【赤ちゃんの夜泣き】原因・対策を理解し、育児ストレス軽減しよう!

【医師監修】赤ちゃんの夜泣きは、多くの人が新生児期から経験する育児ストレスの一つですね。いつからいつまで夜泣きが続くのか赤ちゃんによって違い、新生児期から夜泣きが多い赤ちゃんもいます。赤ちゃんの夜泣きはいつから始まるのか、原因と対策について解説します。

専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 赤ちゃんの夜泣きがつらい!このストレスどうしたらいい?
  2. 夜泣きとは?いつから始まり、いつまで続く?
  3. 新生児が夜に泣くのは「夜泣き」ではない?
  4. 新生児のひどい夜泣きが止まる方法
  5. 赤ちゃんの夜泣きの原因と対策
  6. 赤ちゃんの日中の過ごし方
  7. 赤ちゃんに刺激を与えない
  8. 病気のサインを見落とさない
  9. ママがリラックスすることも大切!

ひどい「夜泣き」は急にはおさまらないことが多いです。「いつまで続くの?」と焦らないようにリラックスしましょう。ママの健康が一番です。考え過ぎて無理しないように気を付けて下さい。ママが夜中に起きることに慣れてしまうことも有効な対策だったりします。

育児は協力が必要です

ママが疲れ切ってしまったり、イライラして育児が嫌になってしまっては、ここで挙げたような対策もとれません。敏感な赤ちゃんは落ち着かない空気を察してしまい「夜泣き」の原因になってしまうこともあります。

ママの疲れがひどい時はパートナーや赤ちゃんの祖父母などに赤ちゃんを任せて、ママは思い切って寝てしまいましょう。赤ちゃんが大きくなるにつれ、一人では対処できないことがたくさん出てきます。頼る人を増やしておくことは自分のため、赤ちゃんのためにとても重要なことです。

関連する記事