あなたの生理の量は普通?平均や正常量はどれくらい?症状別の対処法は?

【医師監修】人によって年齢や生活習慣が違うため、生理の出血量には個人差があります。しかし、出血量が多い場合・少ない場合は、病気の可能性も考えらます。今回は生理の出血の正常量、出血量が多い場合・少ない場合に考えられる原因、対処法をご説明します。

専門家監修 |内科医 増田陽子
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。...
平成22年「St. Methew School of Medicine」大学医学部を卒業し、日本・米国・カリブ海の医師資格を持っています。2018年4月までカリブ海の病院にて診療に当たっていましたが、現在は子育てに専念するためNYにて主婦をしています。自分が子供を産んだ経験も踏まえたアドバイスを心がけています。

目次

  1. 自分の生理の出血量は普通?
  2. 生理の出血量の平均・正常量は?
  3. 生理の出血量が多い場合
  4. 生理の出血量が多いときの対処法
  5. 生理の出血量が少ない場合
  6. 生理の出血が少ないときの対処法
  7. いつものことだと思わない!

「生理の出血量は毎回のことだから」と気にしない人もいるでしょう。当たり前のことですが子宮は目で見ることができず、病気や異変に気付きにくいです。子宮の病気や異変に気づくきっかけは生理の出血量や他に現れる症状だけ。早めに対処して病気や症状の悪化を防ぎましょう。今回ご説明したような症状が当てはまる場合は、医療機関の受診をオススメします。

また、生理の出血量はホルモンバランスの乱れが原因で起こる場合もあります。ホルモンバランスの乱れは、月経前症候群の症状悪化や生理周期の乱れの原因になることも。生活習慣を改善することも、生理の出血量を正常にする対処法のひとつといえます。

関連する記事