生理前に胸が痛い・張る…!原因と対処法は?病気の可能性も?

【医師監修】生理前の胸が痛い症状や張り、原因が分からないと不安ですね。また、辛い症状は緩和したり予防したいものです。生理前の胸が痛い症状や張りには様々な原因があります。また、原因によって対処法も様々です。適切に対策することにより、予防ができるので参考にして下さい。

専門家監修 | 産婦人科医 リエ先生
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。
産婦人科専門医.。国立大学医学科卒業後、初期研修、後期研修を経て、現在大学病院で勤務しています。患者様の不安を少しでも取り除き、正しい知識を啓蒙できればとと思います。

目次

  1. 生理前に胸が痛い・張るのはなぜ?
  2. 生理前に胸が痛い・張る原因って?
  3. 生理前症候群(PMS)には胸が痛い症状があるの?
  4. 生理前に胸が痛い場合は妊娠の可能性も
  5. 40・50代で生理前に胸が痛いのは更年期障害?
  6. 生理前に胸が痛い・張るときの対処法は?
  7. 生理前の胸が痛い症状を予防するには?
  8. 生理前に胸が痛いときは病気のサインである可能性も
  9. 生理前の胸が痛い・張る症状は適切に対処しよう

生理前に胸が痛い・張るのはなぜ?

生理前は身体面や精神面においてさまざまな変化がありますが、中でも「生理前になると胸が痛んだり張ったりする」という女性が多くみられます。生理前の胸が痛い・張るといった症状は、一体どのような原因によるものなのでしょうか?今回は、生理前に胸が痛む・張る原因や対処法などについてご説明していきます。

生理前に胸が痛い・張る原因って?

生理前に胸が痛む・張る原因はひとつではありません。具体的に挙げられるのは生理前症候群(PMS)や妊娠初期症状などです。痛みや張りの症状も「片方の胸だけが痛む」「両胸が張って苦しい」など個人差があります。ただ、生理前の期間以外にも症状がみられる場合は乳腺や心臓、肺の病気が原因の可能性もあるので注意しましょう。

生理前症候群(PMS)には胸が痛い症状があるの?

生理前に胸が痛む・張るといった症状がみられる場合、その原因としてまず考えられるのが生理前症候群(PMS)です。PMSは妊娠が可能な年齢の女性のうち、約2割から5割が経験していると言われています(※1)。ここでは、そんなPMSの症状や期間などについてご説明します。「これってPMSなの?」という症状に悩んでいる方はぜひご覧ください。

生理前症候群(PMS)とは?

生理前症候群(PMS)は、生理前に女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が変動することによって引き起こされます。症状には個人差がありますが、身体面や精神面に不調をきたす女性が多く見られます(※1)。では、PMSの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

生理前症候群(PMS)の症状は?

エストロゲンとプロゲステロンの分泌量の変動は、別の働きをするホルモンにも影響を及ぼします。体内の水分量を調節するホルモンへの影響で生じるのが、乳房に水分が溜まることによる胸の痛みや張りといった症状です(※1)。また、胸の痛みや張りは片方の胸にのみ生じるケースもあり、利き腕側の片方の胸だけに痛みや張りがみられる方もいます。

PMSによる身体面の不調には他にも頭痛や吐き気、肌荒れやめまいなども挙げられます。さらに、気分の調整に関係するホルモンに影響が及ぶと精神的に不安定になることもあります。生理前に「わけもなくイライラする」「突然涙もろくなる」という場合には、PMSによるものである可能性が高いでしょう。

生理前症候群(PMS)の症状はいつからいつまで?

PMSは基本的には生理開始の約10日前から症状がみられ、生理が始まれば治まります(※1)。ただ、PMSが生じる期間には個人差があり、重い場合には生理開始日の約2週間前から生理後4日くらいまで続くこともあります。PMSの期間が14日以上続いてつらい場合は、病院を受診してみましょう。

リエ先生

産婦人科医

胸が張る原因として最も多いのは女性ホルモン(プロゲステロン)の影響によるものです。プロゲステロンは生理前の約2週間や、妊娠時に多く分泌されるため、これらの時期には胸が張る自覚がある人が多くなります。自然に治まる場合には気にする必要はありません。

生理前に胸が痛い場合は妊娠の可能性も

妊娠を希望している場合、生理前の胸の痛みは妊娠初期の症状である可能性もあります。妊娠初期には乳腺の発達が促されるため、胸の痛みや張りが生じるケースも少なくありません。この症状は両方の胸でみられることもありますが、片方でのみ症状を感じる方もいます。

こういった妊娠初期症状は生理前のPMSによるものと似ているため「PMSだと思っていたら妊娠していた」という女性も多くみられます。生理予定日を過ぎても生理が来ず、胸の痛みが続く場合は妊娠している可能性が高いと言えるでしょう。妊娠検査薬を使用するなどして確認してみることをおすすめします。

(妊娠初期症状については以下の記事も参考にしてみてください)

関連する記事