生理前・生理中の腰痛の原因と対処法!予防も大切!PMSや妊娠かも?

【医師監修】生理が近づくと現れる「腰痛」に悩まされている女性は少なくありません。また、妊娠初期にも同じく腰痛が現れる場合もあり、妊娠を望む女性にとってはさらに頭を悩ませる症状となることもあります。生理前の腰痛との見分け方は?生理前・生理中の腰痛の予防法・対処法は?

専門家監修 | 内科医 増田 陽子
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、...
内科医 、救急医。平成22年St. Methew School of Medicine大学医学部卒業 、Larkin Hospital、J.N.F Hospitalにて勤務。日本医師資格に加え、米国医師資格、カリブ海医師資格も保有しております。 日本だけでなく、アメリカでの経験を踏まえた情報を発信して参ります。 よろしくお願いいたします。

目次

  1. 生理前・生理中の腰痛!その原因は?
  2. 生理前・生理中に腰痛になってしまった時の対処法は?
  3. 生理前・生理中の腰痛を予防しよう
  4. 生理前の腰痛はPMSの一つ?
  5. 妊娠初期にも腰痛?生理前の腰痛との違いは?
  6. 生理前・生理中の腰痛と上手に付き合おう

生理前・生理中の腰痛!その原因は?

生理は女性にとって、大切な役割を担うものです。しかし、生理前や生理が始まると体のあちこちで不調が出る方や、不快な症状を感じる方も少なくありません。なかには生理のたびにひどい激痛に悩まされる方も多くいます。腰痛もその症状の代表的なものの一つです。ひどい腰痛が生理のたびにあり、苦しんでいる女性は意外に多いでしょう。

では、なぜ生理前や生理中に腰痛になるのでしょうか。その対処法や、予防法はあるのでしょうか。こちらの記事では、生理前・生理中の腰痛について解説します。そして、妊娠前の症状でもある腰痛との違いについても紹介していきます。

原因の一つはホルモンバランスの変化

生理前に起こるさまざまな変化には、みなさんも経験があるでしょう。その変化の一つに、ホルモンバランスの変化があげられます。代表的なものに、プロスタグランジンというホルモンがありますが、プロスタグランジンは子宮の運動を促し、生理の血液を押し出すという役割をもっているのです。一方で、体に痛みを起こす作用もあります。(※1)

プロスタグランジンがたくさん作られると、ホルモンバランスの乱れが起こり、それによって子宮の運動が盛んになって、よりひどい痛みが体に現れてしまうといわれています。

冷えは生理痛を悪化させる要因に

冷えも、女性の体にとって不調を引き起こす原因となります。体が冷えると、血管が収縮して全身の血液の巡りが悪くなるので、先ほど記載したプロスタグランジンも、循環が悪くなることが多いです。その結果、血流の流れが悪くなり骨盤内に血流が留まりやすくなってしまい、腰痛や腹痛を引き起こしてしまいます。

ストレスも腰痛を悪化させる原因に

また、一見関係ないと思われがちですが、ストレスで生理痛が悪化することがあります。体や心がストレスを受けると、体のさまざまな調節機能をつかさどる自律神経が乱れます。自律神経が乱れ、血行が悪くなったりホルモンバランスが崩れたりすることで、痛みがひどい激痛に変わる可能性も考えられますね。

大きなストレスは、男女関係なく心身へダメージを与えるものですが、女性に関しては生理痛による激痛においても、大きな影響を与えることがわかりますね。

(ストレスやホルモンバランスの乱れについては以下の記事も参考にしてみてください)

不正出血はストレスが原因?ホルモンバランスの乱れが影響している?

生理前・生理中に腰痛になってしまった時の対処法は?

腰痛は、座っていても立っていてもつらいものです。それが、激痛であればなおさらですよね。もし、生理前・生理中に腰痛になってしまったらどうでしょうか?日頃からできることや、痛みが出てからできることまで、その対処法について知っておきましょう。

温める

先ほど、生理前・生理中の腰痛を悪化させる原因として、冷えをあげました。体を温めると、血行が良くなり体内の臓器が温められ、腰痛が改善されることが多いです。

夏だからといって、冷たい飲み物を一気飲みというのも内臓を急激に冷やしてしまうことになります。すると、全身の血行を悪くする原因となってしまい、生理中の痛みも強まりやすいです。体の冷やし過ぎは、激痛を引き起こすこともあります。温かいもの、もしくは常温のものを摂取するように心がけましょう。また、お風呂にゆっくり浸かることも効果的です。

気温が寒くなる時期は、衣服で温めるのはもちろん、子宮を温めるために腹巻きなどで下腹部を温めることもオススメです。最近はルームウェアもたくさんあるので、おしゃれも楽しみながら生理中の体を労わりましょう。また、食事で体を温めるのも良いでしょう。

生姜、唐辛子などがありますが、冬の野菜や根菜なども体を温める効果があるので、積極的に摂ると体に良い結果をもたらします。また、体を温めることは妊娠の可能性を高めるうえでも、非常に大切なことです。体を冷やさないことを心がけ、赤ちゃんのできやすい環境を整えてあげましょう。

関連する記事