児の服のサイズの目安は?男女別の選び方や、身体の成長を体験談をもとに紹介

4歳児の服は、どのようにサイズを選んだら良いか迷ってしまいますよね。子どもの服を選ぶときは、選び方のポイントを知っておくと安心です。この記事では、4歳児の服のサイズの目安や、選ぶときのポイントを紹介します。また、男女別・アイテム別の選び方もあわせて紹介します!

目次

  1. 4歳児の服のサイズの目安は?
  2. 4歳児の服のサイズを選ぶ時のポイント
  3. 4歳児の男女別の服のサイズの選び方
  4. 4歳児のアイテム別の服のサイズの選び方
  5. 4歳児の服のサイズは身長や体型に合わせよう

4歳児の服のサイズの目安は?

子どもはどんどん身長が伸びていくので、一体どのくらいのサイズの服を用意しておけば良いのか迷ってしまいますよね。また、子どもによって成長の度合いも違うので、同い年でもまったくサイズが異なる服を着ている場合もあるでしょう。

また、あまりぴったりのサイズの服を買っても、すぐに身長が伸びて丈が短くなり着れなくなってしまうこともあります。そういった点でも、4歳児の子ども服はサイズ選びが非常に難しいのです。4歳児の子ども服を選ぶ上では、いくつかのポイントを知っておくと選びやすくなります。

(4歳児の身長・体重の平均については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児の身長・体重の平均は?発達の特徴や目安、順調に成長させるポイントも!

4歳児の服のサイズを選ぶ時のポイント

4歳の子どもは、それぞれ成長の度合いが異なります。身長が90cmくらいの子もいれば、身長110cmを超えている子もいるでしょう(※1)。また、ふっくらした子もいればほっそりしている子もいます。そのため、4歳児だからといって一概に同じサイズの服を着られるわけではありません。

そんな4歳児の子どもの服のサイズを選ぶ上では、押さえておくべきポイントがあります。子どもの体型に合うサイズの服を選ぶことで、子ども自身も快適に過ごすことができるでしょう。

(4歳で反抗期については以下の記事も参考にしてみてください)

4歳で反抗期が再発!?2歳の時との違いは?原因と対処法!体験談あり

身長

OL

30代

基本的には、子どもの身長を目安にして服のサイズは選んでいます。うちの子は今身長102cmですが、100サイズが体型的にもパンツの丈も、ちょうどいい感じですね。105cmを超えたら、110サイズを試してみようかなと思っています。

ほとんどの子ども服にはサイズ表記がなされています。サイズは身長を目安として90・100・110といった表記がなされているのが一般的です。そのため、服のサイズを選ぶ時には子どもの身長を把握しておくと選びやすいでしょう。幼稚園などでも月に1回身体測定を行っている場合が多いので、その結果を目安にするのもおすすめです。

(4歳児に最適な遊びについては以下の記事も参考にしてみてください)

4歳児に最適な遊びは?室内・室外別の発達にいい遊びや、注意点を紹介!

動きやすさ

教育関係

30代

一時期大きめのサイズの服をあえて選んで着せていました。でも、うちの子は外遊びが大好きで、大きめの服はちょっと動きづらそうな感じがしました。なので、最近はぴったりサイズを選んでいます。その方が、パンツもぴったりで動きやすそうです。

4歳の子供の服を選ぶ時には、動きやすいかどうかをチェックしておくことも大事です。4歳の子供は運動能力も上がり、体力も有り余っている時期なので、よく動いて遊ぶことも多いでしょう。そのため、丈が長すぎる服などは動きにくい可能性があります。

長く着れるように大きめの服を選びたい場合もあるかもしれませんが、丈や袖が長すぎると、引っかかるなどして怪我の原因になる可能性もあるでしょう。

(4歳の女の子向けの誕生日プレゼントについては以下の記事も参考にしてみてください)

4歳の女の子向けの誕生日プレゼント30選!価格別に喜ばれる人気商品を紹介!

可能なら試着を

パート社員

40代

普段90サイズを着ているので、海外メーカーの洋服を選ぶときも同じ90サイズを購入したところ、やや細身できつそうに感じました。次回同じメーカーで買うときは、ワンサイズアップした方が良さそうですね。試着させてみればよかったです。

公務員

30代

いつもは買わないメーカーの子ども服を買ってみたところ、いつものサイズだと体型的にぶかぶかでした。同じサイズでも若干大きめなのかもしれません。次回は、いつもより一つ小さめのサイズを試着してから購入しようかと思っています。

子ども服のサイズ表記は、ほとんどが身長を目安とした表記になっています。しかし、メーカーによってサイズが微妙に異なる場合も多いでしょう。体型によっては、同じサイズでも細すぎたりあるいはぶかぶかになってしまう場合もあります。また、パンツの丈もメーカーによっては長すぎたり短すぎたりといったことがあるかもしれません。

いつも買っているメーカーの服であれば、そこまで大きな違いはないでしょう。しかし、普段買わないメーカーの服を買う場合には、試着をしてから購入するのがおすすめです。そうすることで、体型にぴったり合う服を購入することができます。

関連する記事