高温期14日目の症状は?体温が下がる?陰性でも妊娠してるかも?体験談も!

高温期14日目は生理予定日にあたり、早期妊娠検査薬が使用できます。もし検査薬で陰性の場合は妊娠していないのでしょうか?また、体温が下がる場合は生理がきてしまうのでしょうか?高温期14日目に体温が下がる場合と検査薬で陰性時の妊娠の可能性についてご説明します。

目次

  1. 高温期14日目とは?
  2. 高温期14日目に体温が下がるのはなぜか
  3. 高温期14日目に体温が下がった人の体験談
  4. 高温期14日目で妊娠検査薬が陰性の場合
  5. 高温期14日目で陰性だった人の体験談
  6. 体温が下がっても陰性が出ても冷静に

高温期14日目とは?

排卵してから次の生理がくるまでの期間は14日とされています。これは、生理周期に限らずどの人にでも当てはまる事です。排卵日の次の日からが高温期の始まりとすると、高温期14日目は生理予定日となります。ですので、高温期14日目に、まだ生理が起きていないようであれば妊娠が期待できます。

ここからは高温期14日目の体の状態や、感じられるかもしれない妊娠症状についてご紹介します。必ずしも誰もが当てはまる事ではないので、あくまでも参考程度にご覧ください。

高温期14日目の体の状態

妊娠していなければ体温が下がって低温期に入り、生理出血がみられます。しかし、妊娠していれば高温期のまま高い体温を維持し生理はきません。この時期の子宮の中は、受精卵が着床が完了して子宮内膜に潜り込んでいる状態です。着床後に妊娠ホルモンが分泌され始め、そのホルモンの影響で人によっては妊娠症状を感じられる事もあります。

高温期14日目に感じられる妊娠症状

では高温期14日目でどのような妊娠症状を感じられるかと言いますと、個人差はありますが、大体は下記に挙げるような症状がみられます。

●胸の張りや痛み
●軽い吐き気や胃のむかつき
●味覚や嗅覚の変化
●体のほてり、多汗
●夜間に目が覚める
●頻尿
●下腹部や足の付け根の痛み

体に痛みを感じたり、発汗や頻尿、味覚の変化などさまざまあります。よくテレビドラマなどで、吐き気を催した際に妊娠が判明!なんてシーンを見かけますが、高温期14日目ではそこまで酷いものではなくて「なんだか気持ち悪いなあ」程度の軽い症状である場合が多いです。

妊娠症状かどうか気になる点があるという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

妊娠超初期症状のチェック項目30!あなたの妊娠の可能性は!? | AKANBO[あかんぼ]
妊娠初期の症状はない場合も?原因は?あった人・なかった人の体験談多数! | AKANBO[あかんぼ]

高温期14日目に体温が下がるのはなぜか

基礎体温を測っている方であれば高温期14日目の体温は、妊娠しているかの指標となるとても重要なものであると思います。高温期のままであれば妊娠の可能性は継続しますが、体温が下がった場合はどうなるのでしょうか?なぜ体温が下がるのか、生理以外の原因で下がる事はあるのかについて下記でご説明します。

高温期14日目で体温が下がる場合は

高温期14日目で体温が下がる要素として第一に「生理がきた」という事態があげられます。一般的には排卵から2週間後が次の生理がくる平均日数ですので、高温期14日目の体温の降下は受精卵が着床せずに生理がきたと考えるのが無難です。

体温が下がるのは体調不良のせい?

関連する記事