新生児の目は小さい?大きさは変化する?腫れぼったい時どうする?

【医師監修】新生児のうちは何だか目が腫れぼったくて小さいし、変な動きをしたり目のゴミや充血も気になったりしますよね。我が子の大事な目のためにママやパパの心配は尽きません。そこで今回は新生児の目が小さい原因や変化、注意点、対策についてご紹介します。




専門家監修 | 小児科医 マキ先生
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、...
国立大学医学部卒業。11年目の小児科医。現在は子供を3人育てながらフルタイム勤務医をしています。日々、頑張るママたちや子供たちの心に寄り添える診療を心がけています。 本職の都合上、顔出しできませんが、少しでも多くの方に正しい知識を啓蒙していきたいと考えています。

目次

  1. 新生児の目は小さい?
  2. 新生児の目の大きさは変化する?
  3. 新生児の目が開かない時はどうする?
  4. 新生児の目はいつからちゃんと見えるの?
  5. 新生児の目の動きが変!これって病気?
  6. 新生児の目の充血やゴミの対処方法をチェック
  7. 新生児の目の小さいことはあまり気にせずに

新生児の目は小さい?

産まれたばかりの新生児に対しては、心配なことが尽きないですよね。特に、自分の赤ちゃんについては目の大きさが気になるところ。新生児は小さく見えたり、腫れぼったく見えたりします。しかし、新生児の目が小さかったり腫れぼったかったりするのは普通のことなのです。この記事では、その理由と、他のママたちの新生児の目に関する体験談をご紹介します。

新生児の目が小さい、腫れぼったいのはなぜ?

新生児の目は、むくみと脂肪のため腫れぼったい目になっていることが多々あります。初めて見た人はびっくりしてしまうこともあるでしょう。新生児の目が腫れぼったいのは、経腟分娩の場合、赤ちゃんが時間をかけて産道を通って産まれてくるためです。これは一時的なものなので安心してください。

また、生まれた時のむくみは2、3日で解消しますが、母乳やミルクを飲むことによって顔に脂肪がついていき、また腫れぼったくなっていくでしょう。

マキ先生

小児科医

新生児期〜幼児期は、お顔の雰囲気も日々変わります。初めはパンパンの一重でも、ぱっちり二重になることもありますし、逆も然りです。毎日の変化を楽しんでいけるといいですね。

新生児の目が小さい、腫れぼったいと悩んでいるママの口コミ

新生児の目が小さい、細い、一重だと「大きくなった時に自分の目にコンプレックスを抱えてしまうのではないか」と、将来が心配になってしまいますよね。産後の不安定な気持ちの中で「何かした方がいいのだろうか、病気なのではないか」とナーバスにもなってしまうこともあります。

新生児時代は色んな事に夢中でも、後から写真を見返して目が腫れぼったい状態だった、という体験談も。このように、新生児の目が小さい、腫れぼったいと発言している人をたくさん見つけることができました。

(新生児の目に関する情報については、以下の記事も参考にしてみてください)

赤ちゃんが寄り目になる・白目をむく原因は?斜視の種類では注意が必要!
赤ちゃんの目はいつから見えるの?視力はどれくらいあるの?

新生児の目の大きさは変化する?

自分が産んだ大事な赤ちゃん。できればクリッとしたパッチリの二重であってほしいと思いますよね。そんな、気になる新生児の目の大きさが変化するのかどうかを、ここからご説明いたします。

新生児の時に目が腫れぼったくて小さい目でも、大きさは変わるの?

新生児の目は、成長と共にどんどん変わっていくものです。まず生後2ヶ月から5ヶ月で腫れぼったい状態は取れます。体を自分で動かせるようになる1歳頃には、顔まわりの脂肪が取れ始めるので、目元がさらにすっきりしていきますよ。

新生児の目が小さい、左右の目の大きさが気になってしまう…そんなパパ・ママへ

関連する記事