赤ちゃん・新生児の笑顔の発達はいつから?笑う理由って何?

【医師監修】日頃の育児疲れも、我が子が笑う姿で吹き飛びますよね。ところで、赤ちゃんの笑いや微笑がいつから始まったか覚えていますか? 実は新生児期から始まっているのです。新生児や赤ちゃんが笑うのはいつからか、微笑に隠された驚くべき生態など、詳しくご紹介します。

専門家監修 |小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 新生児と赤ちゃんの笑うという行動について
  2. 心理学から見る新生児と赤ちゃんが笑う理由
  3. どうしたら赤ちゃんの笑う姿が見られるの?
  4. 医学的に見た新生児が笑う理由
  5. 赤ちゃんの社会的微笑
  6. 赤ちゃんの微笑はいつから?
  7. 赤ちゃんの笑いの発達はいつから?
  8. 我が子のオリジナルの笑顔を伸ばそう!

また、視力や聴力が発達してくる時期でもあるのだそうです。したがって、周囲の人の笑顔や声が刺激となり、それを真似しようとします。これは赤ちゃんが自分をあやす人を見て、口を尖らせたり、ベロを出したりする「新生児模倣」のひとつです。

赤ちゃんの社会的微笑【社会性の表れ】

社会的微笑は赤ちゃんに社会性が芽生えはじめた証拠です。心理学では「人間は社会的動物である」と言われるほど、社会性というものが生きる上で不可欠になります。つまりこの社会的微笑は、赤ちゃんにとっては社会の中で生きていくための最初の学習になるわけです。

赤ちゃんの社会的微笑【社会的微笑の段階】

社会的微笑には2つのステップがあります。1つ目は、周囲の人の顔を認識できるようになってきた時期に、誰の顔を見ても微笑を浮かべる「無差別的社会的微笑」です。2つ目は、その後に起こる見慣れた人にだけ笑いかける「差別的社会的微笑」です。これが発達し、愛着行動のひとつである人見知りが始まります。

赤ちゃんに愛情をきちんと持って接する行動が少ないと、差別的社会的微笑が少なかったり、全く無かったりします。赤ちゃんを主に見る養育者がころころ代わるのもよくありません。これは後のその子の発達状態を大きく左右するので、赤ちゃんにきちんと愛情が伝わるようにしてあげましょう。

赤ちゃんの社会的微笑【社会的微笑を見るためのコツ】

社会的微笑は、赤ちゃんが周囲にいる人の笑顔や声をしっかり認識できることがカギとなります。まだ視力が悪い赤ちゃんは、あまり遠い距離ではママの顔を見ることができません。そして、赤ちゃんは人の正面の顔がいちばんよく認識できます。しっかり赤ちゃんに近づき、正面からの笑顔を見せてあげることが重要です。

赤ちゃんの微笑はいつから?

待望のかわいい赤ちゃんの笑う姿を見られるのはいつからなのでしょう。赤ちゃんの笑顔が見られる時期は、新生児微笑と社会的微笑でそれぞれ異なります。自分の子供が今どうして笑っているのかを知るための参考にしてみてください。

新生児微笑はいつから?

新生児微笑は、その呼び名の通り新生児期から見られます。母子健康法という法律によれば、新政治とは生まれた日から生後28日までの赤ちゃんのことです。新生児微笑も生後0日、つまり生まれたその日から見ることができます。そして新生児微笑は生後2か月頃まで続き、社会的微笑へと変化していくのです。

社会的微笑はいつから?

関連する記事